サントリーの愛鳥活動

サントリー世界愛鳥基金

を守る活動は、人々の未来も明るくする。
そう信じて1973年から啓発活動を行ってきたサントリーは
その歩みのなかで、野保護に取り組む
数多くの素敵な団体と出会いました。
もっとたくさんのたちを救うために、ぜひ彼らを応援したい。
そんな想いを形にしたのが、
公益信託「サントリー世界愛基金」です。

NEW
夢の翼、羽ばたく、活動の現場から
このような活動を応援しています!公益信託「サントリー世界愛鳥基金」助成先団体の助成先団体の活動紹介

サントリーは、公益信託「サントリー愛基金」を通して、国内外の活動団体に助成を行っています。

  • 「水辺の大型鳥類保護部門」
  • 「鳥類保護団体への活動助成」部門
  • 「地域愛鳥活動助成」部門
  • “水辺の生態系の頂点にいるコウノトリや、ツル・トキなどが
    すめる環境を取り戻したい”

    大型助成を通じて、水辺環境の整備を長期的にサポートします。

    2021年度助成先 2件、2,000万円

    ※クリックすると具体的な活動内容が表示されます。

    トキと人の共生を
    目指した水辺づくり
    ~天王川流域を中心とした
    自然再生の取組~

    トキ採餌場所における一斉草刈り
    (自然再生エリア)

    トキの水辺づくり協議会

    トキの水辺づくり協議会では、トキ生息環境整備の持続可能な枠組づくりを目指すとともに、トキと人が共生する天王川流域を中心とした地域において、自然への適切な働きかけを通じた取組により生態系の再生を目指しています。

    団体所在地:新潟県 助成額:1,000万円

    2021年度は、2020年度同様、一斉草刈りや里山整備を始めとしたトキの生息環境整備を行いました。また、野鳥観察環境の整備に向けたフィールド調査や整備計画策定などの取組も行いました。この他、首都圏における啓発活動を行い、自立可能な経済システム構築に向けた取組も行いました。

    閉じる

    コウノトリ定着・
    広域ネットワーク
    推進プロジェクト

    2021年度活動で設置したカメラで
    撮影したコウノトリ(鳴門)

    (公財)日本生態系協会

    当協会では、生物多様性を基盤とする持続可能な地域づくりに取組んでおり、その主要な取組みのひとつが生態系ネットワーク形成です。本プロジェクトにおいては、複数の地域・団体の取組みをつなぎ、生態系ネットワーク形成のシンボルであるコウノトリの野生復帰の支援促進と広域連携の仕組みづくりを目指しています。

    団体所在地:東京都 助成額:1,000万円

    コウノトリをシンボルとして生態系ネットワーク形成に取組んでいる渡良瀬遊水地、神栖市、鳴門市の3エリアにおいて、採餌環境づくり(ビオトープ整備・維持管理)、足環装着やコウノトリ定着に係る専門家の招聘、見守り活動や環境教育等に活用する記録カメラの整備・機能向上等を行いました。また、各地域の活動の知見や情報・課題を共有するネットワークづくりの検討も進めています。

    閉じる
  • “絶滅危惧種をはじめ危機にさらされている、
    さまざまな野鳥を守りたい”

    専門の野鳥保護団体に助成し、保護活動をバックアップします。

    2021年度助成先 13件、2,000万円

    ※クリックすると具体的な活動内容が表示されます。

    奄美大島に生息する
    希少鳥類の調査・
    保護活動

    GPSを装着したオーストンオオアカゲラ

    (公財)日本鳥類保護連盟

    1947年に設立した団体で、設立当初には愛鳥週間を設定しました。子供たちへの愛鳥教育などによる普及啓発、鳥類保護・環境保全のための調査研究、国際協力事業などを実施しています。調査研究では、奄美大島での活動のほか、コアジサシの渡りについての調査や外来種ワカケホンセイインコの調査などを実施しています。

    団体所在地:東京都 助成額:300万円

    奄美大島全島におけるオーストンオオアカゲラの生息状況を調査し、1羽にはGPSを装着して追跡することで、個体数を推測するための基礎資料を得ることができました。また、奄美大島においてアマミヤマシギにGPSを装着し、季節移動について知見を得ることができ、今後沖縄本島でも捕獲できれば沖縄本島のアマミヤマシギの季節移動についての情報も得ることが期待できます。

