お知らせ 2013年4月3日(水)

2012/13 V・プレミアリーグ終了後の勇退選手について

いつもサントリーサンバーズにあたたかいご声援ありがとうございます。

このたび、ミドルブロッカーの二木 健太選手、セッターの武市 康選手、ならびにウイングスパイカーの牟田 真司選手が、現在開催中の「2012/13 V・プレミアリーグ」終了(2013年4月14日)をもちまして勇退することになりましたのでご報告申し上げます。

二木選手は、2007年の入団以来、長身を生かしたクイックとブロックを武器にミドルブロッカーとして活躍し、「平成22年度 天皇杯全日本バレーボール選手権大会」の決勝戦ではチームの優勝に大きく貢献しました。
武市選手は2010年に入団し、「2010/11 V・プレミアリーグ」開幕戦において先発を務めるなど、高さのあるセッターとして多くの試合に出場してきました。
牟田選手は2011年に入団し、守備力も備えたスパイカーとして、入団1年目から試合に出場しましたが、度重なる怪我のため今リーグで勇退することになりました。
これまで二木選手、武市選手、牟田選手にあたたかいご声援を頂きました皆様に、厚く御礼を申し上げます。
3名の勇退コメントにつきましては、リーグ終了後に当ホームページで掲載する予定です。

サントリーサンバーズは、2012/13 V・プレミアリーグ ファイナルラウンド3位決定戦での勝利を目指し、全力で戦ってまいります。勇退選手ならびに、サンバーズへのご声援をよろしくお願いします。

このページの先頭へ