最初に教わったのは、「次にボールに触る人のことを考えてプレーする」ということ

— 高橋選手がバレーを始めたきっかけは?
父と母がバレーをやっていたので、バレーを始めるのは自然の流れでした。小さい頃はボールかごがベビーカー代わりで、体育館に連れて行かれた時はいつもカゴの中にポンと入れられていました(笑)。それで、僕が小学1年生の時に、2つ年上の兄、1つ上の姉と一緒に、東金町ビーバーズという小学生バレーのチームに入りました。
— バレー一家なんですね。
そうですね。父と母には今もよくダメ出しされます。この間も試合を観にきてくれたんですが、その後「一回だけ仕事したね」とメールがきました(苦笑)。厳しいです。兄の寛記は大分三好でプレーしていますしね。でも兄とは中学も高校も別の学校でした。兄は深谷高校で、僕も最初深谷に行きたいと思っていました。同い年の八子大輔(JT)や渡辺俊介、瀬戸口竜矢(ともに東レ)といったメンバーが深谷に行くと聞いて、そのチームなら優勝できるチャンスがあるし、そういうメンバーがいるチームでやれたら楽しいだろうなと思ったので。でも兄に、「強いチームで日本一になっていいの?」と言われて、少し気持ちが変わりました。それに、兄と対戦したいという気持ちもありましたし。それで東亜学園に進学することを決めました。当時の東亜学園は2年上が5人、1年上が3人の合計8人しか部員がいなくてまだ強くはなかったので、そこで深谷を倒してやろうと思いましたね。
— それは実現しましたか?
深谷と対戦したのは1回だけで、関東大会の決勝だったんですが、ストレートで勝ちました。ただ日本一にはなれなくて、全国大会での最高成績はベスト8でした。僕の1個下と2個下で春高バレー2連覇しましたけどね。
— バレーを小学生で始めて以来、辞めようと思ったことはなかったですか?
何度か、バレーはもういいかな、別の道に進もうかなと思った時もあったんですけど、やっぱりバレーに戻りました。例えば、高校を卒業する時は美容師になりたいと思っていました。美容師の人がよく使っている首から上だけの人形をもらってきて、髪を切る練習をしたりもして。でも大学から声をかけてもらって、続けることにしたんです。
— 学生時代に教わったことは今の高橋選手にどんな風につながっていますか?
小学生の時は、「人のことを思いやる気持ちを大切に」ということを監督によく言われました。常に自分の次にボールに触る人のことを考えてプレーするということです。コートの中だけでなく、周りの人への感謝の気持ちもそう。例えば、車で送り迎えしてくれる母にも、「よろしくお願いします」とか「ありがとうございました」とちゃんと言わなきゃダメだよと教えてもらいました。
高校では、学生だけど、プロ集団の意識を持つように植え付けてもらえたので、意識ががらっと変わりました。試合前にはこの曲を聴いてテンションを上げようとか、自分なりのルーティンを作るとか、そういうことを考え始めたのも高校時代でした。大学時代は、データの利用のしかただったり、戦術的な部分を教えてもらって、バレーに対するキャパが広がったかなと思います。
学生時代の試合のビデオは今もよく観ますね。オフに実家に帰った時は、自分の過去の試合だけじゃなく、兄や姉、母の試合のビデオも観ます。
— オフもバレーのことを考えてるんですね。
そうですね。オフも、出身校に行ったり、ママさんバレーに混ざってやったり、兄と一緒に体育館を借りて、サーブレシーブの練習をしたり。バレーから離れることはないですね。バレーボール大好きなんで。(山村)宏太さんに負けないくらい好きです(笑)。
— そのバレーの魅力とは?
宏太さんとかぶるんですけど、やっぱりみんなで一つのボールを追いかけて、ボールを落とさないということですかね。自分が苦労して、次の人のためにボールをきっちり返す、自己犠牲の心だったり。それに、バレーって流れのスポーツなので、チームワークがもろに影響するんじゃないかなと思います。魅力たっぷりですね。

