ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.11537   (2012.8.28)

サントリー緑茶 新「伊右衛門」発売
―  “石臼挽き抹茶”に徹底的にこだわりコク・深みを追求  ―

サントリー緑茶 新「伊右衛門」発売

高解像度画像


 サントリー食品インターナショナル(株)は、サントリー緑茶「伊右衛門」をリニューアルし、10月2日(火)※1から全国で新発売します。
 ※1 「ホット伊右衛門」(275gボトル缶)は9月25日(火)〜

 「伊右衛門」は、2004年の発売以来、京都の老舗茶舗「福寿園」の茶匠が厳選した国産茶葉を使用した旨み豊かな味わいの緑茶として、幅広い層のお客様からご好評をいただいています。また、“お茶を通じて日本の豊かな生活文化をひとりでも多くのお客様に愉しんでいただきたい”という思いから、京都にカフェラウンジ「IYEMON SALON KYOTO(伊右衛門サロン 京都)」を展開しているほか、『伊右衛門「一期一会」秋のお茶会』を毎年開催するなど、日本茶のおいしさや楽しさをお伝えしています。

 今回は、茶葉市場において“抹茶入り緑茶”の需要が高まっていることに着目し、“石臼挽き抹茶”に徹底的にこだわり、急須で淹れた抹茶入り緑茶のようなコク・深みを追求した緑茶飲料、新「伊右衛門」を発売するものです。

 (1) “石臼挽き”製法へのこだわり
一つの石臼から一時間にわずか数十グラムしか抹茶を製造できない“石臼挽き”製法を採用しています。ゆっくりと時間をかけて挽くため、粒子がきめ細やかでなめらかに仕上がり、また余分な熱が加わらないことで、雑味のないコクと香り豊かな味わいを実現しました。
 (2) 抹茶の素材へのこだわり
碾茶※2の中でも、より風味豊かで質の良い一番茶の使用比率を高めて抹茶に仕上げるとともに、お茶席でも使用されている高品質の抹茶も新たに使用。抹茶本来のコクと深みがありながら、まろやかで飲みやすい味わいに仕上げました。
※2 抹茶にする前の茶葉のことで、ふくよかな旨味と覆い香という特有の芳しい香りが特長
 (3) 煎茶のブレンドへのこだわり
抹茶の味わいを引き立てるため、煎茶のブレンドにもこだわり、高温短時間で火入れした茶葉を新たに加えました。

●パッケージについて

    高い評価をいただいている竹筒をモチーフにしたデザインはそのままに、商品特長である“抹茶入り”の文字を金色であしらい、“○茶”を手書き風の書体で大きく記すことで、老舗茶舗の本格感と“抹茶入り緑茶”のおいしさを表現しました。

●広告活動について

    “抹茶入り伊右衛門、はじまる。”をキーメッセージに、大々的にTV−CMや新聞・交通広告を投入します。

―   記   ―

▼商品概要

商品名 容量 希望小売
価格(税別)
梱包 発売期日
(2012年)
サントリー緑茶「伊右衛門」 2Lペットボトル 330円 6本 10月2日(火)
1Lペットボトル 210円 12本
1L紙パック 220円 6本
500mlペットボトル 140円 24本
350mlペットボトル 125円
280mlペットボトル 115円
340g缶 115円
サントリー緑茶「ホット伊右衛門」 345mlペットボトル 130円
275gボトル缶 115円 9月25日(火)

▼発売地域    全国

▽本件に関するお客様からの問い合わせ先
 サントリーお客様センター
   フリーダイヤル 0120−139−320  〒135−8631 東京都港区台場2−3−3
 サントリーホームページ   https://www.suntory.co.jp/



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