閉じる

社会、自然との共生を実現し、真に価値ある企業となるために、サントリーグループは企業理念に掲げる「人と自然と響きあう」の実現に向け、ステークホルダーとともにさまざまなCSR活動を進めています。

サントリーグループの理念

「水と生きる」は、企業理念に基づく私たちの思いを広く社会と共有するための言葉です。地球にとって貴重な水を守り、水を育む環境を守るとともに、社会に潤いを与え続ける企業を目指し、新たな価値の創造に挑戦しています。

わたしたちの使命

『人と自然と響きあう』

わたしたちは常にお客様を見つめ、お客様の求めるものに応えます。商品やサービスを通じてお客様の生活文化を潤い豊かなものにしていきます。そして、商品の源泉である自然の恵みに感謝し、恵みを生み出す自然の生態系が健全に循環するように力を尽くします。人々の生活文化を潤い豊かにすることと、自然環境を保全することが互いに矛盾せず、幸福な相互関係で結ばれ、永く持続していく社会づくりに貢献すること。それがサントリーグループの使命です。

わたしたちの志

『Growing for Good』

わたしたちは、この社会のために“Growing”=成長しつづけます。成長しつづけることで、よりよい社会づくりに貢献する力も、自然環境を守る力も大きくしていきます。そのためには革新的な取組みに情熱を注ぎ、新たなチャレンジをつづけなければなりません。挑戦の先にあるのは、いまよりももっと誠実で、信頼される企業。そんな“Good”な企業に向かって成長しつづけること。これがサントリーグループの志です。社員一人ひとりもまた、仕事への情熱と挑戦意欲を忘れず、“Good”=誠実で信頼される人間として、成長しつづけなければなりません。

わたしたちの価値観

『やってみなはれ』

サントリーグループの歴史をつくってきたのは、常に果敢なチャレンジ精神でした。誰もやらなかったことに挑む。常識を疑い視点を変え、考えぬいて、ひたむきに行動する。失敗や反対を恐れず、ひたすら挑戦しつづける。新しい市場創造も、新たな価値提供も、そんな情熱から生まれました。『やってみなはれ』は、現在も未来も、わたしたちの事業の原動力となる価値観です。

『利益三分主義』

わたしたちの事業は、お得意先やお取引先、そしてこの社会のおかげで成り立っています。だから、事業で得た利益は、「事業への再投資」にとどまらず、「お得意先・お取引先へのサービス」や「社会への貢献」にも役立てていこう。そんな思いを言葉にしたのが『利益三分主義』です。「おかげさまで」の心で、事業の成功をステークホルダーや社会全体と分け合い、互いに発展・成長していける関係づくりに全力を注ぐこと。これもまた、サントリーグループ不変の価値観です。

サントリーグループ企業倫理綱領

企業理念の実現に向けて、私たちが行うすべての活動の基盤であり、サントリーグループが社会に対して責任を果たし、信頼をいただくために、大切にしなければならない基本姿勢を定めています。

コーポレートメッセージ 水と生きる

「水と生きる」は、企業理念に基づく私たちの思いを広く社会と共有するための言葉です。 地球にとって貴重な水を守り、水を育む環境を守るとともに、社会に潤いを与え続ける企業を目指し、新たな価値の創造に挑戦しています。

サントリーグループのCSRの考え方

持続可能な社会に向けて、サントリーグループの理念を実践することそのものがサントリーグループのCSRであると位置づけ、グループ一体となって活動を推進しています。グループ理念に基づき従業員一人ひとりが社会やステークホルダーとのつながりの中でCSRを実践できるよう、CSRに関する基本的な考え方を以下のように定めています。

