サントリーグルメガイド全国版

サイトマップ

勝手にトレンドウォッチャー 次は絶対、コレが来る!専門家が次のトレンドを大予想!?

飲食店プロデューサー、フードコーディネーター、マスコミ業界人など、食に関わる専門家が「次なるトレンド」というテーマで私論を展開します。当たるも八卦、当たらぬも八卦。さて、今月の専門家は何を予想しますやら…。

12月のゲスト 榊真一郎 株式会社オージーエムコンサルティング社長 私が気になるもの 美味しいずるさのおすそわけ

12月は株式会社オージーエムコンサルティング社長の榊真一郎さんが語ります。フードコンサルティングという仕事柄、色んな飲食店や企業の商品を見る機会の中で、ふと気づいたことが「美味しいずるさのおすそわけ」という考え方です。この考え方がこれからの外食産業を変えていきそう?!さて、トレンドとなりそうな「美味しいずるさのおすそわけ」とは何のことでしょうか。その真意を語っていただきましょう。

食ブランドが展開する形に興味津々

 私はブログを書いてるんですが、決してグルメ日記ではないんですよ。予約の取れない有名レストランで2時間食事をすることと、立ち食いそば屋で2分でそばを食べることって、どっちも同じように楽しめないとつまらないと思うんです。こういう趣旨で常にブログを書いています。色んな店には行きますが、振り返ると結構ひとつのお店に通ってることが多いですね。食べ物もひとつのブランドですから、やっぱり好きな店に行き着くことになるんです。お店をブランドに例えてみると、そのブランドが好きだから、そこがあんなものやこんなものを作ってくれないかなぁと考えたりします。例えば、最近スターバックスがコンビニでディスカバリーズを発売しましたし、次はスターバックスのアイスも買えると嬉しいですね。こんな風にひとつのブランドが、どんどん発展していくように、次はどんな風になっていくんだろうって考えだけでもワクワクしますよね。 そういう風にひとつのお店や、ブランドが展開していく様子を頭の中で考えると想像が尽きませんね。

榊真一郎さん写真

ずるいことのおすそわけ

 食ブランドの展開というと難しそうですが、例えば、お気に入りの近所の喫茶店や美味しいパスタ屋さんから、その店の珈琲やパスタソースを誰かに贈ってしまおうという発想も、ひとつのブランドが展開していくことと同じです。「私がいつも行くお店のものですけど、それを味わっていただきたくて」という風に、誰かに贈るって素敵だと思いませんか。このコーナーでは、自分がコレだ!と思うオススメ店の一品を、知人におすそわけすることを「美味しいずるさのおすそわけ」と命名してしまいましょう。究極のスタイルは自分だけのマイブランドを作ってしまうことかもしれないですが、それを「私のブランドです」って贈ったりするのは日本人的にはちょっと照れてしまいますよね。

榊真一郎さん写真

 「私が好きな○○です」というスタイルで、近所の美味しい店で作っているものをおそすそわけできたら、贈る側ももらう側も嬉しいんじゃないでしょうか。自分だけが美味しいものを味わうのはずるいからそれを誰かに贈ろうと思う、贈られた方はその「美味しい」をおすそわけしてもらっている、という理論です。
 ずるいっていうと悪い意味に受け取られがちですが、例えば、初めて行ったお寿司やさんで、隣に常連さんが座っているとします。どちらもお任せでお願いしたとしても、なぜか隣の方が美味しいものを食べている。あ〜、ずるいって思うわけです。でもずるいからってその人に怒らないじゃないですか。むしろ羨ましいって思うんです。それは、ずるさにはいやらしいずるさと、羨ましいずるさとあって、これは羨ましいずるさに属します。常連が友人を初めてそのお店に連れて行くと、その友人は羨ましいずるさを分けてもらえて、たぶん1人で来るより美味しいものを食べられる。「一見さんでこなくてよかったなぁ」って具合いです。これは「ちょっと羨ましいずるさ」です。「羨ましいずるさ」は、おすそわけすべきというのが私の考え方。「実は教えたくないんだけどね」っていいながら、そのお店でしか食べれないようなものを、おすそわけという発想で贈れることが今後、トレンドになるんじゃないかな。そういう展開をしていく飲食店やブランドから目が離せませんね。

郷土料理もおすそわけしちゃいましょう!

 「近所のおすそわけ」から発展して、「郷土料理のおすそわけ」もありじゃないでしょうか。私は愛媛県の松山市出身ですが、松山で当たり前のように食べていたものが、東京では食べられないってことは今でもあります。地方からの「お取り寄せ」のようなカタログを見ても、数ある「お取り寄せ」の中から、やっぱり自分の郷土のものに目がいってしまいますね。それは、その料理に対しての思いが、その土地で味わったことがある人だけのものだからなのかも知れません。ですから余計にその郷土の人からのおすそわけは説得力がありますよね。 「郷土料理のおすそわけ」は「近所の美味しい店」を「自分の故郷」に置き換えて考えてるわけですが、それが果たして美味しいかどうか分からないのも面白い。日本の食文化は多用ですから中には個性的なものもあるし、人によっては得手不得手があって当然なんです。でも、自分が美味しいと思うオススメを誰かに贈るというコンセプトだから、そこは愛敬です。おすそわけされなければ、出会わなかったような料理に出会えるのですから、それも楽しんでしまいましょう。「近所のコレ」も「故郷のアレ」も「美味しいものをみんなでおすそわけ」が、トレンドになると、これからももっともっと、美味しいものに出会える機会が増えそうですね。
プロフィール

榊真一郎(サカキシンイチロウ)

1960年愛媛県松山市に生まれる。父が飲食店を経営し、幼少から上京するたびに美味しいモノに触れられるという美食(?)の幼少時代を過ごした。その後、父親が東京で外食コンサルティング会社を立ち上げ上京、2005年に社長に就任。仕事柄セミナーで全国を飛び回る忙しい日々ながらも、ほぼ毎日ブログで食にまつわる記事を更新中。ブログから旨い店をリサーチするファンが続出しているとか。食べる(料理する)ことと遊ぶ感覚で執筆中というブログからは、食に対する愛情を感じずにはいられない。

榊真一郎さん写真

このページの先頭へ

バックナンバー
空飛ぶマグロ肥前あさくさ海苔ワンプレート・フード地元のお母さんの味森のような空間を持つレストラン猪肉(ボタン鍋)酒を飲みながらの団塊世代ライブこんにゃくそば黒糖と豆のマッチング卵かけご飯魚醤球形で黄金色したズッキーニ美的アクセントのあるモノドライフルーツかわいい形(色)のトマト黒豚バークシャー丹後のオイルサーディンエイシー美味しい"ずるさ"のおすそわけミルキークィーン永田農法の野菜無農薬・有機栽培の雑穀ホルモン焼きうどんマンチェゴ日向地鶏のもも焼き