閉じる

これまでのハイライト

海外特集 オランジーナ・シュウェップス・グループのサステナビリティ

オランジーナ・シュウェップス・グループについて

オランジーナ・シュウェップス・グループは、世界各国で愛飲されているフルーツ炭酸飲料「オランジーナ」をはじめ、お客様の健康志向のニーズに応えるさまざまな商品を展開しています。その販売エリアは、欧州(23カ国)からアフリカ、アジア・オセアニア、米州など世界60カ国以上に広がっています。

  • 本社所在地
    フランス(パリ)・スペイン(バルセロナ)・オランダ(アムステルダム)
  • 売上高  
    1,182百万ユーロ(2011年実績)
  • 従業員数 
    約2,500名
  • 事業内容 
    清涼飲料の製造・販売
  • 地域別売上構成

  • ブランド別売上構成

主要製品ラインナップ

サステナブルな喜びをお届けするために

人々の健康や地球環境に配慮した商品を通じて、お客様に喜びを感じていただくこと、それが私たちオランジーナ・シュウェップス・グループの使命です。私たちを使命の実現に駆り立てるのは、何事にも果敢に取り組むチャレンジ精神です。この強い思いのもと、サステナブル(持続可能)なライフスタイルの普及促進に向けて全力で取り組んでいます。
私たちの取り組みの中心にあるのは「栄養と品質」であり、お客様が健康で幸せな日々をお過ごしいただけるよう、最高品質の商品をお届けすることに全力を注いでいます。ナチュラルな商品こそが喜びをもたらすと確信し、おいしさと喜びのバランスがとれた商品を提供すべく、新しい分野の開発にもチャレンジを続けています。
オランジーナ・シュウェップス・グループの商品は、自然の恵みを原料としてつくられていることから、事業を継続・発展していく上で、地球環境の保全は最重要課題であり、全社をあげて環境経営を推進しています。
また、環境に配慮した商品を積極的に開発するだけでなく、社会やお客様にこれらの商品を広く普及させていくことも、私たちの大きな役目であると信じています。これからもこの信念に基づき、私たちの飽くなきチャレンジ精神ともてる力を大いに発揮し、多くの人々がサステナブルな行動やライフスタイルの実現に向けて取り組んでいただけるよう、積極的に、そして楽しく働きかけています。

オランジーナ・シュウェップス
・グループ CEO
ルイス・バッハ

サステナビリティの基本的な考え方

オランジーナ・シュウェップス・グループは、原材料の調達から商品開発・生産工程などあらゆる事業活動において、お客様に喜びを提供し、地域社会・地球環境にやさしい存在であることが社会的な使命と考えています。その実現のために、栄養・環境・人材・社会貢献を重点分野に設定。商品を通じて、あるいは社員のチャレンジ精神と創造力によって、取り組みを継続的に進化させながら、サステナブルなライフスタイルの実現を目指しています。

おいしさを保ちながら果汁飲料の糖分を減らしています

健康な生活を保つ上で、日常的に摂取する糖分量の適正化が重要です。そこで、オランジーナ・シュウェップス・グループでは、これまでのおいしさを保ちながら糖分含有量を減らす取り組みを進めています。フランスの2011年実績では、果汁飲料の平均糖分含有量を2006年に比べて14%削減しています。
また、無添加に近い中味の開発を目指し、原材料を吟味して天然の着色料や香料を使うだけでなく、保存料を削減するなど、大半の商品の改良を重ねてきました。たとえば、スペインで販売している「トリーナ」は、100%天然由来の原料だけでの製造を実現しました。
オランジーナ・シュウェップス・グループは、フランス政府が進める国民の栄養改善計画「PNNS(全国栄養健康プログラム)憲章」に署名(2008年)した唯一の清涼飲料メーカーです。

原材料の調達から販売まで全工程で環境負荷を低減しています

オランジーナ・シュウェップス・グループは、調達から販売に至る全工程で、廃棄物・水使用量・温室効果ガス排出量・エネルギー使用量を削減するとともに、リサイクル率も向上させています。

