サンバーズ選手同士のスペシャル対談

Talk × Talk岡本祥吾 × 米山達也 × 松崎廣光

「2009年入団、同期トリオ」

2009年入団の同期トリオが登場!意外や意外、3人そろっての座談会は今回がはじめて。マイペースな岡本選手に、「野生児」の異名を持つ米山選手、そしてアーティスティックな才能爆発の松崎選手と、個性のまったく違う3選手。リラックスした雰囲気の中、トークはスタートしました。

同期が集まったのは、2回だけ!

初の同期座談会ですね。

米山 ホント?
岡本 はじめてだよ。
松崎 3人セットははじめてだよね。
岡本 プライベートでも3人で集まることはほとんどないからね(笑)。
松崎 2回くらいかなあ。入団1年目に3人で焼き肉屋に行ったよね。
すごく安かったのを覚えている。
米山 そこに、僕いた?
松崎&岡本 いた、いた!
米山 まったく記憶がないわ~(笑)。

No.6 岡本祥吾(セッター)

岡本家の使われていないフライヤーの謎

岡本 あと、3年目の大晦日に僕の家に来たじゃん。
米山 それは覚えている!
岡本 天ぷらを揚げたいと言い出して…。
米山 誰が?(※キョトンとした表情で)
岡本 確か、君だったと思うけど(苦笑)。
松崎 大晦日だし、天ぷらそばを作ろうと達也が言い出したんだよね(笑)。かき揚げとか、いろいろ揚げて。
米山 うまく衣がくっつかなくて、それっぽくはなったけど、お店で見るような天ぷらではなかった(笑)。
岡本 実はさ、岡本家では家でフライや天ぷらといった揚げ物は作らないのですよ。でも誰かが作りたいというから、わざわざフライヤーを買いました。
米山 そのために買ってくれたの!
岡本 あれ以来、フライヤーは使っていません(笑)。
米山 ごめんね!

捕まる側と捕まえる側!?

3選手が寮にいた頃はどうだったのでしょうか。

松崎 僕と岡本はひとりでいるのが好きで、達也はみんなと一緒にいるのが好きなタイプ。僕と岡本がもっと達也の相手をしてあげたら、もっと3人でいたとは思うんですけど(笑)。
米山 2人とも部屋にいないんだよね。いたとしても僕が部屋に行くと、「やめてくれ!」みたいな顔をされる(※不満げな米山選手)。
岡本 皆さんご存知のとおり、米山選手はスキンシップの際のパワーがハンパないんですよ(笑)。もう少し抑えてくれたら僕も相手ができるんですけど、僕がゼロで米山選手は100というぐらい、圧倒的なパワーの差がある(笑)。それに僕はよく金子(隆行)さんに捕まっていたからなあ(笑)。達也の相手ができなかった。(「これ見たら、金子さん怒るかな?」と岡本選手)
松崎 僕は柴田(恭平/2009年~2011年在籍)さんによく捕まっていた(笑)。
米山 捕まる側の岡本とまっちゃん、僕は捕まえる側(笑)!

No.20 米山達也(ウイングスパイカー)

3選手の出会いは?

ところで、はじめての出会いを教えてください。

岡本 まっちゃんとは、中学生の頃。選抜の合宿でよく一緒になっていて、1対1ではあまり話すことはなかったけど、宿舎でみんなとわいわい喋っていた。
松崎 岡本の通っていた中学は強豪校で、その中で一番スパイクを打つセッターとして岡本は有名だった。ツー(アタック)ばっかり打っていたよね。
岡本 長崎県選抜の中で知らない選手がいるなって思っていたら、それがまっちゃんだった(笑)。重村(健太/現・豊田合成トレフェルサ)とかは知っていたんだけど。
松崎 僕の中学は県大会にも出たことがなかったから。僕はまったくの無名選手だったもん。 達也とはじめて話をしたのは、高校3年の中国遠征かな。
岡本 僕がセッターで、まっちゃんがスパイカーで、達也がリベロ。達也はあの頃からスパイクのパワーがハンパなかったよね。リベロなのにスゴイと思った。

今も昔も変わりません(笑)

