サントリーグループのサステナビリティ > 重点課題6 酒類を扱う企業として責任あるマーケティングと適正飲酒の普及と啓発

重点課題6 酒類を扱う企業として責任あるマーケティングと適正飲酒の普及と啓発

古来から、世界のさまざまな地域の気候や風土に根ざしてつくられてきたお酒は、日々の暮らしに喜びや潤いをもたらすとともに、人生の節目である祝事・慶事などでも大きな役割を果たしています。
しかしその一方で、アルコール飲料の不適切な飲用は、未成年者飲酒、飲酒運転、アルコール依存症など、社会の中でさまざまな問題を生み出していることも事実です。サントリーグループは、グローバルに事業を展開する総合酒類食品企業として、これらの課題の解決に積極的に取り組んでいく責任があります。
適正飲酒に関する「基本理念」「行動指針」を策定し、専門組織を設けて社内外への適正飲酒の啓発、販売・宣伝活動の社内チェック、研究機関への参加・協力・支援を継続しているほか、業界やWHO(世界保健機関)と協働して、国内外でさまざまな取り組みに参画しています。2014年に、グローバルなマーケティング規定をもつビームサントリーがグループに加わったことをふまえ、2015年からは同社とアルコール問題などを定期的に討議しながら、責任あるマーケティングに取り組んでいきます。

サステナビリティ行動計画

重点項目 中期目標 2014年度の実績 2015年度アクションプラン
適正飲酒の普及・啓発 消費者に対する適正飲酒の普及・啓発
  • 未成年者飲酒の防止やイッキ飲み防止の啓発活動を継続実施
  • 未成年者飲酒の防止やイッキ飲み防止の啓発活動を継続強化
積極的な働きかけによる酒類業界全体の取り組み向上 業界をリードしてWHOのアルコール世界戦略に対する業界コミットメントを実行
  • デジタルマーケティング年齢認証のしくみ導入検討
  • エナジードリンクのプロモーションを行わないことを継続
  • 業界コミットメント具体策の実行

PDFダウンロード

このカテゴリのページをPDF形式でダウンロードいただけます。
重点課題6 酒類を扱う企業として責任あるマーケティングと適正飲酒の普及と啓発 (PDFファイル:885KB)

ファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はAdobe社のダウンロードサイトからダウンロードしてお使いください。

Get Adobe Reader

ご意見・ご感想をお聞かせください

サントリーグループのサステナビリティ

サステナビリティレポート2015