「水と生きる」と毎日の“リアル”をつなぐWebメディア

水と生きる@リアル

【SDGsとは?】目標12「つくる責任 つかう責任」と私たちにできることを、グラレコっぽく解説!

【SDGsとは?】目標12「つくる責任 つかう責任」と私たちにできることを、グラレコっぽく解説!

最近ネットやテレビなどを通して見聞きすることが増えた「SDGs」。ですが、中には「なんて読むの?」という人も少なくないはず。そこで、今知っとかないとヤバい「SDGs」を、同じく話題のグラフィックレコーディング(グラレコ)っぽく解説します!

【SDGsとは?】
読み方は「エスディージーズ」。2030年までの私たちの17の目標

「SDGs(エスディージーズ)」は、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、2015年9月の国連サミットで決定された国際社会共通の目標のこと。「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。

SDGsポスター
SDGsポスター

2000年に国連サミットで採択された「MDGs(エムディージーズ/ミレニアム開発目標)」が2015年に達成期限を迎えたことを受け、それに代わる世界の共通目標として新たに定められたのが「SDGs」です。MDGsが「飢餓や貧困の撲滅」など先進国による開発途上国の支援を中心とする内容だったのに対し、SDGsは「地球上の誰ひとり取り残さない」ことを誓い、先進国と途上国が一丸となり達成すべき目標で構成されているのが特徴です。

そのため17の目標には、飢餓、貧困の問題だけでなく、働きがいやジェンダー平等など21世紀の世界が抱える課題の解決が幅広く盛り込まれています。

ここまでをグラレコっぽく解説!

【目標12 “つくる責任 つかう責任”って?】
地球の資源とエネルギーがなくなる日がくる??!

この記事では、SDGsの目標12「つくる責任つかう責任」について詳しく解説します。

目標12「つくる責任 つかう責任」は、持続可能な生産と消費の形態を確保すること、つまり、少ない資源でより多く、より質の高いものを得られるような生産と消費のパターンを作り上げることを目指しています。

私たちは、地球上のたくさんの資源やエネルギーを使いさまざまな”もの”を大量に生産、そして大量に消費しています。しかし、地球の資源やエネルギーは永遠ではありません。この大量生産・大量消費の暮らしは、地球に大きな負担をかけています。このまま“必要以上のもの”を作り、“必要のないもの”を消費し続ければ、地球の限られた資源がどんどん使われてしまい、最終的にはその資源が枯渇してしまう可能性が高まります。

資源を維持し続けながら、消費者の生活ニーズに応えていくために、生産者(つくる側)には、環境や資源を守りながら少ない資源でより質の高いものを生み出す生産方法の確立と生産工程でのエネルギー消費や廃棄物の発生の抑制が求められ、そして消費者(つかう側)には、ふだんから余分に購入し過ぎない、食材などはできるだけ使い切る、調理されたものはできるだけ残さないことなどを意識した生活の実践が求められています。

こうした背景から、SDGsの目標12は設定されました。

ここまでをグラレコっぽく解説!

日本初!ペットボトルからペットボトルへリサイクルの取り組み

サントリーグループでは、世界の環境・社会課題の解決に向けて、「水」「CO2」、そして近年「海洋プラスチックごみ問題」「レジ袋有料化」で話題となっている「プラスチック」を重要テーマとして掲げ、意欲的な目標に向けて挑戦を続けています。

プラスチックは、その有用性により、われわれの生活にさまざまな恩恵をもたらしています。ペットボトルは、お客様のもとに届くまで商品を守り、より良い品質を保持するという重要な役割を担っています。「つくる側」であるサントリーは、ペットボトルが有用な機能を保持しつつも、地球環境へネガティブな影響を与えないよう、問題解決に向けた取り組みを推進しています。

ペットボトルはとても優秀なリサイクル素材で、何回も生まれ変わることができますが、キレイな状態でリサイクルしないと、ペットボトルをペットボトルへリサイクルすることが難しくなります。そのため、分別をキチンとしていくことが「リサイクルの輪」を作る上で欠かせません。

ペットボトル・リサイクル

ペットボトルを軽量化することでプラスチック使用量を減らし、使用済ペットボトルをできるだけキレイな状態で回収し、リサイクルにより新しいペットボトルを作り出す、という理想とするサイクルを作るために、2011年サントリーは、ペットボトルからペットボトルに再生する技術「ボトル to ボトル(BtoB)メカニカルリサイクルシステム」を、日本で最初に実用化しました。

また、2019年には、2030年までにグローバルで使用するすべてのペットボトルに、リサイクル素材あるいは植物由来素材のみを使用し、化石由来原料の新規使用をゼロにすることで、100%サステナブル化を目指すという新たな目標を立て、持続可能な社会の実現に向け、循環型かつ脱炭素社会への変革を強力に先導すべく、プラスチックによる環境課題の解決に取り組んでいます。

ここまでをグラレコっぽく解説!

私たちにもできる「SDGs」の取り組み

SDGs目標12「つくる責任 つかう責任」に取り組むのは、国や企業だけではありません。私たち一人ひとりにも、できることはたくさんあります。ふだんの生活の中でペットボトル飲料を飲んだ後、ご家庭で捨てる場合は、1.キャップを外す 2.ラベルを剥がす 3.(できれば)軽くすすぐ(難しければ)飲み切る 4.つぶす 5.分別するという流れ(※)で、また自動販売機横の空き容器回収ボックスを使用する際は、しっかりと飲み切り、キャップを外して捨てましょう。
効率的に資源を利用できるよう心がけ、環境を配慮した商品を選ぶことも、「つかう責任」に基づく行動と言えます。SDGsを特別なものとしてではなく、「自分ごと」として捉えて生活の中で実践していくことが大切です。「混ぜればごみ・分ければ資源」を合言葉に、リサイクルしていきましょう!

※お住まいの自治体の分別方法をご確認ください

SDGs目標6「安全な水とトイレを世界に」についての解説はこちら →

Sいいね!してもらおう!
特典いっぱいのサントリーポイント(SP)

ページの先頭へ