ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

2011年5月23日

【参考資料1】   「テーマ作曲家」プロフィール

ジュリアン・ユー
1957年生まれ。北京中央音楽院卒業、後に同音楽院で教鞭も執る。1980−1982年に来日し、東京音楽大学にて湯浅譲二と池辺晋一郎に師事する。1985年、オ−ストラリアへ移住。1988年、タングルウッドにてコンポジション・フェロ−シップに選ばれヘンツェとナッセンの下で学び、その年のクーセヴィツキー・タングルウッド作曲賞を受賞。
オ−ストラリア放送局(ABC)、英国BBCのプロムナ−ド・コンサ−ト・プログラム、IRCAM、ミュンヘン市、オ−ストラリア・アンサンブル、メルボルン国際フェスティヴァル、シナジ−・パ−カッション、チェンバ−・メイド・オペラ等々からの委嘱を受け、管弦楽作品、器楽作品、合唱、劇場、オペラ等のための作品を多数書いており、2008年には北京オリンピックの開会式典のための作曲委嘱を受ける。1991、1994年にはオ−ストラリアの作曲家に授与される最高位の賞であるポ−ル・ロウィン管弦楽賞を各国審査員の満場一致にて受賞。
現在、メルボルン大学音楽学部特別研究員。



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