    閉じる

    ライチョウの
    野生復帰させうる個体の
    創出に向けた技術開発

    親子の採食行動を観察する飼育担当者

    (公社)日本動物園水族館協会

    動物園・水族館事業の発展振興を図ることにより、文化の発展と科学技術の振興並びに自然環境の保護保全に貢献し、もって人と自然が共生する社会の実現に寄与することを目的としています。動物園水族館に関する調査研究、教育普及、種保存、支援などの事業を行なっています。

    団体所在地:東京都 助成額:290万円

    飼育下のライチョウを生息地に放した時に生きていくことができるように、母鳥による育雛に取り組みました。母鳥の育雛行動から、警戒時に母鳥が鳴くと雛が天敵から身を守る行動をとることが飼育下でも観察されました。また、高山植物の消化のために野生のライチョウから分離した腸内細菌をエサと共に雛へ与えたところ、成長後もその細菌が体内から検出されています。

    閉じる

    東アジアの
    ハクガン復元の取り組み、
    その成果と周知のために

    首環標識をしたハクガン
    (2021年12月 提供:田儀耕司)

    日本雁を保護する会

    古来より日本国民に親しまれ、近年急速にその生息地が減少したガンなどのガンカモ科鳥類とその生息地の保全・復元と、調査研究、普及啓発の実施を主目的としています。アジアのガンカモ類とその生息環境を保護・保全するための調査研究、広報活動などを世界各国の諸機関と連帯して進め、行政への提言も行っています。

    団体所在地:宮城県 助成額:270万円

    日本の空にハクガンを復元する取り組みを、1993年から日ロ米共同で実施しています。各地の皆さんの協力を得た調査で、20/21年冬に2,000羽、22年度もこれまでに多数が確認されています。2021年度は講演、普及啓発活動以外に、出版予定の資料集編纂や、他団体との共同で成功したハクガン捕獲と発信器装着で、その移動経路や繁殖地解明の手がかりを得るために、その動向を追跡しました。

    閉じる

    東アジア地域における
    コウノトリ保全
    ネットワーク形成事業

    新たな繁殖地である兵庫県淡路市での足環装着

    コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)

    IPPM-OWSは、コウノトリの飼育施設、放鳥施設、放鳥地・繁殖地自治体等で構成され、関係省庁と連携しながら国内のコウノトリの保全(生息域内保全及び生息域外保全)に取り組んでいます。全国規模で保全に取り組む活動を実施し、2021年には、7府県での繁殖及び野外個体数の250羽への到達を確認しています。

    団体所在地:兵庫県 助成額:250万円

    2021年度は、アジア地域におけるコウノトリ保全ネットワークの形成及びその基盤となる国内メタ個体群の形成を目的として、繁殖地がある自治体での継続的な繁殖成功に向けた支援、新規飼育施設への支援、飼育・繁殖・放鳥計画の立案、国際セミナーなどの活動を行いました。新たに兵庫県淡路市などでコウノトリが繁殖し、足環装着などについて支援を行いました。

    閉じる

    絶滅に瀕する
    小型鳥類における
    保全のための遺伝解析

    オガサワラカワラヒワの保全啓発ポスター

    (公財)山階鳥類研究所

    山階鳥類研究所は1932年に設立された、鳥類の調査・研究、保護、研究支援を行う民間の公益団体です。創立者は山階芳麿博士。東アジアで最大の標本コレクションを保有し、国内外の研究に役立てるべく、日々の維持管理と公開、研究を行っています。また、鳥類の標識調査やモニタリング調査、希少種の保全活動も行っています。

    団体所在地:千葉県 助成額:200万円

    ■ 絶滅危惧種オガサワラカワラヒワの存在を世の中に知ってもらえるよう、啓発パンフレットとポスターを作成し配布しました。繁殖分布域内の遺伝構造を解析中です。
    ■ 希少種イイジマムシクイの国内の遺伝構造を解明すべく、伊豆諸島の三宅島に捕獲を伴う野外調査を行いました。
    ■ 沖縄本島の北部やんばる地域に生息するオシドリの捕獲を行い、遺伝解析を現在分析中です。