CSR推進体制

サントリーグループでは、取締役会および各委員会のもと、CSR関連部門が連携し、グループ全体でCSR活動を推進しています。
その全社横断的機能を果たす専門部署として、2005年よりCSR推進部を設置しています。CSR推進部では、全社CSR戦略の策定、部門横断的なCSR課題への対応、CSR情報発信、ステークホルダーとのコミュニケーションなどに取り組んでいます。また、CSR関連部門と連携して行動計画を策定し、それぞれのCSR課題について定例会議を開催し、活動の進捗報告や課題の共有、課題の解決に向けた討議や社会動向の共有を行い、国内外含めたグループ全体でCSR活動を推進しています。

※Alcohol Responsibility and Sustainability

ステークホルダーとの関わり

サントリーグループの事業活動は、多様なステークホルダーとの関わりの中で進められています。持続可能な社会の実現に貢献する企業であり続けるために、私たちはステークホルダーへの責任を明らかにするとともに、さまざまなコミュニケーションを実施。いただいたご意見や社会のニーズを企業活動に反映し、高い信頼関係や協働関係を継続的に築いていくことを目指しています。

ステークホルダーとのコミュニケーションの機会

CSR 4つの取り組み

CSRの考え方をベースに、よりサントリーグループらしい社会的責任を果たしていくため、2011年からISO26000を活用したCSR活動を推進しています。CSR活動の現状把握と課題抽出・認識の共有を行い、7つの中核主題ごとにステークホルダー・エンゲージメントを実施しました。
この結果をもとに、グローバルな社会課題や事業課題の中から、ステークホルダーからの期待・関心度が高く、また、サントリーグループにとって重要度が特に高い課題を抽出した上で、企業理念「人と自然と響きあう」の実現に向けて、これらの課題の整理を行い、4つの取り組みにまとめました。今後も私たちサントリーグループは企業理念に基づく活動の実践を通じて、社会的な責任を果たすとともに、持続可能な社会の実現を図りながらグローバルに成長する、「Growing for Good」な企業を目指して革新と挑戦を続けてまいります。

(1)お客様・お取引先と響きあう/商品・サービス

最高品質の商品・サービスでお客様に感動をお届けするために

お客様の声を広く企業活動に反映させるとともに、サントリー品質方針「All for the Quality」のもと、バリューチェーン全体で品質の維持・向上に取り組んでいます。また、CSR調達やアルコール関連問題にも積極的に取り組んでいます。

(2)自然と響きあう/環境

限りある水や資源を、次の世代に引き継ぐために

持続可能な豊かな地球環境を次世代に引き継ぐべく、「環境ビジョン2050」を定め、「自然環境の保全・再生」「環境負荷低減」の2つの軸で、グループ全体での環境経営を推進していきます。

(3)社会と響きあう/文化・社会貢献

地域に根ざした活動で、明るい未来を築くために

創業の精神「利益三分主義」に基づき、「芸術・文化」「スポーツ」「社会福祉」の分野を中心に、「次世代育成」「被災地支援」「地域貢献」など、時代を見つめた文化・社会貢献活動に継続的に取り組んでいます。

(4)従業員と響きあう/ダイバーシティ経営

世界へと夢を広げる、多彩な人材を育てるために

「ダイバーシティ経営」を人事の基本方針とし、新たな価値創造に挑戦する「人材育成」と従業員一人ひとりが最大限に力を発揮する、創造性あふれる「職場環境づくり」を目指しています。

ISO26000を活用したCSR活動のステップアップ

グローバル企業としての取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)をふまえて

地球規模での環境問題、人口増加に伴う資源・エネルギー・食料の逼迫や格差の拡大など、私たちが直面している課題は非常に多岐にわたっています。世界が課題解決に向けた動きを見せる中、サントリーグループはグローバルに事業を展開する企業として世界課題の解決に貢献すべく、「持続可能な開発目標(SDGs)」などの国際的な長期目標を参照し、取り組みを深化させていきます。

  • 2015年9月に国連サミットで採択された、2030年までに全世界が取り組むべき目標(Sustainable Development Goals)

