魅力的な選手を研究し、自分のものにした学生時代

— 栗山選手がバレーボールを始めたきっかけは?
姉がバレーボールをしていて、小学3年の時に僕もバレーを始めました。それまでは柔道や水泳、習字を習っていたのですが、バレーを始めてからは他の習い事は辞めました。バレーが一番面白かったので。父はずっと柔道をやっていた人なので、僕にも柔道を続けて欲しかったようですが、今ではバレーでよかったなと言ってくれてます。
— 高校生の頃、九州では同級生の冨士田裕大選手、事務局の牟田真司さん、それと栗山選手の3人が「三羽がらす」と呼ばれていたそうですね。
それは後になって知りました(笑)。裕大と牟田は中学の時からずば抜けてすごかったけど、自分は全然、ずっと下のほうでした。僕は選抜にも入っていなかったし、僕の高校(佐賀商)は弱かったし、九州にはすごい選手がいっぱいいたので。九州のチームが練習試合で集まった時に、僕が裕大に話しかけられると、チームメイトに「すげーなお前、あんなスター選手と話せるなんて」って言われてました(笑)。裕大は練習試合や大会で会うと、「元気?」とかちょこちょこ話しかけてくれて、仲良くしてもらってました。
— その冨士田選手と、サンバーズでチームメイトに。
裕大は高校からすぐサンバーズに入っていたので、僕が入った時にはすごく大人になっていて、先輩みたいな感じでいろいろ教えてもらいました。裕大は高校時代は細かったのに、その頃にはすごく体ができていて、腕なんて2倍くらいになっていたから「どうしたらそんなふうになんの?」とびっくりしましたよ。今でも覚えているのは、僕が合流したばかりの頃、名古屋でご飯に連れて行ってくれたこと。裕大がおごってくれて、すごく嬉しかったですね。高校時代の話や、社会人としてやっていくには、とか、いろんな話をしました。3年目ぐらいまでは先輩感覚でしたけど、最近はやっと同級生という感じになりました。
— 高校時代の栗山選手はどんな選手だったのですか?
周りにすごい選手がいると、刺激を受けて、その人のビデオを見まくって研究していました。高校でも大学でも、監督に教えてもらうというよりも、自分で「これいいな」と思う選手のプレーをマネして、勝手に吸収していました。例えば米さん(米山達也)のサーブの打ち方とか、マネしましたね。高校生の時、「坂戸西高に米山っていうすごい選手がいる」ってビデオを見せられたんです。それを見て、「すげー! オレ、米山達也のマネする」と言ってやってました。大学の時は柴小屋(康行)さんのビデオをよく見てましたね。一番打数を多く打っていましたから。
— 今サンバーズにいる選手たちを見本にしてきたわけですね
そうなんですよ。だから大学4年の時、サンバーズから誘いをいただいた時は本当に嬉しかったです。結構遅い時期だったのに就職先も決まっていなくて、やばいなと思っていましたし(苦笑)。
— ずっとV・プレミアリーグでプレーすることを目指していたのですか?
小学生の頃から日本代表になるのが夢でした。そのためにはVリーグに行かなきゃいけない、と思って。
— 今、将来の目標に置いていることは?
一番大きな目標はリオデジャネイロオリンピックに出ることです。
— 全日本には2011年に初招集されましたね。
あの時はサンバーズに入って1年目で、まだVリーグにも出たことがなかったので、話が来た時はびっくりしました。当時監督だった荻野(正二)さんに「合宿な」と言われて、「ほんとですか? ドッキリですか?」って何回も聞きましたよ(笑)。
ずっと全日本でプレーしていたすごい人たちの中にいきなり入って、精神的にきつかったですね。でも初日に(山村)宏太さんや宇佐美(大輔)さんたちスターが集まる食事会に誘ってもらったり、結構かわいがってもらいました。そういう人たちと一緒に練習して、「もっとうまくなりたい」とすごくいい刺激になりました。目線が上がって、意識が変わりましたね。

