ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.11570   (2012.9.28)

サントリーブランドの緑茶「みらい」
インドネシアで販売開始
―  インドネシアで初めてサントリーブランドを展開  ―

サントリーブランドの緑茶「みらい」インドネシアで販売開始

高解像度画像


 サントリー食品インターナショナル(株)は、東南アジアにおける新たな取り組みとして、タイで展開しているサントリーブランドの緑茶「みらい」を、グループ会社のPT SUNTORY GARUDA BEVERAGE(社長:ハルトノ アトマジャ 本社:インドネシア・ジャカルタ、以下サントリーガルーダ社)を通じて、インドネシア全域で9月下旬から展開していきます。

 当社は、2011年7月からサントリーブランドの緑茶「みらい」を、Tipco F&B Co., Ltd.(本社:タイ 社長:エカポン ポンサタポーン、出資比率:サントリー食品インターナショナル(株)50%)を通じてタイで発売しています。

 今回は、健康志向の高まるインドネシアにおいて、伸長を続ける緑茶飲料市場に向け、インドネシア初のサントリーブランドとして発売するものです。中味は、緑茶「みらい」をインドネシアのお客様の嗜好に合わせた独自の味わいに改良し、爽やかな甘みがありながらも緑茶本来の味わいを活かした「オリジナル」のほか、はちみつの甘い香りが特長の「ハニー」、桜の華やかな香りが特長の「サクラ」の3種類をご用意しました。(330ml・500mlペットボトル)

 今後、インドネシアにおけるサントリーブランドの積極的な展開を図るとともに、日本・アジア・欧州・オセアニアのグループ会社間のシナジーを最大限図ることで、サントリーグループ全体でグローバル戦略をいっそう加速させていきます。

サントリーガルーダ社 概要

   ▼会社名 PT SUNTORY GARUDA BEVERAGE
▼本社所在地 インドネシア・ジャカルタ
▼会長 河本 光広
▼社長 Hartono Atmadja(ハルトノ アトマジャ)
▼設立年 2011年
▼従業員数 2,024名(2011年12月)
▼事業内容 インドネシアにおける清涼飲料の製造・販売
▼主要商品 「オッキー」(カップ入りゼリー飲料)、
「マウンティー」(カップ入り茶飲料)
▼出資比率 サントリー食品アジア社51%、
ガルーダフードグループ49%


以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