閉じる

サステナビリティに関する7つのテーマ 07:生活文化

創業精神「利益三分主義」に基づき、
社会福祉、芸術・文化・学術、スポーツ、
次世代育成をはじめとする
貢献活動に取り組みます。
事業を展開する地域において、
課題の解決や生活文化の
充実に貢献するよう努めます。

Social awareness会課題として当社が認識していること

人々の心や社会にも潤いを
創業から脈々と続く「利益三分主義*

わたしたちの目指すサステナブルな社会とは、サントリーグループが企業理念に掲げる「人と自然と響きあう」が実現されている社会です。自然と共生しながら、すべての人が人間らしく心豊かに暮らせる社会を目指して商品やサービスを提供するとともに、社会に潤いを与える企業でありたいとの考えから、芸術・文化・学術、スポーツ、時代に寄り添った社会福祉や地域貢献活動を続けてきました。こういった活動は、サントリーグループが展開する事業、ひいては社会の持続的な発展にも寄与すると考えています。

  • 事業で得た利益は、「事業への再投資」にとどまらず、「お得意先・お取引先へのサービス」や「社会への貢献」にも役立てていこう。そんな思いを言葉にしたのが『利益三分主義』です。
関連するSDGs
人と自然と響きあう

Philosophyえ方

ステークホルダーや社会全体と事業の成功を
分け合い互いに発展・成長していく

2019年には、美術館とホールを運営する公益財団法人 サントリー芸術財団が設立50周年、学術・文化の発展に寄与することを目的とする公益財団法人 サントリー文化財団が設立40周年を迎えました。さらに、ラグビー、バレーボールの自社チームによるリーグ戦への参加、チャレンジド・スポーツプロジェクト、および次世代教育活動においても音楽・美術・スポーツの各分野で取り組んでいます。また、社会福祉法人や被災地支援をはじめとした地域貢献活動も継続して行っています。サントリーグループが創業以来掲げる「利益三分主義」の精神は、わたしたちの不変の価値観なのです。

サントリーグループ社会貢献活動

サントリーグループは、創業者の「利益三分主義」の精神を受け継ぎ、社是にいう”生命の輝き”をめざして、人々が心豊かに暮らしを楽しむことのできる社会の実現に寄与するため、社会貢献に積極的に取り組んできました。
私たちは、企業理念に掲げる「人と自然と響きあう」のもと、お客様に最高品質の商品・サービスをお届けするとともに、生活文化の豊かな発展と持続可能な地球環境の実現をめざし、グローバルに社会的責任を果たしていきます。

  1. 1.「文化・芸術振興」「スポーツ振興」「社会福祉」「自然環境保全」「ダイバーシティ」「被災地支援」の分野を中心に、次世代育成の見地と地域の実情をふまえた活動を、従業員とともに推進しています。
  2. 2.ステークホルダーとの対話を重視し、連携・協働に取り組んでいます。
  3. 3.従業員の多様なボランティア活動を支援しています。

Initiativeり組み

新型コロナウイルス感染症拡大に対するサントリーグループの社会貢献

新型コロナウイルス感染が世界に広がる中、わたしたちは創業以来の「利益三分主義」の精神に基づき、企業市民として、この困難を乗り越えるための社会貢献活動を進めています。日本や米国、カナダ、欧州での蒸溜したアルコールの一部を、消毒用アルコールとして医療機関等に提供をはじめ、世界各地で、医療関係者、地域社会の皆様に対し、製品の提供や寄付などさまざまな支援活動を展開しています。

サントリー美術館リニューアルオープン

人々の生活に彩りと潤いをもたらし、豊かな生活文化の創造に貢献したいという思いから、サントリーは様々な芸術・文化貢献活動に取り組んでいます。二代目社長の佐治敬三は、日本が高度成長期を迎えるさなか、いちはやく心の豊かさの重要性を認識し、文化活動を推進しました。サントリー美術館は「生活の中の美」を基本理念に1961年に開館、日本美術やガラスを中心とした企画展と作品の収集活動を展開しています。2007年3月には六本木の東京ミッドタウンに移転。ミュージアムメッセージ「美を結ぶ。美をひらく。」のもと、国宝1件、重要文化財15件をはじめとする約3,000件の収蔵品を核に多彩な企画展を開催し、日本美術を中心に美術の普及・発展に向け活動を進めています。この度、建築家・隈研吾氏監修のもと、お客様にとってよりご利用しやすく、安全で、魅力的かつ快適な美術館を目指しリニューアル・オープンしました。今後も、みなさまが少しでも心豊かになれる、感動に出会っていただける企画展を開催していきます。

Page top