工夫をしないと、この世界ではやっていけない

— サンバーズに入って4年目。着々と進化していますね。
レベルが高すぎて1、2年目はついていくだけでいっぱいいっぱいでした。でも一昨年ぐらいからちょくちょく試合に出るようになって、徐々に自信というか、やれるんじゃないかという感じになって、順調に成長しました(笑)。僕はずっと練習でBチームに入っていたので、宏太さんや鈴木(寛史)さんを相手に打つわけです。そうすると、普通に打っていたらほぼ止められる(苦笑)。あの2人は日本のミドルブロッカーの中でトップの2人ですから。だから、「2人を相手に決めるためには工夫せんといかん」と思って、毎日の練習でいろいろと試したり、駆け引きをするようになりました。それが楽しくて。試合でもそういうことができるようになったら、ますます面白くなりました。
— 確かに栗山選手のスパイクには1本1本工夫が感じられます。
考えないと、やっていけないですから。飛び抜けた高さのある人や、めちゃくちゃパワーのある人ならいいですけど、僕はそうじゃないですからね。
— 今季はオポジットからウイングスパイカーにコンバートされましたが、不安はなかったですか?
レセプションをすることにはすごく不安がありましたけど、攻撃に関しては、オポジットの時も、レフトから打っても決まっていたので大丈夫かなと。ブロックも、僕はライト側よりレフト側の方が得意なので。踏み切る足が違うせいか、レフト側の方が高くジャンプできるし、外側の手を前に出しやすいんです。
— 今季ブロックが好調なのはそういう理由もあるんですね。
開幕からずっと試合に出させてもらって、映像を見て研究したり、指導してもらいながら、だんだんわかるようになってきました。ブロックも駆け引きです。止まるようになったら面白いですね。
— レセプションも大崩れすることなく?
それは金子(隆行)さんと鶴田(大樹)にめちゃくちゃ広い範囲をカバーしてもらっているからです。かなり負担がかかっていると思います。本来ならあの2人はもっと高い返球率を残せるはずなんですけど、無理して僕のほうまでカバーしてくれているので……。今はとにかく、ものすごく速いサーブも、エースはとられずにコートの真ん中に返すというのが自分の課題です。
— 3月1日からはいよいよファイナルステージがスタートします。
今年は優勝できるチャンスだと思います。「ここには絶対勝てない」というチームはありません。この間も選手何人かで話をしていたんですが、優勝経験のある宏太さんや阿部(裕太)さんは、すごくいろんなことを考えてくれていると感じました。その中で僕はすごく自由にやらせてもらっている。阿部さんが気持ちよく打たせてくれるから、それをしっかり決めて、自分の範囲のレセプションを頑張って上げる。そして、「ここ1本ほしい」というところで上がってくるトスを、1本でも多く決められたら、チームが乗っていける。
レギュラーラウンドでは50%くらいの決定率を残せて、その数字だけを見ればオッケーラインだと思うんですが、振り返ると「あれは絶対に決めとかなきゃいけなかった」という場面がある。1試合に2、3本そういう場面で決められるようになれば、チームとして大きい。プレッシャーはあると思うけど、そこで決められたら、もう一皮むけるかなと思うんです。ブロックやサーブもそうですが、「ここ頼む」というところで、1点を取れるように、チャレンジしたいですね。
— 最後にファンの皆さんにメッセージを。
今シーズンは「期待されてるんだな」と感じる声をよくかけていただきます。だから、そういうファンの方たちや、寮のおじちゃんや、恩師の方たちなど、これまで携わってきた人たちに結果で恩返しがしたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします!

栗山 雅史

佐賀県嬉野市出身。ウイングスパイカー。

豊富な跳躍力が持ち味のウイングスパイカー。ブロックの上から放つスパイクは必見。

このページの先頭へ