品質へのこだわり「ライブラリー」~Library~

ライブラリーTOP

麦芽〜BOOK〜

知っているようで知らない麦芽の話

麦芽、英語でいうとモルト。どちらも、ビールやウイスキーの宣伝でよく耳にする言葉です。でも、その実態や歴史を知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか。

麦芽の意外な使い道。

お酢や水あめづくりにも麦芽は欠かせません。また、複雑な味わいや香り、色があるため、たくさんの食品に、麦芽からつくられた麦芽エキスが、天然の添加物として使われています。パン、お菓子、清涼飲料などの味・風味・色付けにも麦芽は大活躍しているのです。

パンが水につかってビールになった?

まず、パンの材料として使われていたオオムギ麦芽。ある日、このパンが水に浸かる出来事が起きました。パンを貯蔵していた倉庫が雨漏りしていたのか?それとも固くなったパンを柔らかくして食べようとしたのか?それは定かではありませんが、これにより麦芽の酵素で糖化がさらに進行し、そこへ空気中に漂っていた酵母の胞子が落ちて繁殖、アルコールが発生して……世界最古のお酒のひとつ、ビールが生まれたといわれています。

来歴 02・原料となるのは選りすぐられたものだけ