    閉じる

    クマタカ保護に
    有効な森林管理方法
    (特に人工林)の確立

    林内での地上レーザー計測

    クマタカ生態研究グループ

    森林生態系ピラミッドの上位に位置するクマタカの生態を明らかにし、クマタカとその生息環境の保護を推進するとともに、東南アジアの猛禽類の研究と保護を推進するため、1983年に設立されました。鈴鹿山脈において科学的な手法を用いたクマタカの生態研究を継続し、具体的かつ効果的な保護対策を提言してきています。

    団体所在地:滋賀県 助成額:160万円

    人工林のスギに営巣するクマタカ2ペアの幼鳥の行動範囲内にセンサーカメラを設置し、獲物となる野生動物の生息環境を調査するとともに、航空写真およびドローン撮影写真を用いたコアエリア内の詳細な植生解析、レーザー測量による立木密度・林内階層構造解析、およびGIS化を行い、クマタカが生息・繁殖するのに適した森林構造(人工林)を明らかにしています。

    閉じる

    減らせ!
    ヤンバルクイナロードキル

    ライト点灯の普及啓発品

    NPO法人 どうぶつたちの病院沖縄

    わたしたちは琉球弧の小さな島々で野生動物と共存できる社会をめざして活動しています。これまで、ヤンバルクイナの救護や飼育下繁殖の技術開発のなかで人工孵化や自然繁殖を成功させ、野生復帰の技術開発にも着手しました。他にも、遠隔地の野生動物やペットに適切な動物医療を提供するため、活動の場を広げています。

    団体所在地:沖縄県 助成額:150万円

    ヤンバルクイナの交通事故を未然に防ぐ技術開発を目的に、光による退避効果についての追加調査及びその有効性に関する解析と、来沖する観光客を対象とした車両走行時のヘッドライト昼間点灯を推奨する普及啓発に取り組みました。また、試作したクイナ・カーアラート(車両接近警報装置)を試験的に出現箇所へ設置し、装置の稼働状況や有効性などについて評価を試みました。

    閉じる

    コアジサシの
    採餌場所・休憩場所に関する
    実態調査

    ジオロケーターをつけたコアジサシと卵
    (沖縄県泡瀬人工島)

    水鳥研究会

    水鳥研究会は、全国で水鳥類の生態調査活動・保護活動・啓発活動を中心に行っています。会員は全国に分散していますが、調査時等は協力しながら行っています。特に力を注いでいるのがコアジサシで、生態調査の他、卵やヒナの捕食者対策、営巣地確保、保護飼育活動など様々な活動を行っています。

    団体所在地:千葉県 助成額:100万円

    繁殖状況の調査を千葉県千葉市、流山市、九十九里浜一体、茨城県鹿島灘一帯、東京都大田区、沖縄県沖縄市の6か所で実施しました。鹿島灘と沖縄市では、繁殖中の計18個体を捕獲しGPSを装着し、繁殖地での採餌場所・休息場所の調査と、それぞれの場所での利用時間の解明を行う予定でしたが、残念ながら再捕獲は出来ませんでした。2022年度は流山市に新たな営巣誘致を目指す計画です。

    閉じる

    酪農地帯に生息する
    タンチョウの給餌場・
    牧場への依存を
    減らすための調査研究

    牛の餌を食べに来ているタンチョウ(丸印)に向けて監視カメラを設置

    NPO法人 タンチョウ保護研究グループ

    タンチョウ保護研究グループは、タンチョウの生息数や生息環境等の生態調査を行うとともに、タンチョウの現状を広く伝え、問題提起を行うなどの社会活動を積極的に行っていきます。それとともに、タンチョウを一つの旗艦種として、広く湿原や自然の保全を進めていく団体を目指しています。

    団体所在地:北海道 助成額:100万円

    牧場に依存しているタンチョウが自然環境で採餌する割合を増すことを目的に、標識したヒナの居る家族が餌場として利用している牧場(酪農場)に監視カメラを設置し、毎日の定時撮影によって酪農場への依存状況を明らかにしました。同時に標識個体によって区別できる当該家族の自然採餌場の位置と環境(地形、植生、水環境、餌生物など)を調査・確認して、冬の生息環境の積極的な改善も目指しました。

