ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

<ご参考>サントリー 東北復興支援に向けた主な取り組み

(1)救援物資および義捐金3億円の拠出

    震災直後には、救援物資として「サントリー天然水」100万本を提供、義捐金計3億円を宮城県、岩手県、福島県にお届けしました。

(2)被災地の復興・再生のための40億円拠出

    被災地の長期的な復興・再生のため、清涼飲料・ビール類の缶製品の売上1本につき1円を1年間積み立て、「漁船取得」「子どもたち」「文化・スポーツ・芸術」支援のため合計約40億円の拠出を決定しました。このうち約24億円が2011年に拠出済です。
    ●漁業復興のための漁船取得支援
    岩手県、宮城県の漁業支援として、漁船(共同利用船)取得のための漁業者の負担を軽減すべく、両県に10億円ずつ合計20億円を拠出し、漁船の製造・納品が順次進められています。
●未来を担う子どもたちの支援
    青森、岩手、宮城、福島県の水産高校を対象に「サントリー・SCJ水産業復興奨学金」プログラムを今年4月から開始しています。
また、遊ぶ場所が制限されている福島県の小学生2,150名を対象に昨年7月〜8月に実施された林間学校やサマーキャンプなどの野外活動に資金を提供しました。
●文化・芸術・スポーツを通じた支援
    音楽を通じた復興支援のため、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とともに「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」を2012年4月に設立し、助成事業や公演事業を開始しています。
このほか、サントリーバレーボール部、サントリーラグビー部は、昨年夏にスポーツ教室を開催しました。

(3)被災地の漁業復興のため追加支援20億円拠出

    沿岸エリアの甚大な被害状況や漁業者の経済的負担など、依然厳しい状況が継続していることを憂慮し、2012年2月には追加支援として20億円の拠出を決定しました。昨年に引き続き、漁業者の負担軽減に少しでもお役立ていただくため、漁船(共同利用船)取得等の支援として両県に10億円ずつ合計20億円を拠出します。


以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