重要課題の特定

サントリーグループは今後のCSR活動の重点領域を検討するため「持続可能な開発目標(SDGs)」を活用し、専門知識を有するKPMGあずさサステナビリティ(株)の協力のもと、重要課題分析を実施しました。
ステークホルダーにとっての重要性とサントリーグループにとっての重要性を評価し、取り組みのマトリックスを作成。CSR重点課題や経営課題・リスクの視点で分析した結果、重要度の高い取り組み目標として、目標6「水・衛生」、目標3「健康・福祉」、目標12「責任ある生産・消費」、目標13「気候変動対策」の4つを特定しました。
また、その中でも特に、事業活動にとっても重要な原料「水」を守ることが最重要課題であると認識し、グループ一丸となって水を守る活動に注力していきます。

グループ共通の「水理念」を制定

「水」はサントリーグループにとって最も重要な原料であり、かつ、貴重な共有資源です。「水と生きる」企業として国内で培ってきた「水のサステナビリティ」の考えや活動をグローバルに実践していくため、2017年1月にグループ共通の「水理念」を制定しました。この理念のもと、事業を展開する世界各地で水を育む自然環境の保全・再生活動にグループ一丸となって積極的に取り組んでいきます。

サントリーの『水理念』
2017年1月策定

水はグループにとってもっとも重要な原料であり、かつ、貴重な共有資源です。環境基本方針の最上位に掲げる「水のサステナビリティの実現」に向けて、次の理念をグループ全体で共有し、ステークホルダーの期待に応えていきます。

  1. 1.
    水循環を知る
    使用する水の循環について科学的アプローチに従って流域を調べ、理解を深めます。
  2. 2.
    大切に使う
    水の3R(Reduce/Reuse/Recycle)活動を通じて節水に努め、浄化した水は自然に還し、環境インパクトを軽減します。
  3. 3.
    水源を守る
    サステナブルな未来を実現していくため、ステークホルダーと協力しながら使用する水の水源保全に努めます。
  4. 4.
    地域社会と共に取組む
    社会が豊かになるように、水課題の解決への貢献を通じて地域コミュニティを支援します。

重要課題に対するサントリーグループの活動方針

「水」を始めとしたこれらの重要課題については、バリューチェーン全体の視点で取り組むことを重視し、「持続可能な開発目標(SDGs)」の169のターゲットを参照しながら検討を進めています。それぞれの重要課題において、今後は下記のような活動を強化していきます。

国連グローバル・コンパクトに署名

サントリーグループは世界人権宣言や国連のビジネスと人権に関する指導原則など国際規範を支持するとともに、国連が提唱する「人権・労働・環境」についての普遍的な原則を提唱する「国連グローバル・コンパクト」(以下10原則)に署名しています。

  1. 1.
    企業は、国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重すべきである
  2. 2.
    企業は、自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである
  3. 3.
    企業は、結社の自由と団体交渉の実効的な承認を支持すべきである
  4. 4.
    企業は、あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持すべきである
  5. 5.
    企業は、児童労働の実効的な廃止を支持すべきである
  6. 6.
    企業は、雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである
  7. 7.
    企業は、環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持すべきである
  8. 8.
    企業は、環境に関するより大きな責任を率先して引き受けるべきである
  9. 9.
    企業は、環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである
  10. 10.
    企業は、強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである
UN GLOBAL COMPACT

2017年には、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンのヒューマンライツデューデリジェンス分科会に参加し、労働慣行に関する国際的な動向について知見を深めました。今後もグローバルでサステナブルな事業を推進していく上で、国際的な規範を遵守し、社会的責任を果たしていくことが、サントリーグループの使命であると考えています。

The CEO Water Mandateに署名

サントリーグループは、水の持続可能性に関して企業の発展・実践・情報開示を支援する「国連グローバル・コンパクト」のイニシアチブであり、水資源問題のグローバルプラットフォームである「The CEO Water Mandate」に署名しています。

The CEO Water Mandate

CSR情報の掲載方針

Page top