お知らせ 2012年4月2日(月)

坂本雄一郎選手 ラストインタビュー&メッセージ

いつもサントリーサンバーズにご声援ありがとうございます。
2011/12 V・プレミアリーグファイナルラウンドを最後に現役を勇退致しました#3坂本雄一郎選手のインタビューと皆様へのメッセージをお届けします。これまで坂本雄一郎選手にご声援くださった皆様に厚く御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

サンバーズは僕を大きく成長させ、一番、輝かせてくれた。

坂本雄一郎画像

—ラストゲームとなった3位決定戦vs堺ブレイザーズ戦には、どのような思いで臨みましたか?

今シーズンは膝の怪我もあり、チームに迷惑をかけていましたので、ベテランとして最後に何かできることはないかと考え、いつも以上に周りとコミュニケーションを取ってチームの雰囲気を盛り上げようと試合に臨みました。そしてマッチポイントでは、岡本(祥吾)からトスが上がってきて、結果的にスパイクを決め切ることはできませんでしたが、その気持ちがうれしかった。試合が終わった後は、“ついに(現役生活が)終わったんだな”と寂しさを感じて、自然と涙があふれてきました。

—表彰式では涙で目を真っ赤に腫らす坂本選手の姿が印象的でした。

現役最後の試合会場がバレーボールの聖地である代々木だったのも、感慨深いものがありました。僕は春高にも出場していない、無名校の出身です。こんな大舞台に一生立つことはないんだろうなと思っていた会場で、Vリーグや天皇杯の優勝を決めることができましたし、現役最後の試合もできた。いいバレーボール人生だったなとしみじみ思いましたね。

坂本雄一郎画像

—現役生活を振り返って、どんなことが思い出されますか?

きつかったこと、辛かったことをまず思い出すんだろうなと思っていたのですが、いざ引退してみると、優勝したことを含めて楽しかったことばかりが思い出されて。今になっては、辛いと思っていたことも、良い思い出です。

—これまでのバレーボール人生に、悔いはありますか?それとも完全燃焼だったのでしょうか?

無名校出身の選手が、日本一を争うチームに入ることができ、その中で現役最後のシーズンまで戦力としてコートに立てたことは奇跡だと思います。これで悔いがあると言っては罰があたりますよ(笑)。もちろんバレーボールが好きですし、身体が動く限りは現役でい続けたいという気持ちもありましたが、自分自身が思い描くプレーができなくなってきたことが引退のきっかけですし、今シーズンは、それに膝の怪我が重なって…。そういう意味では、この年齢までプレーでき、完全燃焼だったと思います。

坂本雄一郎画像

—長きに渡る現役生活でベストシーズンは?

高校からバレーをはじめて、卒業後、当時、地域リーグに所属していた日立国分に入団。ずっと中心選手として試合に出場し、チームも実業団リーグ(現・V・チャレンジリーグ)、さらにVリーグ(現・V・プレミアリーグ)へと昇格したのですが、2002年に廃部となり、サントリーサンバーズへと移籍しました。やれる自信もあり、3連覇中のチャンピオンチームにチャレンジしに来たのですが、なかなか試合に出られないシーズンが続いて。自分のプレーが通用しない、認めてもらえないという中で、随分と苦しい思いもしました。だけど試合に出たい、試合に出て優勝したいという一心で必死に取り組んで、自分自身、変わることができ、河野さん(現・ゼネラルマネージャー)が監督に就任された1年目の2006/07シーズンに、「今年はお前でいくからな」と言われました。そしてその年のV・プレミアリーグは、レギュラーとして開幕から試合に出場し、コートの中で優勝の瞬間を迎えることができた。あの優勝は本当にうれしかったですし、2006/07シーズンは、今、振り返るとベストシーズンだったと言えます。

坂本雄一郎画像

—坂本選手にとってサントリーサンバーズとは?

僕を大きく成長させてくれて、一番、輝かせてくれた場所。ここで経験した、すべてが僕の宝物です。

—最後に長年応援してくださったファンの皆様にメッセージをお願いします。

シーズン前に引退を発表したこともあり、日立国分時代からずっと応援してくださっている方をはじめ、多くの方々が会場へと足を運んでくださいました。皆様に最後のプレー姿をお見せすることができて良かったと思います。また長年のサポートに対し、改めて心から感謝します。ありがとうございました。4月からは横浜に赴任し、社業に専念しますが、サンバーズで経験したことを生かして第2の人生もがむしゃらに頑張りたいと思います。今後は僕も1ファンとしてサンバーズを応援していきますので、一緒にチームを盛り上げていきましょう。

坂本雄一郎画像

このページの先頭へ