ペットボトルを冷蔵庫から出して常温で置いておくと「バン」と大きな音がなるのはなぜですか?

大きな音がなるのは、ペットボトル内の空気(中味)の温度が変化したことで空気の体積が変化したためです。

空気の体積は、温度が上がるほど大きく、温度が下がるほど小さくなります。
冷蔵庫で冷やされ、容器内の空気の体積が小さくなったペットボトルを常温に置くと、容器内の空気の温度が上がり、体積が大きくなります。
これにより、ペットボトルの内側から外側へ押す力がかかり、容器が元の形に戻ろうとする(膨らむ)ことで音がなります。

2L等の大容量容器で中味が少ない(容器内の空気が多い)場合に、特にこの現象が起こりやすいです。

対策として、
・こまめに冷蔵庫に入れるなどして、ペットボトルを長時間常温で置いておかない
・冷蔵庫から出した後に栓を開けて容器外の空気を入れる
等があります。

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【取り扱い・保存方法の関連FAQ】

Q&Aを探す

このページを共有する

お酒に関する情報の共有は20歳以上の方に限られております。

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。
のんだあとはリサイクル。

適正飲酒について

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED.
ALL RIGHTS RESERVED.