サントリーのエコ活

文字サイズ
サントリーのエコ活
  • パッケージ
  • 自動販売機
  • 輸送
  • 工場
  • 原料
  • 水
  • 環境ビジョン2050
  • 水大辞典
  • 「水の知」最前線

環境ビジョン2050 未来へつなぐ、環境ビジョン2050

「水と生きる」私たちにとって、地球環境は大切な経営基盤。だからこそ、グループ全体で環境経営を推進していきます。
持続可能な社会を次の世代に引き継ぐために、「自然環境の保全・再生」と「環境負荷低減」の両面から積極的に活動しています。

2030年までに、全世界で使用するペットボトルを100%サステナブルにサントリーグループ「プラスチック基本方針」を策定しました 詳細はこちら

「サントリーグループ環境基本方針」

サントリーグループ環境基本方針(1997年制定、2015年改定)

サントリーグループは、環境経営を事業活動の基軸にし、バリューチェーン全体を視野に入れて、生命の輝きに満ちた持続可能な社会を次の世代に引き渡すことを約束します。

  1. 1.
    水のサステナビリティの追求

    「水と生きる」を社会との約束に掲げる企業として、事業活動において最も重要な資源である水を大切に取り扱い、自然界における水の健全な循環に貢献します。

  2. 2.
    生物多様性保全への取り組み

    水や農作物に依存する企業として、その価値の源泉である生物多様性を将来にわたって保全することに努めます。

  3. 3.
    イノベイティブな3Rによる資源の有効活用

    循環型社会の実現に向けて、不断の技術革新により、原材料・エネルギーなどの3R(reduce, reuse, recycle)を一層推進し、持続可能なビジネスの構築に努めます。

  4. 4.
    全員参加による低炭素企業への挑戦

    すべての職場において、気候変動の要因である温暖化ガス排出量の削減に努めます。

  5. 5.
    社会とのコミュニケーション

    豊かな地球環境を次世代に継承するため、社会との対話に基づいた取り組みを行うとともに、積極的な情報開示に努めます。

「サントリー環境ビジョン2050」の達成に向けて 「2030年目標」を設定

「環境ビジョン2050」の達成に向けて「2030年目標」を定め、グループ全体で「水のサステナビリティ」「気候変動対策」を柱に、グローバルに環境経営を推進しています。

サントリー環境ビジョン2050
  • ※1 2015年における事業領域を前提とした原単位での削減
  • ※2 2015年における事業領域を前提とした総量での削減

温室効果ガス削減目標(2030年目標)は 「SBTイニシアチブ」の認定を取得しています

サントリーグループは、2030年にむけたCO2などの温室効果ガス削減目標について、国際的なイニシアチブである「SBT(Science Based Targets)イニシアチブ」から、「パリ協定」の「2℃目標」を達成するために科学的に根拠のある水準であると認定されています。

News サントリーグループ 「プラスチック基本方針」を策定しました

2030年までにグローバルで使用する 全ペットボトルの100%サステナブル化を目指します

サントリーグループは、商品の源泉である自然の恵みに感謝し、多様な生命が輝き響きあう世界の実現にむけて、循環型かつ脱炭素社会への変革を強力に先導します。
プラスチックはその有用性により、われわれの生活にさまざまな恩恵をもたらしています。当社が使用するプラスチック製容器包装が有用な機能を保持しつつも、地球環境へネガティブな影響を与えないよう、多様なステークホルダーと、問題解決に向けた取り組みを推進していきます。また、問題解決に向けサントリーグループ社員の一人ひとりが責任ある行動に努め、持続可能な社会を率先して実現します。

1.Recycle & Renewable:

  • 2030年までに、グローバルで使用するすべてのペットボトルの素材を、リサイクル素材と植物由来素材に100%切り替え、化石由来原料の新規使用ゼロの実現を目指します。

  • 全ての事業展開国において、各国の国情に応じた効率的なリサイクルシステム構築のために必要な施策を、政府機関や業界、環境NGO、NPOなどとともに積極的に取り組みます。

2.Reduce & Replacement:

資源の有効活用のために、容器包装のデザイン変更等により、プラスチック使用量の削減を推進するとともに、環境にネガティブな影響を与えない代替となる容器包装の導入の検討をすすめます。

3.Innovation:

リサイクル率向上、環境影響を最小限におさえる素材領域等におけるイノベーションに積極投資します。

4.New Behavior:

人々の行動変容を促す啓発活動を実施するとともに、サントリーグループ社員一人ひとりが、ライフスタイルの変革に努め、分別収集の促進、河川、海岸の清掃活動などの社会貢献活動にも積極的に参加します。

6月15日-16日に開催されたG20 持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合で、ペットボトルリサイクルにおける世界初の新技術「FtoP ダイレクトリサイクル技術」についての展示を行いました。

水と生きる SUNTORY

サントリーグループの『水理念』

水はグループにとってもっとも重要な原料であり、かつ、貴重な共有資源です。
環境基本方針の最上位に掲げる「水のサステナビリティの実現」に向けて、次の理念をグループ全体で共有し、ステークホルダーの期待に応えていきます。

  1. 1.
    水循環を知る

    使用する水の循環について科学的アプローチに従って流域を調べ、理解を深めます。

  2. 2.
    大切に使う

    水の3R(Reduce/Reuse/Recycle)活動を通じて節水に努め、浄化した水は自然に還し、環境インパクトを軽減します。

  3. 3.
    水源を守る

    サステナブルな未来を実現していくため、ステークホルダーと協力しながら使用する水の水源保全に努めます。

  4. 4.
    地域社会と共に取組む

    社会が豊かになるように、水課題の解決への貢献を通じて地域コミュニティを支援します。

ページのトップへ戻る