お知らせ 2015年8月26日(水)

荻野正二 JOCスポーツ指導者海外研修員派遣について

平素は、サントリーバレーボールチーム「サントリーサンバーズ」に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、サントリーサンバーズのアドバイザー、荻野正二(45歳)が、日本オリンピック委員会(JOC)のスポーツ指導者海外研修員として、2015年9月より、ブラジルに派遣されることが決定しましたのでお知らせいたします。
JOCスポーツ指導者海外研修員は、競技水準の向上と日本のスポーツ界を担う指導者の育成を目的として派遣されるものです。今回は、現地にて1年間、ブラジル・ナショナルチームの指導方法などを学ぶ予定です。

※JOCスポーツ指導者海外研修事業について
JOC加盟団体に所属している新進気鋭の若手指導者をスポーツ指導者海外研修員として海外に派遣し、その専門とする競技水準の向上に関する具体的な方法等について研修させるとともに、海外の選手強化対策、指導者養成の実態等について調査・研究に当たらせ、将来我が国のスポーツ界を担う指導者として育成するもの。

▼ 派遣先 ブラジル
▼ 派遣期間 2015年9月~2016年8月(1年間の予定)


以下は、荻野正二からのコメントです。


皆様、いつもサントリーサンバーズを応援いただきありがとうございます。
サンバーズアドバイザー荻野正二です。

私事ではありますが、今年の8月末から約一年間バレーボール指導者のレベルアップのためブラジルへコーチ留学に行く事になりました。
滞在場所はサンパウロ市とリオデジャネイロ市になります。

昨年は日本オリンピック委員会(JOC)が推奨するナショナルコーチアカデミーを受講し、今年は指導者として新たに挑戦したいと思い留学を決意しました。
来年には、ブラジルのリオオリンピックが開催されます。世界トップチームであるブラジルチームの強化や育成と若手選手の育成方針を実際に体験しコーチングすることで、自身の指導者としてのレベルアップに繋げたいと思います。

帰国した際には、皆様に指導者として成長できたところをお見せできればと思います。引き続きよろしくお願い致します。

サンバーズチームもV奪還目指しておりますので、温かいご声援のほどよろしくお願い致します。

では行って来ます。

荻野 正二

このページの先頭へ