米山 その前に3人一緒になってない?高校2年の春高バレーの後の大会で。
岡本 思い出した、スターマックス(「全日本ジュニアオールスタードリームマッチ」のこと。中学選抜、高校選抜がそれぞれスターとマックスに分かれて試合を行う)!
松崎 そうそう。あの大会には、冨士田も牟田も出ていたよね。
米山 僕はその大会、大村工業の子をいじっていたなあ(笑)。その子がウォークマンを聞きながら寝ていたので、こっそり音量を大きくしたりして。宿舎を徘徊しながらいじれる子を探していた(笑)。
岡本 達也は中国遠征の時も、後輩をいじったりするハジけるメンバーの中にいたもんね。
松崎 遠征中、達也は僕のことを「しげる、しげる」って呼んでいじってきた(笑)。
米山 僕の携帯電話には、未だにまっちゃんのことは「松崎しげる」で登録されてある(笑)。

まっちゃんの告白…

松崎 あと印象に残っているのは、達也が標準語を話していたこと。僕からすると、達也はすごく都会の人だった(笑)。僕も岡本も九州だし、お互いの方言で話していたから、あの時はただただ標準語に圧倒されて…。
岡本 僕らは聞き取れるけど、話すことはできなかったもんね。
米山 (笑)。僕も埼玉県の田舎の方の出身なのに、ただ標準語を話すというだけで都会の人と思われていたんだ(笑)。
松崎 達也と話す時は、なんとか標準語を使おうとしていたもん。それで長崎に帰った後も、地元の友達に「標準語が抜けないわ~」なんて自慢していた(一同爆笑)。今、考えるとめちゃめちゃ恥ずかしい~。

No.21 松崎廣光(ウイングスパイカー)

みんな、成長しました!

長い付き合いの3選手ですが、サンバーズに入部してからお互いに変わったな、成長したなと感じるところはありますか?

岡本 米山の野性味が、年齢のせいか少し薄れてきたかな(笑)。
米山 エネルギーを使い過ぎちゃって(笑)。
岡本 人間的には随分と丸くなったよね。だけど後輩には厳しい!でもそこがいいところだと思う。僕はマイペースなので、後輩が良くないことをしても流してしまう。
松崎 僕の見解だけど、岡本はマイペースを装っていると思う。チームの人のことを一番よく見ているし、チームのことを一番よく考えている。
米山 僕は何も考えていない(笑)。
松崎 岡本は世界のバレーボール事情にも詳しいし、バレーに対する考えをしっかり持っている。だからお酒の場になると、ついつい言っちゃう(笑)。
岡本 (笑)。自分があまり人に言われたくないタイプなので、言わないようにしているんだけどね。自分で考えた方が絶対に成長すると思うので、普段は「こうすればこうなるんじゃない?」なんて、なんとなく匂わせるぐらいにしか言わないけど、お酒が入ると「こうだろ!」となっちゃう(笑)。
松崎 ほら、本当はマイペースではないんだよ(笑)。自分のことしか考えていないようで、考えている!
岡本 まっちゃんは怪我が少なくなったよね。
松崎 もう若手とは言っていられない年齢になったし、がむしゃらにやるだけではいけないと(山村)宏太さんにも言われて、怪我をしないように体調管理をちゃんとするようになった。V・プレミアリーグで結果を残そうと思ったら、他の人と同じことをしていてもダメ。そういうところで差を埋めるようにしないといけないなって。
米山 岡本も練習後、監督室でよくデータを見ているよね。
岡本 見られていたか!早く寮に帰れ(笑)!(※努力している姿を見られるのがイヤな岡本選手)

この2人が同期でよかった!

では最後に、お互いのよいところは?

米山 まっちゃんは僕の面倒をよく見てくれる!
岡本 達也は野性味あふれるところかな(笑)。
米山 そこしかないのかよ(笑)!じゃあ岡本は家族を大事にするところ。
岡本 そりゃそうでしょ!
松崎 ちょっと話が変わるかもしれないんだけど…。
岡本&米山 ナニ、ナニ?
松崎 1年目、2年目の頃はいろいろと仕事があったけど、僕らは誰かがミスしたらカバーしたり、先に自分の仕事が終わったら他の人の分までやったりと、持ちつ持たれつ、お互いに助け合ってやってきた。みんな思いやりがあるし、これまでケンカというケンカをしたことがない。改めてこの2人が同期でよかったと思った。
米山 おお~っ(拍手!)。
岡本 確かに3人ともキャプテン経験があるし、それで周りが見えるというのはあると思う。こうしたらもっと良くなるんじゃないかなとか考えられる。そういう3人だよね。
米山 いいシメだね。話を変えてよかった(笑)!

これからも3人で助け合ってくださいね!

米山 まっちゃん、岡本、助けてくれよ(笑)!
岡本&松崎 お~っ(笑)!

(取材:2014年4月)

TOP