ちょこっとサンバーズ

サカモっさんの涙・・・。ツマさんの涙・・・?

2012年3月25日。
2011/12 V・プレミアリーグ3位決定戦が現役最後の試合となった#3坂本雄一郎選手と#11津曲勝利選手。

試合前夜、坂本選手はサンバーズツイッターに、

「最後にひとつ気になることが・・・いつも冷静であまりおもてに感情を出さない津曲は試合終了後、泣くだろうか??興味があります。ちなみに涙もろい私は100%泣くと思います(笑)」

とコメントを寄せていました。

実際はどうだったのでしょうか!?
12年間サンバーズを支えてきた津曲選手に涙はあったのか!?
その真相に迫るべく、二人の様子を取材しました。

-----------------------------------------------------

まずは、100%泣く宣言をしていた坂本選手はというと・・・

試合前からウルウル。
試合中もウルウル。
試合後に整列したときは、「もうこのメンバーで、この場所で、試合をすることもないのか・・・」と思い、さらにウルウル。

だったとか。

宣言どおり、涙の卒業試合となりました。

さて、一方の津曲選手。

-現役最後の試合、涙は出ましたか?

「・・・ん?全然。」

-坂本選手は試合前からウルウルしていたそうです。

「あー、アイツは泣き虫だからね。俺も『泣いた』とか言ったほうがいい?(笑)」

と、やはり冷静、そして穏やか。

涙はなく、笑顔の卒業試合となりました。

そんな津曲選手も、試合後、息子さん二人が花束を持って駆け寄ってきた時には、実はちょっとウルッときたそうです。

が、その直後、二人がすぐにスーパーサンバーズくんのほうに走っていく様子を見て、「俺じゃなくてそっちかよ!!」と涙はすぐに引っ込んだとか(笑)

ということで、「やはり津曲選手は泣かなかった!」というのが、真相でした。

試合後にロッカールームで撮った写真。すがすがしい笑顔たち。

2012年4月。ユニフォームからスーツに着替えた坂本選手・津曲選手は、第二の人生を歩み始めます。

このページの先頭へ