“日本一”を目指し突き進んできたバレー人生

— これまでのバレー人生で、今の金子選手のベースが作られた時期というのはいつ頃でしょうか?
一つ目は深谷高校時代で、二つ目は東海大学時代ですね。僕は最初セッターとして深谷高に入ったんです。中学までバリバリのアタッカーでしたけど、当時は大きくなかったので、監督に「セッターとして考えてるから」と言われて、「自分がどんなポジションでも、日本一になれればいいや」と考えて入りました。でも、いざ高校に入ると、サーブレシーブができるからやっぱりアタッカーだ、ということになって(笑)。1年上には堺の石島(雄介)さんや元JTの小川(旭)さんたちがいて、高くてすごい人ばかりだったので、最初はスパイクを打っても決まらなかったですね。その中で決めるために、体の使い方とかいろいろなことを学びました。自分が何をすれば活きるのかということも考えたし、レシーブを教え込まれました。
— 高校では何度も日本一を経験しましたね。
2年の時に三冠(春高バレー、インターハイ、国体)を獲りました。あの時は試合より練習の方がきつかったです。練習中はもうケンカケンカなんですよ。セッターは「お前打てよ」、スパイカーは「お前ちゃんと上げろよ」って、そういうことがしょっちゅうありました。でも試合になるとみんな助け合って戦っていたから、すごいチームだなーと思いましたね。
— 小中学生時代に日本一の経験は?
ありません。中学は県大会優勝まででした。あとは現在のJOCカップに埼玉県選抜で(米山)達也の兄ちゃん(米山裕太、東レ)たちと出場して準優勝しました。
— 同じ埼玉県出身の米山兄弟とは昔から親しかったのですか?
長い付き合いですよ。小学生時代から、チームは違いましたけど、よく試合をしていました。その頃は兄ちゃんが一人でスパイクを打ってて、達也はまだ小学3年とか4年で、コートの端っこにポツンといたことしか覚えてないですけど。その達也がもうこんなに大人になったのかって思いますよ(笑)。
— 大学も強豪の東海大に進みました。
僕が入った時4年には阿部(裕太)さんや酒井(大祐、JT)さんがいて、大学もまたすごいメンバーでした。そこで初めてフローターサーブを2人でサーブレシーブするというのを学んで、酒井さんと僕で全部取っていました。そのあたりからサーブレシーブ返球率を常に意識するようになりました。
1年の全日本インカレで優勝した時、大学で勝つって、今までの優勝とはちょっと違うなと感じました。東海大は、学生が、4年生中心に練習メニューも考えて全部やるという方針だったので、優勝した時は、自分たちで考えてやってきたことが証明できたんだという喜びがありました。また、大学の4年間で、人間的にもすごく変われたと思うし、大学で今の僕のほとんどのベースができましたね。
— どんな風に変わりましたか?
高校時代は自分がメインで、ちょっとえらそうなところがあったと思うんですけど、大学に入ってからは、謙虚さとか、いろんな人の意見を聞いてどんどん吸収することが大事なんだなと考えるようになりました。東海大は、試合に出ているメンバーがえらいんじゃなくて、部員全員があっての東海大で、全員が一つの目標に向かうんだという思いがすごく強かった。僕が1年で試合に出ていた時は4年生がサポートしてくれたし、僕らがコートに入っている間、同級生が一生懸命床を拭いてくれた。そういう姿を見ているから、この人たちのために絶対結果を出さなきゃいけないという思いが湧いてきました。試合に負けると、悔しさもあったけど、僕らのために仕事してくれた人たちに勝ちをプレゼントできなくて申し訳ない、という思いが強かったですね。

