MENU

心をつなぐキャッチボールプロジェクト in 熊本 野球教室編

12月23日(金)、8人のプロ野球選手OB選手を特別講師に招き、熊本県嘉島町総合運動公園にて「心をつなぐキャッチボール 野球教室編」を開催しました。教室には嘉島町・益城町・御船町とその近隣市町の少年野球チームに所属する約300名の子どもたちが集まりました。

今回の野球教室は、熊本復興支援活動の「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」の一環で実施。2016年8月に開催された往年のプロ野球OB選手による「サントリードリームマッチ」のチャリティ活動とのコラボレーションによって行われたものです。

まず、野球教室に先立ち、12月21日(金)に、ザ・プレミアム・モルツ球団の山本浩二監督をはじめ、荒木大輔さん(ヤクルトOB)、宮本和知さん(ジャイアンツOB)、久保文雄さん(DeNA OB)が、嘉島町・益城町・御船町の町役場を訪問。サントリーCSR推進部長・富岡正樹がこのプロジェクトの思いを伝えました。

また、3町の全小学生約3,600名に向け、キャッチボール専用球「ゆうボール」を寄贈。山本監督からは、「キャッチボールや野球など、私たちプロ野球OBができることで、少しでも被災地の子どもたちが元気になるような活動をしていきたい」という力強い言葉をいただきました。

そして迎えた野球教室当日。熊本地震で被災し、地面の隆起がひどく水道も出ないような状況のグランドを嘉島町役場の方々が、この日のために復旧してくれました。師走も近い12月の寒空の中、一時は雨も心配される空模様でしたが、なんとか持ち堪え実施することができました。

特別講師として、荒木大輔さん(ヤクルトOB)、吉村禎章さん(ジャイアンツOB)、西山秀二さん(広島OB)、笘篠賢治さん(ヤクルトOB)、関本賢太郎さん(阪神OB)、河野安彦さん(DeNA OB)、高橋雅裕さん(DeNA OB)、久保文雄さん(DeNA OB)が参加。子どもたちに熱くご指導いただきました。

サントリー九州熊本工場 、橋本猛工場長の挨拶でスタートした野球教室。まず、サントリードリームマッチの野球教室ではすっかりおなじみとなった、笘篠選手による走り方教室や、キャッチボールを行いました。

次に、投手・捕手・野手に分かれて本格練習へ。目の前で行われるOB選手たちの打撃デモンストレーションや、投球練習での細かな指導に、子供たちの表情は真剣そのものです。

間近で見る関本選手や西山選手の打撃デモンストレーションでは、子どもたちが大興奮!

代表してお手本に挑戦するコーナーでは、「やりたいです!」と積極的に手が挙がり、少し照れながらも一生懸命に取り組む姿に、子どもたちや選手たちにも笑顔があふれていました。

西山選手の熱い指導を受けて、ハイタッチ!みんな、良い表情をしていますね♪

そして、最後に今回参加した小学生とプロ野球OB選手全員で集合写真をパチリ♪

荒木選手からは「自分たちも野球を通じてまだまだできることがあると、刺激になりました」という言葉をいただきました。

すべてのプログラムが終わると、最後は全員で整列してきちんと挨拶。子どもたちからは「とても楽しかった」「明日から言われたことに注意しながら練習したい」「これからまた頑張ろうという気持ちになりました」などの声をもらいました。子どもたちのたくさんの笑顔と明るい声がグランドに溢れました。

【受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。】無料観戦に応募する サントリードリームマッチ2018 観覧募集! 17,000組34,000名様を無料でご招待!

【受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。】無料観戦に応募する サントリードリームマッチ2018 観覧募集! 17,000組34,000名様を無料でご招待!