「レセプションが自分の役目」。持ち味に気づいた大学時代

— 今シーズン、1年目ながらウイングスパイカーとして全試合に先発出場し、安定した活躍を見せている藤中選手。バレーを始めたのはいつ、どういうきっかけだったのですか?
両親がバレーボールをしていたことがきっかけですね。父はクラブチームの監督で、母もママさんバレーをしていたので、僕も記憶がないくらい小さい頃からママさんバレーについていって、体育館を走り回っていたそうです。だから自然と、小学校に入ったらチームに入ってバレーを始めましたね。
— 中学時代は、山口代表として出場したJOCカップで大活躍しチームを準優勝に導き、当時の全日本監督が「代表に呼びたい」と言うほどの高評価を得ていました。
そういう話はちらっと聞いたことがあるんですけど、「勝手に話が大きくなっているだけだろう」みたいな感じで、あまり真に受けてはいませんでした(苦笑)。いつか(全日本に)行きたいという気持ちはありましたけど、その頃は全然遠い話で、想像がつかない世界だったので。
— 初めて日本一を経験したのは高校時代ですか?
そうですね。高校2年のインターハイで初めて日本一になって、3年の時、地元・山口で開催された国体でも優勝できました。中学で選抜に選ばれたりして、そのあたりから上のレベルを意識するようになりましたけど、高校で日本一になってからは、よりハッキリと、Vリーグを意識するようになりましたね。
— 中学、高校時代は打ちまくって点を取るエースという印象でしたが、サンバーズでは、「自分の仕事はレセプション」だとご自身も言うように、レセプションが一番の持ち味になっています。大学でプレースタイルが変わったのでしょうか?
そうですね。ターニングポイントというか、今サンバーズでやっているプレースタイルがあるのは、大学で意識を変えられたから、という部分はあるでしょうね。専修大学では1年の時から試合に出させてもらっていたんですが、その頃に、打つ方ももちろんですが、「パス(レセプション)もお前の役目だ」と大学の吉岡達仁監督に言われて、そこから強く意識するようになりました。中学、高校でもパスはしていたんですけど、そういう「自分の役目」という意識になったのは大学からですね。もともとレシーブが苦手ではなく、好きでしたしね。
でも本当にその重要性を感じたのは大学の後半です。特に大学4年の時、初めて代表の候補に入ったんですが、それは「パスができるから」ということで呼んでもらえたので、「やっぱり大事だったんだな。やっててよかったな」と再確認しました。
— そのレセプションがサンバーズでのレギュラー獲得にもつながったわけですが、V・プレミアリーグの中でもサンバーズを選んだのはどうしてだったのですか?
自分が伸びる可能性が一番整っているかなと思ったので。チームに入る時に、守備型の役割ということで声をかけてもらったんですが、そう考えた時に、スタッフに津曲さん(勝利コーチ)がいるということは、レセプションやディフェンスをしっかり教えてもらえるな、と思って。それに加えて、守備だけじゃなく攻撃も伸ばしていきたいと思っていたんですが、その面でも、柳田(将洋)さんがいたことが大きかった。大学の頃から仲良くしてもらっていて、自分から聞けばいろいろと教えてくれる人なので、攻撃の部分でも伸ばせるなと思って、そういう意味で整っているかなと思ったんです。
— 津曲コーチにはどんなアドバイスをもらいましたか?
僕はパスする時に時々、体がファーッと浮いてしまうので、それを抑えるようにとはよく言われますね。試合中にも自分が気づいていない時に、一言かけてくれたりするので助かります。津曲さんはリベロだったので、その後スパイクを打ちに行くことがないから、ウイングスパイカーとまったく同じではないんですけど、津曲さんの手本を見たり、経験や考え方を聞いて、それを踏まえて自分が考えることで、しっくりくる答えを見つけられたり、自分に合った取り入れ方ができています。自分はスパイカーにしては低めの姿勢で取るタイプなので、津曲さんの言われることが結構しっくりきますね。大学までは感覚でやっていた部分がありましたが、こっちにきてから的確な助言をもらえるので、それを踏まえて、自分のことがわかるようになってきました。
— 攻撃面では、柳田選手からはどんなことを?
柳田さんは海外のチームとも対戦していて、悪い状況の時のリバウンドのもらいかたとかもうまいので、教えてもらっています。柳田さんは聞きやすいし、尊敬しているので、自分にすんなり入ってきます。

