サントリーグループは2011年に
「サントリー東北サンさんプロジェクト」
を立ち上げ
「漁業」「子ども」「チャレンジド・
スポーツ」「文化・スポーツ」の分野を中心に
総額108億円の規模で
復興支援活動に取り組んでいます。

太陽の光がさんさんとふりそそぐように
笑顔と希望をお届けしたいという思いのもと、
これからも東北の皆さまと共に
活動を継続してまいります。

活動内容一覧ページに戻る

第1期活動紹介#35 『慰霊と感謝之碑』の周辺整備~ツナミ メモリアルパーク~(山田町)

◆種 別 団体
◆場 所 岩手県山田町
◆事業名 『慰霊と感謝之碑』の周辺整備~ツナミ メモリアルパーク~
◆団体名 北浜老人クラブ

2月17日、みらいチャレンジプログラム第1期の活動である「『慰霊と感謝之碑』の周辺整備~ツナミ メモリアルパーク~」事業について、活動拠点である山田町の『慰霊と感謝之碑』を訪問し、北浜老人クラブさんのお話を伺いました。

北浜老人クラブさんは岩手県下閉伊郡山田町地域のコミュニケーションの場づくり・地域の活性化に向けて活動している地域住民による団体です。
活動は毎月定例会を実施しながら、この地域一帯の道路花壇等への花や緑化木の植栽や管理、講師を招いての体操教室の実施、東日本大震災の教訓を後世に伝える活動を行っています。

そういった中で、発災から10年が経過し、改めて東日本大震災で犠牲となってしまった方の異例や教訓、世界中から多く寄せられた支援への感謝を後世に伝える場所を設けたいという思いから本活動はスタートしました。

“鎮魂と慰霊”の石碑を設置するだけでなく、町内外のより多くの方々に集まっていただける場にすることを目指し、花の植栽や遊歩道の設置も進めるなど、花と緑に覆われた「メモリアルパーク」として、整備活動を進めています。
訪問したタイミングでは、石碑や看板等の設置は完了し、遊歩道設置に向けて動き出している時でした。

担当の方からは「このメモリアルパークを通して、地域の方々に“勇気と希望”を与えるとともに、町外から訪れる方々には町の復興を感じてもらえる場所にしたいと考えています」といったお言葉をいただきました。

■「みらいチャレンジプログラム」とは…?
東日本大震災から10年の節目を迎える今年、サントリーグループでは、岩手県・宮城県・福島県の復興・再生を目指す方々のさらなるサポートができればと考え、「みらいチャレンジプログラム」をスタートしました。現在、第1期助成先として3県の計40活動をサポートしています。