ライブラリーTOP

品質へのこだわり「ライブラリー」~Library~

Rainbow Mountain レインボーマウンテン豆ができるまで

  • 01 レインボーマウンテン豆
  • 02 品質向上への取り組み
  • 03 コーヒー豆の品質保証

コーヒー豆の品質保証 Rainbow Mountain 03

グアテマラと日本で品質検査

レインボーマウンテン豆の生豆は、焙煎前にグアテマラと日本で合わせて3回の品質検査を行い、全てコーヒーのスペシャリストが品質を確認しています。
1回目はAnacafeおよび現地輸出業者により品質を検査され、レイボーマウンテン豆として相応しい品質を有しているものだけが出荷され船積みされます。

グアテマラでの輸出前検査(1回目)

2回目は日本に入港後、サントリーで先行検査を行います。

日本に入港後の先行検査(2回目)

3回目は焙煎工場で原料生豆の受入検査を行います。
合格したものだけがBOSSレインボーマウンテンブレンド用に焙煎加工されます。

焙煎工場での受け入れ検査(3回目)

日本で焙煎・品質管理

焙煎工程

コーヒーの品質を決めるのはコーヒー生豆と焙煎です。生豆の品質検査と焙煎加工はサントリーでしっかり行っています。レインボーマウンテン豆の各産地それぞれの個性を引き出す焙煎を行い、さらにそれぞれの個性を活かすためのブレンドを行っています。(アフターブレンド)

鮮度管理を徹底するために、缶コーヒー「ボスレインボーマウンテンブレンド」の製造日に合わせた焙煎加工を行い、新鮮なコーヒー豆だけをBOSS製造工場に向けて出荷しています。
コーヒー生豆を受け入れてから缶コーヒー用焙煎豆原料として出荷するまで、コーヒーのスペシャリストが厳重な品質管理を行っています。

  • 香味評価(官能検査)
  • 缶コーヒー用の焙煎豆

品質向上への取り組み

ライブラリー TOP


包装工程へ