ちょこっとサンバーズ

近畿総合ウラ話

皆さん、こんにちは。
ブログの更新に少し間があいてしまいましたが、サンバーズは休むことなく、トレーニングや練習に励む日々を送っています!

8/31-9/1に行われた第55回近畿6人制バレーボール総合男子・女子選手権大会では、たくさんのご声援をいただきありがとうございました!
お陰様でサントリーサンバーズは2年ぶり14回目の優勝を果たしました!

今日は、試合レポートに書き切れなかったウラ話をご紹介します。

■橋本選手が、公式戦デビューをしました!
「久々の試合だったのでとても緊張しました」とのことですが、今後の活躍に期待が高まります!

■同じく、公式戦デビューを果たした新人・椿山選手。
決勝戦では第3セット終盤に登場。
最後のブロックは椿山選手が決めたように見えましたが・・・

試合後、真相を確かめるべく阿南スタッフが「最後、もってった?」と聞くと、
満面の笑顔で「ハイ、もっていきました」と。
持っている男、椿山伝説の始まりか!?

■ウィングスパイカーの松崎選手は、準々決勝ではなんとリベロで出場しました。
前日の夜にポジションを聞かされ、たいそう驚いたそうです。

試合後、「ついついスパイクのコースに入ってしましい、柴小屋さんとぶつかりそうになりました。リベロは新鮮でしたが、もう今回限りで・・・」と笑っていました。

■塩田選手は、5月の黒鷲旗に続いて、サーブにブロックに大活躍!
見事にMVPを受賞しました!!

たくさんのあたたかいご声援、ありがとうございました!!

このページの先頭へ