ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.11044   (2011.3.28)

第10回(2010年度)佐治敬三賞は
「井上郷子ピアノリサイタル#19
モートン・フェルドマン作品集」
および「東京シンフォニエッタ
第28回定期演奏会 湯浅譲二特集」に決定


公益財団法人サントリー芸術財団(代表理事・堤剛、鳥井信吾)は、わが国で実施された音楽を主体とする公演の中から、チャレンジ精神に満ちた企画でかつ公演成果の水準の高いすぐれた公演に贈る「佐治敬三賞」の第10回(2010年度)受賞公演を「井上郷子ピアノリサイタル#19   モートン・フェルドマン作品集」および「東京シンフォニエッタ第28回定期演奏会   湯浅譲二特集」の2公演に決定しました。

(ご参考) 佐治敬三賞についてはこちら

●選考経過

1. 応募のあった2010年実施公演について2011年1月10日(月・祝)東京・丸の内の東京會舘において、選考委員8名により第一次選考を行い、候補公演を選定した。
2. 引き続き3月7日(月)東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京において最終選考会を開催、慎重な審議の結果、第10回(2010年度)佐治敬三賞に「井上郷子ピアノリサイタル#19   モートン・フェルドマン作品集」および「東京シンフォニエッタ第28回定期演奏会   湯浅譲二特集」の2公演が選定され、14日(月)理事会において正式に決定された。

●賞金は200万円。今回は同時受賞につき各100万円が贈られる。
●選考委員は下記の8氏。
         礒山 雅・伊東 信宏・岡田 暁生・岡部 真一郎・白石 美雪
         楢崎 洋子・沼野 雄司・三宅 幸夫
                                                                     (敬称略・50音順)

●「井上郷子(いのうえさとこ)ピアノリサイタル#19   モートン・フェルドマン作品集」

<贈賞理由>
現代音楽を専門に演奏する邦人ピアニストは数多くいるが、デビュー当初から、そのレパートリーが厳しく吟味されている点において、井上郷子の活動は際だっている。徹底して「アメリカ実験音楽」に定点を置き、そこからヨーロッパと日本の音楽を眺めることによって「一貫性がありながらも多彩である」という一見矛盾するような幅を持った選曲が可能になったということなのだろう。さらに彼女の場合、こうしたレパートリーと呼応するようにして、一音一音が高い純度を保った濁りのない演奏スタイルを確立してきた点も重要である。今回の「モートン・フェルドマン作品集」は、そうした井上の美点がすべて生かされた演奏会であった。前半の小品群(主に50年代に書かれた五線譜による作品)では、時にはロマンティックな音の身振りを交えながらも、しかし奏者が音を「聴く」姿勢が徹底しているために、出てくる音響はあくまでも清潔であった。そして後半、1時間を超える《バニータ・マーカスのために》では、おそらくは晩年の作曲者が意図したとおり、停滞した時間の中で聴き手の耳に細部のみが次々に浮かび上がってくるという仕掛けが完全に実現されていた。全編を通してブレの全くない、しかし同時に単調には陥らない解釈は、世界のフェルドマン演奏の中でも特筆すべき水準に達しているものと評価できる。

<公演概要>

名称 「井上郷子ピアノリサイタル#19   モートン・フェルドマン作品集」
日時 2010年2月28日(日)
会場 東京オペラシティ・リサイタルホール
曲目 モートン・フェルドマン作曲
   2つのインターミッション
   インターミッション5
   インターミッション6
   エクステンションズ3
   ラスト・ピーシズ
   ピアノ曲(フィリップ・ガストンに)
   バニータ・マーカスのために
ピアノ 井上郷子
主催 井上郷子

●「東京シンフォニエッタ第28回定期演奏会   湯浅譲二特集」

<贈賞理由>
東京シンフォニエッタは、かねてから極めて意欲的な活動を展開してきた室内オーケストラであるが、とりわけ、2010年12月の「湯浅譲二特集」と題された定期演奏会は、創意に満ちた企画と充実した演奏が一体となった大きな成果であった。作曲家自身との緊密な協力のもと、50年代半ばの《7人の奏者のためのプロジェクションズ》にはじまり、80年代の《世阿弥・九位》、近作である《室内オーケストラのためのプロジェクション》(改訂初演)という湯浅譲二の膨大なレパートリーのなかからの3曲が巧みに選ばれ、湯浅が大きな影響を受けたヴァレーズの古典的名作《オクタンドル》と彼が将来を期待する若手として強く推す今井智景の近作がそれらと並置されることで、プログラムには、一つの流れが大きな立体的広がりと共に生まれていた。コンパクトな一晩の演奏会をもって、我が国の音楽界の重鎮の足跡の一面を作品をして極めて雄弁に語らしめた点は、高く評価された。さらに新たな可能性の地平を模索し続ける作曲家の現在をも鮮やかに描き出すところとなっていた点については、音楽監督の板倉康明以下、メンバーたちの力の籠った演奏が大きく貢献していた。

<公演概要>

名称 「東京シンフォニエッタ第28回定期演奏会   湯浅譲二特集」
日時 2010年12月10日(金)
会場 東京文化会館小ホール
曲目 エドガー・ヴァレーズ/オクタンドル
湯浅譲二/7人の奏者のためのプロジェクションズ
今井智景/シモルジェネシス17人の演奏家のための
湯浅譲二/室内オーケストラのためのプロジェクション
湯浅譲二/世阿彌・九位4チャンネルテープと室内アンサンブルのための
出演 指揮/板倉康明   演奏/東京シンフォニエッタ
主催 東京シンフォニエッタ


以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