「生半可な気持ちでは入れない」。覚悟を決めてサンバーズへ

— NECでは主力選手として活躍しましたが、2009年に休部に。
あの時は悔しい気持ちでいっぱいでした。NECは自分がいろんな思いで選んだチームでしたから、もうそのユニフォームを着られなくなるというのはすごくショックで、一度は、バレーはもういいかなとも思いました。
でも、当時サンバーズの監督だった河野(克巳)さんたちが来てくれて、どうしてもうちに来てくれと誘ってくれたので、またやろうと考えることができました。サンバーズは、その時の僕にとっては、行くのにちょっと勇気がいるチームでした。昔から常勝軍団で、僕がNECにいた頃サンバーズは常に(予選ラウンド)1位通過。強くて当たり前で、少しでも負けると「どうした?」って言われるチームでしたから。実業団だけど、プロのチームだなという感じで、勝つための環境があるかわりに、結果を出さなきゃいけないというすごく厳しい領域にいるチームだと思っていました。だから生半可な気持ちでは入れない。強い覚悟を持っていかなきゃいけないなと思いました。
— そんなイメージだったんですね。
サンバーズの赤いユニフォームを見るだけで嫌でしたからね(笑)。試合前に、サブコートで一緒にアップするのも嫌だった。威圧感がすごいんですよ。そういうチームに呼ばれたということは嬉しかったですけど、不安もありました。今では来てよかったと思いますけどね。
ただ、1年目はリーグ中に怪我をして手術したので、オレは何やってんだ、という感じでした。四強にも入れなくて、オギさん(荻野正二ヘッドコーチ)の引退試合のニュースを、病院のベッドで観て…悔しかったです。そんな時にスタッフだった小川吉さんが、「すまん。お前を(ファイナルラウンドに)連れていけなかった」というメールをくれたんです。僕がサンバーズに入る時に、「お前が行ったことのないファイナルラウンドに行けるチームだから」って約束してくれていたので。そういう言葉ってすごく響きますよね。僕は昔から、深谷高の茂木進一先生、東海大の積山和明先生をはじめ、ずっと指導者や周りの人に恵まれてきたんですけど、その時にも、「僕はこのチームに来ても人に恵まれてるな」と、ありがたいチームに来たなと思いました。
— サンバーズに来て3年目の昨季、初めてファイナルラウンドを経験しました。
甘くないなと思いましたね。3位決定戦の後、決勝戦を会場で観ていて、「あそこに行きたい」という思いがいっそう強くなりました。サンバーズがあのコートに入って、自分が戦っている姿を思い描きながら観ていたし、パナソニックが優勝した瞬間は、うちが優勝したらどうなるんだろう?ってイメージしていました。
— 今季はチームも金子選手も好調ですね。
リーグを迎えるまでの準備をみんな一生懸命やりましたし、僕自身は夏場、トレーニングをしっかり攻められたから、今いい状態になっているのかなと思っています。キツかったですからね。今もですけど。監督は調整って言葉を口にしない人だから(苦笑)。でも、「ファイナルで勝つために、今これをしなきゃいけない」というふうに目標が明確だから、これを乗り越えて勝てるんだったら、ということで、みんな一生懸命やっています。それを実感できるのは、自分が試合に出てプレーしてこそなので、試合に出たいという思いもずっと強くなりますね。
今のチーム状況はすごくいい。(山村)宏太さんが全体をうまくコントロールしてくれています。試合中もみんないい顔をしているし、栗山(雅史)なんて練習中の顔つきが変わりましたからね。試合で結果を出したので自信がついたんだと思います。若い選手にはもっと貪欲になってほしいですけどね。
この間、宏太さんと食事に行く機会があったんですけど、2人でしゃべるとバーッとバレーの話になる。優と話していてもそう。優は絶対自分を曲げないし、僕も曲げないから、話が終わらないんですけど(笑)。若い選手たちもバレーに対してもっと自分の意見を言ったり、責任を持てるようになった時には、このチームはもっと強くなると思うし、5年後10年後も強いチームでい続けられると思う。絶対にまだこんなもんじゃないと思います。
— この先、バレー選手として金子選手が目指しているものとは?
そうですね…前の年よりも成長していきたいですね。今、去年より今年の方がいいとみんな言ってくれますけど、毎年そう言われるようにずっとやっていきたい。(高橋)賢は前回のインタビューで「ツマさんを越えます」って言ってたけど、僕は自分を越えます(笑)。
他にも目標はいろいろあります。全日本も、やっぱりバレー選手である以上は、考えないわけじゃない。ただ、今はこのサントリーサンバーズでまずは日本一になること、自分がスタメンで出て、優勝したコートに立っているということが直近の目標です。今年それがクリアできたら、来年は来年で、じゃあ次は全試合出場して、オレがサンバーズを優勝に導く、とか、いろいろ出てくると思います。
— 最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。
今シーズンはすごくいい状態で来ているので、最後ファイナルまで行って、皆さんと一緒に優勝して喜びを分かち合いたいです。それと、この記事を読んで、一人でも多くの金子ファンが増えることを願っています(笑)。

金子 隆行

埼玉県さいたま市出身。ウイングスパイカー。

2010/11 V・プレミアリーグではレシーブ賞を獲得し、鉄壁のディフェンス力は既に実証済み。攻撃も更に磨きがかかり、ポイントゲッターとしても活躍中。

このページの先頭へ