サステナブルな原材料調達

高品質の保証だけでなく、社会や環境にも配慮を行うサステナビリティ調達方針を定め、サプライヤーと連携してサステナブルな原材料調達を推進しています。2011年には9カ国において、全取引のうち80%を占める主要な果実のサプライヤーへの監査を実施し、サステナビリティ調達基準の徹底を図りました。

容器包装におけるCO2排出量を削減

バリューチェーン全体におけるCO2排出量を削減するには、容器包装における取り組みが重要と捉え、以下のテーマに重点的に取り組んでいます。

  • リサイクルが100%可能な容器包装の使用(ペットボトル・アルミニウム・鉄・ガラス)
  • 2006年比で容器を13%軽量化し、年間4,000トンの材料を削減
    ・「オアシス」2ℓボトルの軽量化(従来品より15g軽減)
  • リサイクル可能な素材の使用量を拡大
    ・フランスおよびベルギー向けの「オランジーナ」ペットボトルに再生樹脂を使用

容器包装におけるリサイクルや軽量化の取り組みは、バリューチェーン全体で排出されるCO2排出量の削減に大きく寄与しています。

社員が成長する喜びを実感できる「働きがいのある会社」に

オランジーナ・シュウェップス・グループでは、社員のキャリア開発や、チャレンジ精神を発揮しやすい職場環境の整備を進め、グループ全体が新たな成長に向けて常にチャレンジしていく風土を醸成しています。
また、社員の健康的な食習慣を支援することも企業の重要な使命の1つと考え、栄養学の基礎をより深く理解するためのセミナーを開催したり、スポーツ活動への参加を促す資金援助などを実施しています。
社員の満足度を世界共通の基準で調査する「働きがいのある会社(Great Place to Work)」ランキングでは、常に上位に位置し、87%の社員がオランジーナ・シュウェップス・グループの一員として誇りや喜びをもっています。

バランスのとれたサステナブルなライフスタイルを提供するために

バランスのとれたサステナブルなライフスタイルを提供できるよう、清涼飲料メーカーならではのプログラムを推進しています。

栄養学に関する情報や教育の提供

地域のステークホルダーの皆様と連携し、子どもたちとその家族を対象に、果物を食べる習慣を推奨するなど、飲料や食品の摂取方法についての啓発や、栄養を効果的に摂取する習慣の普及活動を行っています。
2009年より、欧州委員会が支援する子どもの肥満防止プログラム「EPODE」に参加し、子どもたちとその家族に食習慣と日常生活のバランスに関する教育を行っています。このプログラムは、すでに欧州の250以上の都市で実施され、大きな成果をあげています。

青少年のスポーツ活動を支援

健康的で豊かな生活をおくる上で、スポーツは重要な役割を担っています。そこで、オランジーナ・シュウェップス・グループではラグビーやハンドボール、テニスなど、青少年のスポーツ活動を積極的に支援しています。
フランスでは、「スクール・ナショナル・スポーツ連合(UNSS)」のパートナー企業として、全中学校の生徒に対し、80以上ものスポーツ教育を実施しています。また、UNSSの各イベントの機会を利用し、栄養に関する情報発信も行っています。

商品を通じて社会にポジティブな変化を

お客様に支持されているブランドは、社会に与える影響も大きいことを十分に認識し、ブランドの個性・楽しさ・エネルギーなどを通じて、生活スタイルにポジティブな変化をもたらすよう、以下のような取り組みを行っています。

  • 2009年以降、全商品のパッケージに栄養成分を表示(毎日の摂取カロリー量のガイドラインも含む)
  • 全商品を特定栄養ガイドラインに沿って開発
  • オアシス」「プルコ」「トリーナ」のような主要ブランドについては、天然由来の原材料を訴求するコミュニケーションを実施
  • 飲用後の容器類をわかりやすく楽しい方法で仕分けできるリサイクル表示を訴求

商品に表示しているリサイクルを呼びかけるロゴ

Page top