サントリーグルメガイド全国版

サイトマップ

勝手にトレンドウォッチャー 次は絶対、コレが来る!専門家が次のトレンドを大予想!?

飲食店プロデューサー、フードコーディネーター、マスコミ業界人など、食に関わる専門家が「次なるトレンド」というテーマで私論を展開します。当たるも八卦、当たらぬも八卦。さて、今月の専門家は何を予想しますやら…。

5月のゲスト 笹生八穂子 (有)オハナカンパニー社長 私が気になるもの ドライフルーツ

5月のゲストは、放送作家として活躍する笹生八穂子さん。テレビやラジオの番組企画制作をはじめ、自分の感性がキャッチしたモノの輸入販売や商品開発を手がける彼女が今、注目しているのがドライフルーツ。甘いだけで味が薄くてパサパサで…というイメージはすでに過去のもの。小腹が空いたらドライフルーツ、という時代が、もうすぐそこまできているかも!?

美味しいドライフルーツとの出合い

 ドライフルーツと聞いて思い浮かぶのは、プルーンやシリアルなどの健康食品的なイメージばかり。正直なところ、そうしたドライフルーツを食べて、美味しいと思ったことはほとんどありませんでした。
 でも、昨年、ビジネスパートナーでもある主人が仕事でアメリカへ行った際に、ドライフルーツをたくさん買ってきてくれたんですよ。最初は「なんでアメリカのお土産がドライフルーツだけなのよ」なんて笑っていたんですが、「とにかく美味しいから食べてみて」と言われて半信半疑で口にしたら、「あら、本当にすごく美味しい!」ってことになったわけです。べったり甘いようなことがなく、ブドウならブドウ、リンゴならリンゴの味がしっかりして、ひとつひとつのフルーツの風味がきちんと伝わってくるので、そんなドライフルーツがあるのかと感動さえしました。
 うちの主人の会社はアメリカの入浴剤の輸入販売もしているのですが、そのメーカーはマサチューセッツ州のワーリントンという小さな町にあります。素晴らしいドライフルーツを主人に教えてくれたのは、そこの女性社長であるマリアム・マサロさん。ナチュラリストでベジタリアンの彼女は、食生活に確固たるこだわりを持っていて、私たちにも安全で安心なものを薦めてくれるんです。
 このドライフルーツは、アメリカ東海岸に100店舗以上を展開するスーパーマーケット「ストップ&ショップ」のプライベートブランド製品で、店内のオーガニック食品のコーナーで販売されているそうです。いくつか種類はありますが、私たち夫婦が気に入っているのは、リンゴ、洋ナシ、ブドウなど5種類ほどのドライフルーツに、カボチャやヒマワリの種、アーモンドといったナッツ類を加えたトレイルミックス(Trail Mix)です。  

レーズン写真

大人も子供も大好きな携帯スナック

 トレイルミックスはその名のとおり、もともとはハイキングや山登りをしながらトレイル(散策路)で簡単に食べられるように作られた携帯食なのだそうです。私の場合も、まさに携帯食のごとく、いつもそばに置いていて、ちょっと小腹が空いたときや、忙しくてランチに行けないときなどにも食べています。
 ポテトチップやおせんべいとは違って、オフィスでデスクワークをしながら食べていても全然おかしくないんですよ。

笹生八穂子さん写真

 お皿ではなく小振りなグラスに入れたりすると、とってもきれいだし…、様々なフルーツの色彩を目で味わえるところも、このスナックの魅力ですね。
 うちの主人は、寝る前に本を読みながらトレイルミックスをつまむのが気に入っているようです。お酒をあまり飲まないので、ナイトキャップ代わりなんでしょう。実は、このトレイルミックスが好きなのは、大人だけじゃないんです。子供は嫌いかもしれないなあ、なんて思いつつ、うちの3人の子供たちにあげてみたら、意外にもすごく気に入ってしまったんですよ。初めてなのに、いきなり一袋空けてしまいましたから…。添加物や保存料がたくさん使われているおやつよりも、トレイルミックスを食べてくれた方が、親としては安心なので、これはうれしい驚きでしたね。
 だから我が家では、おやつとしても食材としても、色々と活用しています。そのまま食べるほかに、ヨーグルトにかけたり、パンケーキに入れたりと…。いつものサラダでも、ちょっとトレイルミックスを混ぜるだけで味わいがガラリと変わったりして楽しいですよ。

罪悪感のない食べ物は売れる

 昔から「良薬口に苦し」と言いますが、健康によい上に、毎日食べ続けられるくらい美味しければ、それがベストなわけですよね。その点、「ストップ&ショップ」のドライフルーツは、オーガニック栽培されたフルーツを新鮮なまま乾燥させているから、凝縮された美味しさを堪能できて、しかも栄養豊富、コレステロールゼロ。トレイルミックスに一緒に入っているナッツ類も、同じくコレステロールなし、さらに生活習慣病を予防する不飽和脂肪酸までたっぷり含んでいます。
 つまり、「あぁ、またいっぱい食べてしまった…」と後悔させるような高カロリー、高コレステロールフードとは違った、「美味しくて食べすぎても罪悪感がない」ところに、このドライフルーツがトレンドになる可能性が秘められていると思うわけです。
 お土産に買ってきてくれたドライフルーツがなくなってしまった時に、都内の輸入食材店などで同じようなものを探しに行ったら、本当に様々なブランドのドライフルーツが並んでいました。でも、私はやっぱり「ストップ&ショップ」のものが一番好きですね。
 「ドライフルーツが流行る」という今回のトレンド予測も、より正確に言えば、「ストップ&ショップの製品くらい美味しいものが手に入るようになればドライフルーツが流行るのではないか」ということです。主人とは「いっそ、うちでストップ&ショップのドライフルーツを輸入してしまおうか」なんて半分本気で話したりしているんですけど…。

笹生八穂子さん写真

プロフィール

笹生 八穂子(ささお やほこ)

横浜生まれの、大阪育ち。現在、東京在住。放送作家。99年に、(有)オハナカンパニーを設立し、テレビ、ラジオ番組の構成、調査を手がけ、フジテレビ「奇跡体験アンビリバボー」、毎日放送「世界バリバリ★バリュー」、J-WAVE「岡田准一のGrowing Reed」など数多くの番組を手がける一方、現在はクリエイティブ・コンサルタントとして活躍。商品企画プランニング、イベントの主催などプロデュース業務も展開中。クリエイター、女性、主婦、母親、経営者という多角的な視点で時代を捉える。

笹生八穂子さん写真

このページの先頭へ

バックナンバー
空飛ぶマグロ肥前あさくさ海苔ワンプレート・フード地元のお母さんの味森のような空間を持つレストラン猪肉(ボタン鍋)酒を飲みながらの団塊世代ライブこんにゃくそば黒糖と豆のマッチング卵かけご飯魚醤球形で黄金色したズッキーニ美的アクセントのあるモノドライフルーツかわいい形(色)のトマト黒豚バークシャー丹後のオイルサーディンエイシー美味しい"ずるさ"のおすそわけミルキークィーン永田農法の野菜無農薬・有機栽培の雑穀ホルモン焼きうどんマンチェゴ日向地鶏のもも焼き