社会貢献活動

SOCIAL ACTION WORK

2017712日(水)

豊能町バレーボールクリニック

  • 日時
    7月12日(水)14:40-16:40
  • 会場
    豊能町立スポーツセンター シートス(大阪府豊能郡豊能町)
  • 参加
    中学生 13名 / 豊能町家庭婦人 35名

講師:(選 手) 鈴木、高橋、酒井、岡本、鶴田、塩田、松林
   (スタッフ)荻野、山村、佐別當


この日は2箇所に分かれてのクリニック。豊能町のクリニックは、荻野監督が統括を務めました。まず、クリニック初参加である、サンバーズのストレングス&コンディショニングコーチを務めるジャイミ氏が、体操&ストレッチを担当。普段サンバーズが行っているメニューを入念に行いました。
身体がほぐれたところで、松林選手による指差しアップをしましたが、初めてのためか、笛を吹くタイミングや指のさし方がぎこちなく、リズム感のないゆるい感じに、会場内からは笑いが起こりました。
次にボールを使った基本練習、シートレシーブへ。毎年サンバーズの選手の強打を受けているからか、逃げることなくボールに立ち向かい、スキルアップした参加者が増えていました。
そのあとは、部門練習(シートレシーブ、サーブレシーブ、スパイク)へと移り、最後にサンバーズの選手も参加者と同じコートに入ってのゲームを展開。
高橋選手と松林選手は、中学生と6対2で戦い、中学生には山村コーチがアドバイス。2人の選手は「さすがはサンバーズの選手!」というプレーを要所で見せたものの、さすがに2人ではコート全体を守りきれず、フェイントで得点を奪われる場面もあり、楽しくクリニックは終了しました。

社会貢献活動一覧

TOP