閉じる

社会と響きあう 文化・社会貢献

芸術・文化・学術活動

サントリーグループは、豊かな生活文化の発展に寄与するため、サントリー美術館、サントリーホールの運営をはじめとして、多様な文化貢献活動に取り組んでいます。
また人文・社会科学の学術研究助成や、生物有機科学の研究活動の推進も行っています。こうした活動を通じて、次代を担う国際的人材の育成も目指しています。

芸術・文化・学術の振興活動

公益財団法人 サントリー芸術財団

1961年開館のサントリー美術館と、創業70周年記念事業として1969年に設立された鳥井音楽財団(1978年にサントリー音楽財団に改称)。ほぼ半世紀にわたって芸術分野で積み重ねてきたこの2つの活動を、創業110周年記念事業として1つに束ねるとともに、21世紀にふさわしい新たなかたちに革新すべく、2009年に設立されたのが公益財団法人サントリー芸術財団です。
また、2012年4月よりサントリーホールの運営へと事業領域を拡大し、ユニークかつ多彩な事業を通じ、日本の音楽・美術のさらなる普及と発展への貢献を目指しています。

「公益財団法人 サントリー芸術財団」はこちら

サントリー美術館 ― 「美を結ぶ。美をひらく。」

サントリー美術館は「生活の中の美」を基本理念に1961年に開館、日本美術やガラスを中心とした企画展と作品の収集活動を展開しています。2007年3月には六本木の東京ミッドタウンに移転。ミュージアムメッセージ「美を結ぶ。美をひらく。」のもと、国宝1件、重要文化財15件をはじめとする約3,000件の収蔵品を核に多彩な企画展を開催し、日本人の“美への感性”を後世に継承していく活動を続けています。「都市の居間」をテーマに建築家・隈研吾氏によって設計された美術館には、ショップやカフェ、さまざまなプログラムを開催するホール、茶室などもととのっています。

サントリー美術館

サントリー美術館ならではの企画展を開催

2019年は幕末・明治期に独自の道を切り開いた絵師・河鍋暁斎を特集した「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」展、佐藤オオキ氏率いるデザインオフィスnendoとのコラボレーションによる「information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」展、美術のテーマとなった「遊び」に着目した「遊びの流儀 遊楽図の系譜」展、個性的で生き生きとした美濃焼の造形の魅力を紹介した「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶」展など、サントリー美術館ならではの4つの企画展を開催し、いずれも人気を博しました。

  • 邸内遊楽図屛風 六曲一隻 江戸時代 17世紀 サントリー美術館

  • 「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶」展 ポスター

すべての展覧会で日本語と英語による音声ガイドの貸し出しを行い、館内の茶室「玄鳥庵」にて指定日に呈茶席を設けるなど、国内外のお客様に日本文化に親しんでいただける取り組みを続けています。

  • 茶室「玄鳥庵」(美術館6階)

  • 呈茶席(展覧会開催中の指定日のみ)

「サントリー美術館」はこちら

サントリーホール — 世界一美しい響きをめざして

サントリーホールは、1986年に東京初のコンサート専用ホールとして開館しました。偉大な指揮者である故カラヤン氏に「音の宝石箱」と評されたヴィンヤード形式の大ホールと、ブルーローズ(小ホール)の2つのホールで、国内外の一流アーティストによる演奏が繰り広げられています。毎年、年間約550を超える公演に、約60万人のお客様が来場されています。

サントリーホール写真

サントリーホール

開館30周年後の大改修でユニバーサルデザインを推進、安全・安心への取り組みも「世界一」を目指して。

2016年10月12日に開館30周年を迎えたサントリーホールでは、2017年2月から8月まで休館し、大規模改修を行いました。“世界一の美しい響き”を大切にしながら、高齢者の方、障がいをお持ちの方にも楽しんでいただけるように、ホワイエから1階大ホールに移動しやすいスロープや多目的化粧室の増設など、ユニバーサルデザインを推進しています。
リニューアルオープン直前には、サントリーグループの従業員が参加した、避難訓練付きコンサートを開催しました。定期的な消防訓練や防犯訓練を行って、安全・安心への取り組みも「世界一」を目指しています。