先輩守護神・津曲さんから学んだこと

— リベロを始めたのはいつですか?
中学の時です。その頃は小さかったし、レシーブが一番カッコイイなって思いましたから。テレビで全日本の試合を観ていても、どんなに強いスパイクを打っても、レシーブされたらどうにもならない。それに、レシーブが上がった時って“間”ができるじゃないですか。その時にあがる歓声がかっこよかった。全日本のリベロだった西村(晃一)さんや津曲(勝利)さんがレシーブを上げた時の盛り上がりが印象的でした。その頃のツマさんは「テレビの中の人」でしたね。
— 中央大学卒業後、その津曲さんのいるサンバーズへ。
はい。ツマさんから盗めるものは盗もうと思いました。テレビで観ていた人なので、最初はドキドキしていましたね(笑)。
— 実際にどんなところを盗むことができましたか?
いえ…盗むことは、まだできていないですね。ツマさんがサーブレシーブをしているのを後ろから観たりしていたので、自分の頭の中にはツマさんのイメージがありますが、そのイメージ通りにできるかと言われると、まだちょっと難しいです。
— 話を聞いたり、アドバイスをもらったりもしましたか?
はい。ツマさんが引退する前に、「お話をさせてください」とお願いして、一緒に食事をさせてもらいました。そこで話して、サーブレシーブをする時の一番根本と考えているものが、ツマさんと僕で共通しているということがわかって嬉しかったです。ただ、ツマさんはそれを実行できていたからちゃんと返っていたけど、僕はまだ実行できていない。それ以外にも、声を出すタイミングや、チャンスボールを返す時の“間”や“質”など、すべてにおいて越えなきゃいけないなと思います。何よりも、ツマさんはチームの信頼がすごく厚かった。ツマさんのところに行けば何とかしてくれるという、期待じゃなくて、安心感を持ってもらえる人だったと思う。たぶん今の僕だったら、周りにそわそわされるんじゃないかなと…。「僕もツマさんのように信頼されるリベロになりたい」と言ったら、「まだ早い」って、あっさり言われましたけど(苦笑)。
— 津曲さんが抜けた今季、開幕から高橋選手が先発していますが、ここまで感じていることは?
チームがうまく回らない時というのはどうしてもあると思うんですけど、昨季までは、その原因がサーブレシーブではなかったと思う。でも今は、サーブレシーブが崩れたり、1本目が悪いという場面が多くなっている。昨季までは、ツマさんが直接触っていなくても、他の選手がもっと活きて、しっかりできるような状況を、ツマさんが作っていたんだと思います。たぶん「ここまでは自分が取れば、あとはツマさんがやってくれるから大丈夫」というものが周りの選手にあって、「どこまで取りに行けばいいのかな?」という不安はなかったんじゃないでしょうか。ツマさんは、目立たないけど、何事もなかったようにすべてのプレーを完璧にこなす選手だったと思う。逆に自分は、いい意味でも悪い意味でも目立つリベロ。ツマさんのようにすべてをうまくこなすのはすごいと思うし、将来的には安定したリベロになりたいですけど、たぶん今の自分にはそれはまだ難しいので、今は、なにか一発で流れを変えられるようなプレーができるようにしたいと思っています。
— 高橋選手の感じるリベロの醍醐味とは?
一人だけユニフォームが違うから目立つ(笑)。あとはやっぱり強打レシーブですかね。それに、難しいサーブをきっちり返して、気持ちよくコンビを組めてスパーンと決まったら、やっぱり楽しいですね。
— 今季のテーマは?
チームとしてはもちろん優勝を目標にやっています。今年は(越川)優さんやウォレスが入ってサイドが強力になって、ブロック力も上がったと思うんですけど、やっぱりうちの根本の武器はクイックだと思う。宏太さんも鈴木(寛史)さんもバリエーションが豊富だし高さもあるので、いかにそのセンター線を使えるか。センター線を軸にサイドアウトを取るというのが一番の課題であり、そこを軸に戦えたら、優勝を狙えるチャンスはいくらでもあると思う。だからそのために、自分のサーブレシーブをきっちり返したり、他の選手がサーブレシーブを返しやすい環境を作るというのが、今年僕が一番求められていることだと思っています。
— 最後に、ファンの皆さんにメッセージをお願いします。
新生サンバーズは優勝を目指して、チーム一丸となって頑張りますので、ファンの皆さんも選手と一体になって、一緒に優勝をつかみ取りましょう。頑張ります!

高橋 賢

東京都板橋区出身。身長180センチのリベロプレーヤー。

小学生から日本随一の名門チームでプレーし、若手ながら経験も豊富。今シーズン、スターティングリベロとして出場中の若き新守護神が、コート狭しと駆け巡る。

このページの先頭へ