    閉じる

    バードウォッチング記録を
    蓄積・活用するインターネット
    データベースの改良・普及と
    データ分析

    年記録数の棒グラフ/データ分析

    NPO法人 バードリサーチ

    全国の鳥類調査に興味をもつ人たちと一緒に鳥類の生息調査、人との共存のための事業、新しい調査方法の開発、教育啓発など実施しています。バードウォッチャーにボランティアとして参加していただいて一定の手法に従った観察記録を集めるほか、本事業のような普段の観察記録の集約により、野鳥データの蓄積が進みます。

    団体所在地:東京都 助成額:50万円

    野鳥データベースに利用者のデータ管理に役立つ機能を追加して改良し、より多くの観察記録を収集することができました。データベースの普及活動のため、バードウォッチングの記録種数を競うインターネット・バードソンを5月と1月に開催し、こうして集まったデータを分析して野鳥の分布図などを作成しました。

    閉じる

    イヌワシを主とした
    希少猛禽類の生息・分布調査

    合同調査の様子

    秋田猛禽類調査グループ

    秋田県内に於ける猛禽類の生息、分布及び繁殖などに関する情報を収集し、猛禽類の保護や生息環境の保護・保全に資することを目的として活動しています。特にイヌワシなど希少猛禽類については、関係機関や各地のイヌワシ調査グループ等と連携しながら、情報の収集及び共有を図り、猛禽類の保護・保全活動を行っています。

    団体所在地:秋田県 助成額:50万円

    2021年度は、秋田県内でのイヌワシを主対象とした定期調査を毎月1回、他の調査グループ等と共同で広域合同調査を春と秋に1回ずつ実施し、秋田県内におけるイヌワシをはじめとする希少猛禽類の棲息情報の収集・蓄積を行いました。また、チュウヒの塒(ねぐら)入りカウント調査にも参加し、国内各地で活動するグループ等との連携の機会も増やして、活動の幅を広げています。

    閉じる

    八幡高原の渡り鳥の
    調査と保全および啓発活動

    剥製で(八幡高原で観察できる)
    野鳥のお勉強

    認定NPO法人 西中国山地自然史研究会

    私たち「特定非営利活動法人 西中国山地自然史研究会」が目指すのは、環境保全・環境教育・里山文化の継承・生物の多様性などの観点から西中国山地の豊かな自然環境を保全することです。地域の方たちと連携しながら里山文化を継承し、持続可能な地域社会の実現のために活動しています。

    団体所在地:広島県 助成額:40万円

    西中国山地に位置する八幡高原を中心に、ブッポウソウの繁殖や標識調査を行いました。調査の一環として、繁殖用巣箱の天井部分に小型ビデオカメラを設置し、産卵からヒナの巣立ちまで24時間体制で録画しました。このビデオ映像を編集し、普及啓発用のフォトブックを作成しました。また、シラガホオジロなどの八幡高原の貴重な渡り鳥の観察会を行いました。

    閉じる

    大陸における
    コウノトリの繁殖地・
    越冬地・中継地の情報収集

    豊岡市民会館で開催した
    コウノトリの生息を支える市民交流会

    (一財)環境文化創造研究所

    美しい街づくり運動の推進を目標に有害生物制御、野生動物保全、文化財保護等の分野において調査研究、コンサル、出版等の業務を行っている本財団は、トキコウノトリ等の危惧種保全について独自の調査研究を行っています。2019年から3年連続大陸のコウノトリの繁殖地、越冬地、中継地の情報収集を行っています。

    団体所在地:千葉県 助成額:40万円

    2021年度は助成活動3年目で、これまで構築した協力体制などを活用して大陸のコウノトリ情報を収集した「コウノトリ情報資料集」をまとめました。また、日本コウノトリの会主催の「コウノトリの生息を支える市民交流会」で講演し、豊岡市ハチゴロウ戸島湿地で中学生とコウノトリの保全について交流したり、IPPM主催の「日中韓コウノトリ保全セミナー」で研究成果を発表しました。

