閉じる

これまでのハイライト

被災地のニーズをふまえた復興支援活動を継続

「サントリー東北サンさんプロジェクト」を立ち上げ、2011年に43億円、2012年20億円、2013年25億円、2014年20億円の拠出を決定し、総額108億円の規模で復興支援活動を行っています。今後とも、サントリーグループは、被災地の方々のお役に立てるよう、行政やNGO/NPOなどと連携しながら支援活動を継続していきます。

漁業の復興支援

各県に漁業復興のための寄付金贈呈

県を通じて漁業の早期復興を支援するため、宮城県に30億円、岩手県に25億円の寄付金を贈呈

漁船取得支援

漁業者の負担を軽減するため、宮城県・岩手県を通じて、漁船の取得費用の一部を負担し、遠洋マグロ用・イカ釣り用などの大型漁船から小型漁船まで約1万隻の復旧を支援

  • 漁船取得支援数
    10,000

漁業関連施設復旧支援

宮城県・岩手県への漁業復興のための寄付金は、定置網・養殖施設などの復旧にも活用

  • 漁業関連施設復旧支援数
    400ヵ所

未来を担う子どもたちの支援

水産高校奨学金

水産高校7校の被災した生徒を対象に2012年から5年間、返還義務のない奨学金を支給

  • 奨学金受給生(のべ人数)
    2,000

サントリー・SCJ 「フクシマ ススム プロジェクト」

福島の子どもたちを中長期的に応援するため、子ども支援NPOへの助成、学童保育などの教育支援、インドアパークなど子どもたちが安心して学び遊べる場所づくりを展開

  • 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)
  • 子ども支援NPO助成団体
    40団体
  • サマーキャンプなど屋外活動参加者数
    3,900

石巻市子どもセンター建設

子どもたちの「夢のまちプラン」に基づく「石巻市子どもセンター」建設を支援

  • 子どもセンター利用者(月間平均)
    3,000

TOMODACHIサントリー音楽奨学金

米国政府・米日カウンシル-ジャパンと協働で、米国の音楽大学に入学する被災地の学生を支援

文化・スポーツを通じた支援

ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とともに、音楽活動への助成や被災地でのコンサートを展開

  • 「こどもたちのためのコンサート」来場者
    3,000
  • ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞受賞活動
    28団体

サントリー&日本工芸会「おもしろびじゅつ教室 in 東北」

重要無形文化財保持者(人間国宝)をはじめとした伝統工芸作家による出張授業を実施

  • 「おもしろびじゅつ教室」参加者
    310

「サントリー美術館 おもしろびじゅつワンダーランド in 東北」展

仙台市でサントリー美術館の所蔵品による日本美術の参加・体験型展覧会を開催

  • 来場者
    17,000

スポーツ大会に被災地の子どもを招待

ラグビー日本代表とニュージーランド代表(オールブラックス)との試合などに被災地の子どもたちを招待

  • スポーツ教室参加者・試合招待者
    3,080

ラグビー教室

ラグビー部「サンゴリアス」によるラグビー教室を被災地で毎年開催

バレーボール教室

バレーボール部「サンバーズ」によるバレーボール教室を被災地で毎年開催

Page top