森づくりの記録、社員による森林整備体験レポート

「サントリー天然水の森」
社員森林整備体験プロジェクト
レポート2014

サントリーでは、サントリーホールディングス株式会社、サントリー食品インターナショナル株式会社在籍の社員を中心としたグループ会社社員約6,000名を対象に、各地の「天然水の森」で森林整備研修を実施しています。

多くの社員が枝打ちや植樹などの森林整備活動を実際に体験して“自然との共生”の想いを共有化することによって、「水と生きるSUNTORY」を実践していきます。

実施期間

2014年から約3年にわたり実施予定

実施場所

  • 「天然水の森 赤城」(群馬県)
  • 「天然水の森 奥多摩」(東京都)
  • 「天然水の森 とうきょう秋川」(東京都)
  • 「天然水の森 ぎふ東白川」(岐阜県)
  • 「天然水の森 きょうと西山」(京都府)
  • 「天然水の森 ひょうご西脇門柳山」(兵庫県)
  • 「天然水の森 奥大山」(鳥取県)
  • 「天然水の森 阿蘇」(熊本県)

体験内容

下草刈り、枝打ち、植樹作業など

活動レポート1

「サントリー天然水の森」の、社員森林整備体験プロジェクト。何しろ自然が相手です。天候の不順で予定がキャンセルになるケースもありましたが、2014年は、5カ所の「天然水の森」で、総勢約1,000人の社員が参加して、森林整備を体験しました。

左の写真は、「天然水の森 ぎふ東白川」での植樹体験の一コマ。

活動レポート2

「サントリー天然水の森 ひょうご西脇門柳山」では、枝打ちを体験しました。

活動レポート3

こちらは、「サントリー天然水の森 奥多摩」で、下草刈りに汗を流すグループ社員たちの様子です。

活動レポート4

「サントリー天然水の森 赤城」では、シカの皮剥ぎから樹々を守るネットの設置にチャレンジ。

活動レポート5

「サントリー天然水の森 奥大山」では、ヒノキの人工林の枝打ちを体験しました。

これからも続いていく、「サントリー天然水の森」での社員森林整備体験プロジェクト。続報は、またお知らせしたいと思います。

森の図書館へ戻る