閉じる

サステナビリティトピックス

サントリーホールディングス(株)が消費者庁の内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)に登録

この度、消費者庁が創設した「内部通報制度認証(自己適合登録制度)」にサントリーグループコンプライアンス・ホットラインが登録されました。本認証は、消費者庁の「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の運用・整備に関する民間事業者向けガイドライン」と照らし合わせて事業者自ら内部通報制度を評価し、同ガイドラインに適合している場合にWCMSマークの使用を許諾される制度です。企業のコンプライアンスが益々重視されている中で、内部通報制度(コンプライアンス・ホットライン)の重要性も高まってきています。今回の登録によってサントリーグループのコンプライアンスへの評価が高まるだけでなく、グループ従業員のホットラインに対する信頼度を高め、より利用しやすい窓口として機能させていくことを目指しています。

サントリーホールディングスのコンプライアンス推進体制

サントリーグループでは、お客様や社会からの期待に応え、責任を果たしていくために、コンプライアンスを最優先する組織・風土づくりを進めています。サントリーグループの全従業員が企業理念実現のために、共通の基準で行動できるよう、「サントリーグループ企業倫理綱領」に基づき、グループ横断的な視点からコンプライアンス体制の整備を推進しています。

その専門組織として、リスクマネジメント本部のもとに設置しているコンプライアンス室では、本部方針に沿った具体的な諸施策の立案・実施や各職場での実践状況の把握、課題に対する提言・助言のほか、「コンプライアンス・ホットライン(内部通報制度)」を設け、公平・公正、誠実に対応しています。また、国内外のグループ各社ではそれぞれにコンプライアンスを推進する責任者を配置し、各社の課題に対応した独自の行動指針を策定・周知するなど、主体的な推進活動を行っています。

サントリーのコンプライアンス推進体制

誰もが「安心して相談できる窓口」を目指して

サントリーグループでは「企業倫理綱領」に反する行為があることを従業員が知った場合、まず上司に報告・相談することを基本としています。一方で、そうした報告・相談が適さない場合に問題を早期に発見し解決するため、国内グループ全体の共通窓口としてコンプライアンス室と、社外の法律事務所の2カ所に「コンプライアンス・ホットライン」を設置しています。また、内部通報制度規定や就業規則でも通報者保護を明文化して、公益通報者保護法のガイドラインに沿った運用を実践しています。

しかし、たとえホットラインの窓口があっても、安心して相談できる環境がなければ意味がありません。だからこそ、コンプライアンス室を社員にとって身近な存在にするため、ポスター制作による周知、コンプライアンス意識向上のための社内イントラネット内「コンプライアンス・ネット」による定期的な情報発信、eラーニングの実施や管理職・新人研修等にも取り組んでいます。
サントリーグループでは、安心して相談できる窓口を目指してこれからも活動を推進して参ります。

  • 社内周知のためのポスター

  • 意識向上のための「コンプライアンス・ネット」

サントリーグループのコンプライアンスの取り組みを詳しくご覧になるにはこちら

Page top