    閉じる
  • “愛鳥活動の裾野を広げるために、
    身近な活動を応援していきたい”

    学校のクラブや自治体、
    ボランティア団体などへの支援を行います。

    2021年度助成先 11件、164.6万円

    ※「活動レポートを見る」ボタンをクリックすると内容が
     表示されます。

    【北海道】 ネイチャー研究会inむかわ

    啓蒙看板を設置
    協力:(有)岩筋砂工業所
    むかわのタンチョウを守るために
    助成額:20万円
    活動レポートを見る

    2011年に道東から飛来した2羽のタンチョウはむかわ町を中心に繁殖・定着が確認され、2021年までに8羽(2021年は初めて2羽)のヒナを育てています。彼らは町民に温かく見守られていますが、海岸線の湿地は狭く、厳しい環境です。「むかわのタンチョウ」を守るために2021年度は次世代を担う子供たちにポイントを置きながら活動(子供用パンフレット作成など)しました。

    閉じる

    【宮城県】 中埣(ナカゾネ)小学校 野鳥観察クラブ

    学校周辺で実施した野鳥観察会
    地域の野鳥観察活動
    助成額:19.8万円
    活動レポートを見る

    林業振興課の方の指導の下、餌木(ムラサキシキブ)の植樹、野鳥観察会、愛鳥教室を実施しました。野鳥観察会では助成金で購入した双眼鏡を使用し、学校周辺で見られるマガンヒヨドリトビなど様々な野鳥の観察を行いました。愛鳥教室では野鳥の生態について学習し、身近な野鳥に興味を持つ児童が多く見られました。今後も双眼鏡を活用し、自然に親しんでいけたらと思います。

    閉じる

    【宮城県】 石巻市立桃生小学校 野鳥の会

    巣箱づくり
    地域愛鳥学習
    助成額:19.8万円
    活動レポートを見る

    桃生小学校区は、里山や田が広がる自然豊かな所です。5月には宮城県東部地方振興事務所森林管理班や森林組合の皆様のご協力で、4年生が野鳥の誘鳥木の植樹を行い、その後助成金で購入した双眼鏡等で、夏鳥の観察を行いました。11月には5年生が野鳥の巣箱づくりを体験し、2022年2月には近隣の沼で冬鳥の観察を行い(予定)、年間を通した地域愛鳥学習を行いました。

    閉じる

    【新潟県】 里山ビジターセンター内 「秋葉里山ガイドの会」

    本物のホオジロの巣
    小学校の出前授業(課外活動)や市民向けガイド活動を通し野鳥観察及び保護の啓発
    助成額:8万円
    活動レポートを見る

    ■市民対象里山ガイド:里山案内中(10/30)に「トビ柱に遭遇」観察&解説。
    ■小学校の里山授業:地元の3年生34名に(6/29教室、7/8・11/5里山)野鳥学習・観察指導他。
    ■地元FM局での啓発活動:夏鳥について(5/10)、鳥が森を育てる-1(7/12)、秋~冬鳥について(9/13)、鳥が森を育てる-2(11/8)、1/10と3/14は未定。以上を実施しました。 ‬

    閉じる

    【栃木県】 栃木市立赤津小学校 児童会 愛鳥活動

    講師の先生をお招きした毎年定例の野鳥観察会
    赤津地区の野鳥の経年観察から地域環境を考える
    助成額:15万円
    活動レポートを見る

    関東平野北西縁に位置する赤津小学校は、毎冬、隣接する赤津川で多種にわたる野鳥の観察を行っています。2021年度は、経年観察の記録を校内のビオトープ整備に生かし、地域の環境保全について考えて活動しました。今後も日常的に野鳥の観察活動を行い、蓄積したデータを次世代に繋いで、自然への興味関心を高めて、生命尊重の心を育んでいきたいと思います。

    閉じる

    【東京都】 福生市立福生第五小学校 愛鳥委員会

    春の野鳥観察会
    自然を大切にする愛情豊かな児童を育てる愛鳥活動
    助成額:10万円
    活動レポートを見る

    1972年に東京都より愛鳥モデル校の指定を受け、NPO法人自然環境アカデミーの支援を受けながら年間を通して活動しています。2021年度は、年2回(春と冬)の野鳥観察会と多摩川の環境理解を深めるための自然観察会(秋)を行いました。また、学期に1度の愛鳥博士認定テスト実施や、高学年児童による巣箱作成、営巣状況の調査等を行っています。