避難訓練付きコンサートの様子

防犯の実地訓練を通じた、安全・安心への取り組み

開館から現在までの公演アーカイブが完成

開館時から現在までの公演情報をWEBサイト上で検索できる「サントリーホール公演アーカイブ」が完成、これまでサントリーホールで展開された数々の名演の歴史が検索できるようになりました。

  • 公演アーカイブ

  • 30周年記念ガラ・コンサートカーテンコール

公演アーカイブはこちら

「サントリーホール」はこちら

オリジナリティあふれる主催公演を開催

開館当初より音楽の情報発信基地としてオリジナル企画の主催公演を開催してきました。1987年から続く現代音楽の祭典“サマーフェスティバル”、開館25周年の2011年からスタートした初夏の室内楽の祭典“チェンバーミュージック・ガーデン”は国際的な注目を集めています。

  • サントリーホール
    チェンバーミュージック・ガーデン2019

  • サントリーホール
    サマーフェスティバル2019

  • ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン2019
    クリスティアン・ティーレマン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

音楽事業 ― 音楽振興のための先進的な取り組み

日本における洋楽の発展に寄与するため、優れた業績をあげた個人または団体を顕彰する「サントリー音楽賞」や、チャレンジ精神に満ちた公演に贈られる「佐治敬三賞」、日本人の新進作曲家の優れた作品を公開選考会で選ぶ「芥川也寸志サントリー作曲賞」の贈呈、「日本人作曲作品」の紹介やコンサート助成など幅広い活動を展開しています。また、2014年からは、世界的文化遺産である弦楽器名器の保全と、貸与活動を通した音楽家の育成を目的として、財団所蔵楽器を中高生に無償貸与する「サントリー芸術財団名器特別賞」や若手演奏家向け貸与を新たにスタートしました。

「サントリー音楽賞」「佐治敬三賞」
贈賞式

ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金

サントリー芸術財団はサントリーホールディングスとともに、音楽を通して被災地はもとより日本全国に活力を与えることを目的として、「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」の活動を行っています。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と協働で音楽活動の助成「音楽復興祈念賞」や被災地での「こどもたちのためのコンサート」、ジュニアオーケストラの指導、献奏など、多くの活動を展開しています。

  • ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金
    仙台ジュニアオーケストラとの音楽交流

「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」はこちら

「音楽事業」はこちら

公益財団法人 サントリー文化財団

創業80周年を記念し、「社会と文化をめぐる国際的、学際的な探求の深化をめざして、広い分野に亘って有能な人材を発掘援助し、独創的で冒険的な研究を助成し、あわせて世界と日本との文化的な交流の飛躍的な発展に寄与する」との趣旨を掲げ、1979年に設立されました。
「学芸文化振興事業」として人文学、社会科学の領域における研究助成と調査研究、「サントリー学芸賞」の贈呈、海外出版助成など、「地域文化振興事業」として「サントリー地域文化賞」の贈呈と地域文化活動の支援などに取り組んでいます。
近年では若手研究者への支援にも積極的に取り組んでおり、これからの社会を担う人材のサポートに加えて、研究者と社会の橋渡しとしてアカデミズムとジャーナリズムの交流の場を設ける取り組みなども行っています。
文化財団は2019年で設立40周年を迎えました。40周年を機に、新たに『〈知〉をつなぐ、〈知〉をひらく、〈知〉をたのしむ』というコンセプトを掲げ、トークライブや、国際シンポジウム、地域文化をテーマにしたフォーラムなどの新しい取り組みを行ってきました。

  • 「サントリー学芸賞」贈呈式

  • 「サントリー地域文化賞」贈呈式

  • 「若手研究者のための
    チャレンジ研究助成」報告会

文化財団40周年記念事業

トークライブ(学芸ライヴ)

異なる専門分野の研究者をゲストに迎え、専門領域を超えて繰り広げる議論を通じ、<知>の面白さをメディア関係者に共有しました。

「これからの時代をどう生きるか —宗教×労働×その日暮らし—」
稲葉圭信氏×小川さやか氏×大竹文雄氏×大内信哉氏

トークライブ(プレミアム・ミニトーク)