使い続けてもらったので、「応えないとな」と奮起

— サンバーズで1年目の今シーズン、V・プレミアリーグの開幕戦で先発を勝ち取りました。開幕戦のコートに立った時の心境は?
緊張はしていなかったんですけど、なんだか相手と戦うより、自分と戦っているような感じでしたね。相手が何をしてくるかじゃなく、「自分の調子がどうだろう?」みたいな。でもとりあえず自分の仕事はパスなので、それをしておけば大丈夫かな、というところはありました。
— そこから全試合で先発出場を続けていますね。
1年目の人間を初戦の東レ戦に出してくれて、その試合に負けても、また次の試合からも使ってもらえているというのは、ありがたいと思ったし、結果を残さないとな、という思いでした。だって、初戦のメンバーで勝てなくて、次の試合まで1週間空いたので、そこでメンバーを代えて修正してもおかしくなかったし、代えるとしたら1年目の自分かなと思っていました。でもそこで代えずに使い続けてもらったので、「起用に応えないとな」という気持ちがありました。
— レセプションの安定感に加えて、同じ大学の1年先輩だったセッター山本湧選手との息の合ったコンビも武器になっているのでは? 山本選手にとってはトスを上げやすい選手のように見えます。
どうなんですかね。でも確かに、なんとなくわかりますね。ラリー中とか、「ここは自分に上げてくるだろうな」というのは言われなくても感じたりするので、たとえ悪いトスが上がってきたとしても、くるとわかっている分、カバーできる部分があります。また、僕がパスをする時に、湧さんが欲しいボールもわかりますし。湧さんだからやれているというのはあるかもしれません。
— 今シーズンに限らず、この先、藤中選手が目指す理想の選手はどんなイメージですか?
簡単に言えば、パスもできて攻撃もできる選手。パスができる分、攻撃を減らすんじゃなく、例えばパスはリベロと自分が2人で中心になりながら、そこから攻撃にも参加できるような選手になりたいですね。今はオポジットがいるので、困った時にボールが上がるのはそこでいいと思いますが、普通に上がってきたボールをうまく処理できるようにはなりたいですね。相手からしたら、そんなにマークを濃くするわけにはいかないけど、薄くしたら決められるから、「あいつうざいな」と(笑)。「お前なんかマークする暇ないのに、マークしないといけないじゃん」みたいに思われたいですね。理想の選手を挙げるとしたら、元ブラジル代表のジバ(ジルベルト・ゴドイフィリョ)選手。(レセプションを)取ったあと、全速力でスパイクを打ちにいく、そういう姿勢がすごいなーと思っていました。
— 今後の目標は?
いっぱいありますけど、サンバーズでタイトルを獲りたいですし、個人的には、代表に入って、東京五輪を目指したいです。東京五輪というか、オリンピックというものを意識していて、それがたまたま東京で開催される。高校の時も地元の山口で国体があったし、“地元で”という巡り合わせがあるのかなと感じます。でも、仮に代表に入れたとしても、そこで満足はしたくない。世界で勝つことを目指したいです。
— 最後に、今季の終盤戦への意気込みと、ファンの皆さんへのメッセージをお願いします。
ファイナルラウンドは負けられない試合が続きますが、チーム一つになって、自分たちで勢いをつけて一気に勝ち進みたいなと思います。いつも試合会場で声をかけてくれたり、応援していただいている声はしっかり聞こえています。いつもありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします!

藤中 謙也

山口県周南市出身。ウイングスパイカー。

持ち味であるディフェンス力を武器に、チームを支えるザ・縁の下の力持ち。
渋いプレーで観ている方を魅了し、サンバーズのエースとしての活躍が期待される。

このページの先頭へ