    閉じる

    【神奈川県】  宮ケ瀬湖 鳥類調査グループ

    普及啓発用ステッカー配布
    宮ケ瀬湖における水鳥保全のための調査と普及啓発用ステッカーの作成
    助成額:20万円
    活動レポートを見る

    宮ヶ瀬湖鳥類調査グループは水鳥の保全を目的として宮ヶ瀬湖に棲息する水鳥調査を実施しています。助成金で購入した双眼鏡で6月の繁殖期と12月、1月の越冬期に調査を実施し、2022年1月にはカモ類合計とカンムリカイツブリが過去最高数記録されました。また、普及啓発用ステッカーを、宮ヶ瀬湖周辺の施設に設置、配布し、水鳥保護のための啓発活動を行いました。

    閉じる

    【山梨県】 山梨市立笛川小学校 自然観察クラブ

    巣箱の取り付け
    野鳥観察
    助成額:20万円
    活動レポートを見る

    2020年、2021年、通年で自然観察クラブで活動してきました。自然観察クラブの活動は、自然に興味を持つ児童を集めて、双眼鏡やフィールドスコープなどを活用して、学校の周辺や野外活動で行った清里などで色々な野鳥の観察を行ってきました。また、自然観察クラブの活動で学校の木に巣箱を取り付け、野鳥の来るのを楽しみにしている様子も見られました。

    閉じる

    【三重県】 日本野鳥の会三重

    看板設置作業
    伊勢湾西海岸に生息、繁殖する水鳥の調査および保護
    助成額:12万円
    活動レポートを見る

    伊勢湾西海岸のシロチドリ繁殖保護のための看板を作成し、海岸管理者の海岸占有許可を得て津市香良洲海岸と白塚海岸に計5本を立てました。その後シロチドリの繁殖を調査し、両海岸で計3羽のヒナの孵化を確認しました。24ページ(A5版)の海岸保護パンフレットを印刷して2022年1月に会員に配布し、今後は三重県総合博物館、三重県民の森、愛知県弥富野鳥園などで無料配布の予定です。

    閉じる

    【奈良県】 野鳥にやさしい馬見丘陵公園をめざす会

    野鳥展閲覧風景
    野鳥にやさしい公園づくり
    助成額:15万円
    活動レポートを見る

    毎月の探鳥会(感染症対策の上)実施とブログの更新をし、鳥記録の毎月配信や県公園HPへの野鳥の解説・写真・旬報等の掲載をしました。馬見丘陵公園の野鳥展(2日で800名来場)を開催し「馬見丘陵公園の野鳥」(A4版カラーp28)500冊を配布。公園所長との定例会年4回(園内を巡りながら野鳥の立場から説明・要望)を行い「野鳥にやさしい維持管理」が徐々に配慮され、実現されつつあります。

    閉じる

    【兵庫県】 神戸市立舞多聞小学校PTA

    巣箱
    野鳥が集まる花壇づくりを通した命の学習
    助成額:5万円
    活動レポートを見る

    感染症対策のため、「生き物が暮らしやすいまちづくり」講習会はオンラインまたは規模縮小で実施しました。講師のご指導を受けて、栽培委員児童が、実のなる樹々を植え、巣箱をかけ、ビオトープで在来種を育てました。シジュウカラメジロキビタキが実を啄みに現れ、花壇横の斜面にキツネが巣穴を掘り、様々な生き物たちが暮らし始めています。

    閉じる
  • 「水辺の大型鳥類保護部門」
  • 「鳥類保護団体への活動助成」部門
  • 「地域愛鳥活動助成」部門

過去の実績や、助成プロジェクト募集要項など、より詳しい情報はこちら

どうしてサントリーが愛鳥活動を? サントリー世界愛鳥基金を動画でご紹介 「水辺の大型鳥類保護」部門 「鳥類保護団体への活動助成」部門 「地域愛鳥活動助成」部門
このページの先頭へ