この商品は販売を終了しました

パナスカリの育て方

大輪の見ごたえのあるペンタス「パナスカリ」

植え込み・日常管理

  • 乾燥に強く、直射日光を好む品種です。出来るだけ長時間直射日光の当たる風通しの良い場所で管理してください。ただ、低温・多湿が苦手なので梅雨時は雨の当たらない軒下かベランダに移してください。
  • 有機質が多く水はけの良い土(「サフィニアの土」など)に植え付け、元肥入りの土でなければ、植え付け時に「サフィニアの元肥 ビガーライフ」など緩効性化成肥料を加えます。
  • 植え込んだら先ず鉢底から流れるくらいに水を与えてください。その後は、土の表面が乾いたら晴れた日の午前中にタップリと。
    多湿を嫌い乾燥を好みますので、鉢を持ち上げて軽く感じるほど鉢土が乾いてから、タップリと水をあげましょう。
  • 追肥は植え込み後1週間くらい経ってから、500倍に希釈したサフィニアの液肥(8−5−5)などを週1〜2回のペースで定期的に欠かさずやってください。

植え込み後約2ヶ月

  •  ポイント 
    ペンタスは暑いほど元気に育ちますが、低温・多湿が苦手なので、梅雨時は雨の当たらない軒下かベランダに移してください。
  • 草姿が乱れてきたら株元10〜15?p程度のところで切り戻すと再び見映えがよくなります。

植え込み後約3ヶ月

  • 日照時間が短くなってきますので、最終の摘芯は、お盆頃までにすませましょう。

秋まで楽しんだら・・・ 一年草

  • 基本的に一年草です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