チャレンジド・アスリート 谷 真海(佐藤 真海)

Challenged Athlete Mami Tani

PASSION FOR CHALLENGE

走り幅跳びのパラリンピアンとして夢に挑み続けてきた谷 真海。
東京オリンピック・パラリンピック招致のプレゼンターをはじめ
次世代育成支援や東北復興支援など、さまざまな活動を行っています。
2016年にトライアスロンに転向し、
アスリート、そして一児の母として、2020年を目指し新たな挑戦が始まっています。

PASSION FOR CHALLENGE

NEWS

ニュース

プロフィール

Profile

CHALLENGED ATHLETE

谷 真海Mami Tani(旧姓:佐藤)

サントリーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション本部CSR推進部
担当業務は次世代育成支援・東北復興支援・チャレンジド・スポーツの推進。
経 歴
  • 1982年
    宮城県気仙沼市生まれ
  • 2000年
    早稲田大学商学部入学 在学中骨肉腫を発症し、義足となる リハビリとともに陸上競技をはじめる
  • 2004年
    早稲田大学商学部卒業後、サントリーに入社。
    走り幅跳びで2004年アテネパラリンピックから、2008年北京、2012年ロンドンと3大会連続でパラリンピックに出場
  • 2012年
    早稲田大学大学院社会人コースにてスポーツビジネス修了
  • 2013年9月
    2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会プレゼンターを務める
  • 2016年1月
    トライアスロンに転向。東京パラリンピック出場を目指す。
著 書
  • 2004年
    ラッキーガール(集英社) ※2014年 集英社文庫発刊
  • 2008年
    夢を跳ぶ―パラリンピックアスリートの挑戦(岩波ジュニア新書)
  • 2012年
    とぶ!夢に向かって(学研)
メディア
  • 産経新聞で「谷 真海のパラリンピアン・ライフ」連載中

パラリンピアン

As Paralympian

走り幅跳び選手として3大会連続でパラリンピックに出場。
選手として競技に出場するほか、スピーカーとして招かれた大学や企業研修では、大学院での海外パラリンピック環境研究なども活かし、チャレンジド・スポーツ普及のための講演活動を積極的に行っています。2016年からはトライアスロンに転向し、東京パラリンピック出場を目指しています。
競技実績
  • 2004年
    アテネパラリンピック出場 9位(3m95cm)
  • 2008年
    北京パラリンピック出場 6位(4m28cm)
  • 2012年
    ロンドンパラリンピック出場9位(4m70cm)
  • 2013年 4月
    2013年 7月
    ブラジル・サンパウロ大会で自己新記録(5m02cm)
    IPC(国際パラリンピック委員会)陸上競技世界選手権で銅メダル
  • 2013年 9月
    2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会プレゼンターを務める

次世代育成支援・東北復興支援サポーター

As Supporter

サントリーホールディングスの社員として、
次世代育成支援や東北復興支援などを行っています。
2011年6,608人、2012年4,814人、2013年8,328人と、これまでに2万人を超える子どもたちや学生と直接触れ合い、自分の体験をベースとした出張授業やワークショップを行ってきました。
2012年には、中学2年の国語教科書(教育出版)にも取り上げられ、著書がいくつかの自治体で読書感想文課題図書に選ばれるなど、子どもたちの“サポーター”として活動しています。
また、宮城県気仙沼出身者として、震災後は、過去に出張授業、ワークショップを実施した学校に呼びかけ、2,000人を超える子どもたちから集めた応援メッセージ、支援品、義捐金を持って気仙沼の母校(小・中)を訪問しました。
そのことが新聞各紙に取り上げられ、AERAの「日本を立て直す100人」の一人にも選ばれています。また、サントリーグループの東日本大震災復興支援活動 「サントリー東北サンさんプロジェクト」では、自転車レース「ツール・ド・東北」に出場して沿岸の様子を紹介したり、奨学金を届けた水産高校で講演を行うなど、東北復興支援の“サポーター”としても活動しています。
サントリーグループの東日本大震災復興支援活動 SUNTORY 東北サンさんプロジェクト
PASSION FOR CHALLENGE