閉じる

サステナビリティトピックス

ダンボール包材において国内飲料メーカー初のFSC®
-COC認証を取得。「サントリー天然水」に採用しました

サントリーグループは、これまでも「2R+B」戦略※1に基づいた環境負荷の少ないペットボトルの開発やダンボールの軽量化・削減に努めるなど、容器包装の取組みを進めてきました。
その一方で、世界では農地開拓や自然災害などで森林破壊が急速に進み、生態系を脅かしていると報じられています。このような世界課題を背景に、この度サントリー食品インターナショナル(株)が日本国内の飲料メーカーとして初めてダンボールのFSC®※2-COC認証※3を取得しました。包材においても適切に管理された森林から作られた「FSC認証紙」を使用することは、持続可能な社会の実現に貢献できるものと考え、この認証取得に取組みました。

サントリーMONOZUKURIエキスパート株式会社
SCM本部 包材部 宍戸 奈津子

国内でのダンボール消費量は平成28年に年間約100億m2を超え※4、近年増え続けています。その消費量の構成は、加工食品(飲料含)業界が約4割を占め、サントリーも「サントリー天然水」をはじめとしたほとんどの製品輸送用に非常に多くのダンボールを使用しています。
また、持続可能な森林管理を推進するFSC認証制度への取組みは、企業理念に掲げる「人と自然と響きあう」のもと、「水と生きるSUNTORY」をコーポレートメッセージとして「天然水の森」森林保全の活動に取組むサントリーグループの活動と、非常に親和性が高いと考えています。
FSC承認包材の導入にあたっては、その「水と生きる」というコーポレートメッセージを象徴する商品であり、多くの方にご愛飲いただいている「サントリー天然水」から開始することで、消費者の皆様に広くサントリーの姿勢を知って頂けるのではと考えました。
まずは8月上旬製造分の「サントリー天然水」2LペットボトルからFSC認証済みのダンボール包材の使用を開始し、その後「サントリー天然水」550mlペットボトルをはじめ、「天然水」ブランドに順次導入していきます。また、ビール事業に関しても、ノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー コラーゲン」を皮切りに、「オールフリー」ブランドに本年秋以降順次採用します。

FSC認証には、FM認証※4とCOC認証の2種類の認証があります。COCの「C」はチェーン(鎖)の頭文字。加工・流通過程において、誰かが管理を怠ればその鎖は途切れてしまいます。古紙配合率など、材料が環境に配慮していることを言及する環境ラベルも多いなか、森林から消費者にわたるまで、加工・流通に携わるすべての組織を認証の対象とするのがFSCの特徴です。
そんな全世界が手を携えて取組まないといけないという点に賛同し、認証済みのダンボールを採用するだけではなく、当社自らCOC認証を取得することで責任を果たしていくことを選びました。

私自身もこのFSC認証取得の取組みを進めるうえで理解が深まったのですが、日本は世界の中でも一人当たりの紙使用量が多く、その材料となる木材は輸入に頼っています。そして、その輸入元の国では、森林破壊が問題になっているという事実があります。私たちも、FSC認証でしっかりと管理された森林の木材を使うということが、持続可能な社会の実現への貢献につながると考えています。

FSC認証を維持していくための要求事項は非常に多く、かつ厳しく、その運用を継続していくことは簡単ではありません。設立から20年で81カ国(2016年3月現在)という他の環境ラベルにはない勢いでFSC認証制度が広がっているのは、その高い水準の要求事項が信用の裏付けとなり、世界各国で信頼を得てきたからこそと考えています。 今回のFSC認証の取得は日本国内での取組みですが、このような国内の取組みを海外グループ会社にも周知していき、将来的にはグローバルな包材調達へも広げていくことができれば、包材調達担当の大きな仕事となると考えています。

  • ※1
    「2R+B」戦略(Reduce・Recycle+Bio)=ペットボトル開発において、樹脂使用量の削減と再生素材の使用により徹底した資源の有効利用を図りつつ、
    可能な範囲で石油由来原料を再生可能原料で代替していくサントリー独自の考え方
  • ※2
    FSC認証(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)=木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関
  • ※3
    COC認証(Chain of Custody:加工・流通過程)=森林管理の認証を受けた森林からの木材・木材製品であることを認証する制度。製品の製造や加工、流通のすべての過程において、認証材が適切に使用されるように管理されていることが求められる
  • ※4
    「全国段ボール工業組合連合会」調べ
  • ※5
    FM認証(Forest Management:森林管理)=適切な森林管理が行われ、経済的にも継続維持可能な森林に与えられる認証

Page top