書店を舞台に、サントリー学芸賞の受賞者と読者が交流できる場を一般読者向けに開催しました。

  • 「生物と芸術のあいだ」
    三浦篤氏×福岡伸一氏

  • 「ことばの力」
    柴田元幸氏×互盛央氏

国際シンポジウム

世界に先駆け超高齢化社会を迎えた日本の課題について、グローバルに活躍するオピニオンリーダーを招聘し国際的視野から検証するシンポジウムを開催しました。

国際シンポジウム
「高齢化社会はチャンスになりうるか」

地域文化フォーラム

東京・福島・富山・広島・大阪(※公開中止)の5都市で開催し、地域文化の存続、発展に寄与する提言(『続けるヒント』)を報告するとともに、地域文化の実践者・支援者と知恵を共有するフォーラムを開催しました。

  • 「地域文化を思う」を
    テーマにした
    ディスカッションの様子

  • 「因島村上水軍陣太鼓保存会」の演奏

  • 提言書『続けるヒント』

「公益財団法人 サントリー文化財団」はこちら

公益財団法人 サントリー生命科学財団

サントリー生命科学財団は、国民の健康と栄養の向上を目的に、財団法人食品化学研究所として1946年に設立、1979年に財団法人サントリー生物有機科学研究所への名称変更を経て、生命科学と有機化学の融合領域である生物有機科学を基盤とする研究活動と学術振興を推進し、大学教授など、第一線で活躍する研究者を輩出してきました。
自らの研究所を「構造生物学」「有機化学」「分子生物学」の異分野融合拠点として位置付け、大学などの研究機関との共同研究を推進しながら「代謝」「生体膜」「シグナリング」をキーワードに「分子を中心に据えた生命現象のメカニズムの解明」を目指した研究活動に取り組んでいます。また、大学などの研究を支援する解析センター事業、若手研究者への研究助成、大学院生への奨学金、学術集会助成などの研究奨励助成事業、ならびに大学院連携講座の開設による研究・教育支援、博士客員研究員制度などの研究人材育成事業を行っています。

  • 財団の歴史を紹介する展示

  • 800MHz超伝導核磁気共鳴分析装置

ゴマの健康成分「セサミン」とともにゴマ種子に含まれる抗酸化物質「セサモリン」および「セサミノール」の生合成酵素遺伝子を世界で初めて発見、葉の縁の凸凹の形を制御する遺伝子の解明、花の色素とフラボノイド配糖体との相互作用による青色形成メカニズムの解明など、多くの研究成果が著名な学術論文に掲載されています。また、年度ごとに共同研究者や第一線の研究者を招いて報告会を開催しています。

2017年度研究所報告会
(大阪大学中之島センター佐治敬三メモリアルホール)

2020年1月31日、「サントリーSunRiSE 生命科学研究者支援プログラム」を設立しました。基礎研究における若手研究者の“知りたい、極めたい”を実現できるよう、資金の使途や期間の制限をできる限り排除した柔軟性・有効性の高い支援を行います。研究者間のコミュニケーションのみならず、財団の人脈、さらにサントリーの人脈を活用した、「知のネットワーク」を構築し、社会に発信していきたいと考えています。(SunRiSE: Suntory Rising Stars Encouragement Program in Life Sciences)

「サントリーSunRiSE 生命科学研究者支援プログラム」記者会見

「公益財団法人 サントリー生命科学財団」はこちら

ともに「歌う」歓びを広げる「サントリー1万人の第九」

1983年、大阪城ホールのオープニング記念イベントとしてスタートし、2019年で37回目を迎えた「サントリー1万人の第九」。
サントリーグループは、師走の風物詩である本コンサートに第1回から協賛しています。
1万人がともに「歌う」歓びやクラシック音楽の素晴らしさを感じられる機会として、レッスン会場を拡大し、幅広い年代・国籍の方々が参加するなど、世代を超え、地域・国境を越え、ますます広がりをもったイベントとなっています。
また東日本大震災復興支援活動の一環として、2011~2013年は東北会場を設け、大阪城ホールと中継を結んで開催し、2014年には岩手県・宮城県・福島県から150名を大阪城ホールへご招待しました。
また2017年からは、TV放送に加え、より多くの方にご覧頂くためにLIVE配信<LINE LIVE>を展開しています。

サントリー1万人の第九

「サントリー1万人の第九」はこちら

Page top