お知らせ 2019年2月25日(月)

勇退選手のお知らせ

いつもサントリーサンバーズにあたたかいご声援ありがとうございます。

この度、ミドルブロッカーの鈴木寛史、セッター岡本祥吾が2018-19 V.LEAGUE DIVISION1をもって勇退しますので、
ここにご報告申し上げます。

鈴木寛史は、2005年の入団以来、サンバーズの大きな壁として抜群のブロック力を発揮し、日本代表にも選ばれ活躍しました。
2006/07 V・プレミアリーグ優勝・天皇杯優勝・2度の黒鷲旗優勝に大きく貢献してくれました。
2015年には2014/15 V.プレミアリーグにおけるブロック賞や通算数230試合以上出場し、Vリーグ栄誉賞も受賞いたしました。

岡本祥吾は、2009年に入団し、新人にも関わらずメインセッターとして活躍し、
翌年の天皇杯では正確なトスワークによって優勝へと導いてくれました。2度の黒鷲旗優勝にも大きく貢献してくれました。

これまであたたかいご声援をいただきました皆様に、厚く御礼を申し上げます。
勇退のコメントにつきましては、2018-19 V.LEAGUE終了後に当ホームページに掲載する予定です。

サントリーサンバーズは、2018-19 V.LEAGUE DIVISION1 ファイナルステージでの勝利を目指し、全力で戦って参ります。
勇退者ならびに、サンバーズへのご声援をよろしくお願いします。

このページの先頭へ