閉じる

サステナビリティへの取り組み

社会と響きあう文化・社会貢献

サントリーグループの文化・社会貢献活動の原点は、創業者・鳥井信治郎の「利益三分主義」の精神にさかのぼります。時代を見つめた文化・社会貢献のあり方を追求し続ける姿勢は、世代を超えて受け継がれており、「芸術・文化・学術」「スポーツ」「社会福祉」の分野を中心に、「次世代育成」「被災地支援」「地域貢献」「チャレンジド・スポーツ支援」「社員ボランティアの推進」など多岐にわたる文化・社会貢献活動に取り組んでいます。すべての社会貢献活動で地域とのエンゲージメント活動を実施し、地域とのコミュニケーションを大切にしています。

  • 芸術・文化・学術・スポーツ
  • 社会福祉
  • 次世代育成
  • 地域貢献

サステナビリティ行動計画

目標達成:  目標達成70%以上:  目標達成70%未満:

重点項目 中期目標 2020年度の実績 評価 2021年度アクションプラン
幅広い文化・社会・学術貢献 財団活動支援を通した貢献活動
  • 新型コロナ感染拡大の状況下で、サントリーホールのコンサートWEB配信やサントリー美術館でのオンライン「まるごといちにちこどもびじゅつかん」開催
  • 第42回サントリー学芸賞選考・贈賞実施、若手研究者助成実施
  • サントリーSunRiSE 生命科学研究者支援プログラムを立ち上げ若手研究者の研究支援を開始
  • 公益財団法人サントリー芸術財団、サントリー文化財団、サントリー生命科学財団の活動支援を通じた文化・社会・学術貢献推進
  • デジタルサントリーホールの立ち上げなど、コロナ下でもオンライン活用も含めた取り組みを拡大
地域貢献 自治体・NPOなどと連携した東北・熊本復興支援活動強化
  • 「サントリー東北サンさんプロジェクト」、「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」における文化・芸術・スポーツ活動による支援活動は新型コロナ感染防止に留意しながら規模を縮小して実施
  • 7月の熊本豪雨に対して義捐金拠出および豪雨被災地域の小中学生向けに熱中症対策飲料提供等を実施
  • 「サントリー地域文化賞」による地域文化顕彰による地域活動支援
  • 「サントリー東北サンさんプロジェクト」では新たに「みらいチャレンジプログラム」を立ち上げ、岩手県・宮城県・福島県の“地方創生”・“地元活性化”を支援
  • 「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」においても次世代への震災記憶の継承を目指して「水の国くまもと未来予想図プログラム」を実施
  • 「サントリー地域文化賞」による地域文化顕彰による地域活動支援実施
社会貢献活動のグローバル展開 エリアにおける社会貢献活動の推進
  • ベトナム、インドネシア、タイ中心に次世代環境教育「水育」実施
  • 他エリアでの社会貢献活動の展開
  • アジア地域で次世代環境教育「水育」のエリア拡大
  • 他エリアでの社会貢献活動の展開
次世代育成支援 文化・スポーツ活動を通じた次世代育成支援強化
  • 文化・スポーツ活動を通じた次世代育成支援プログラムの実施 コロナの影響でオンライン参加者も含めて約40,000名
  • チャレンジド・アスリートへの奨学金制度実施
  • さらにオンラインも活用して文化・スポーツ活動を通じた次世代育成支援プログラムの拡大実施(参加者70,000名)
従業員の社会貢献活動参加支援 従業員が社会貢献活動に積極的に参加できるような基盤づくりと推進
  • ボランティア情報サイト「ボランティアーズ」の充実
  • 理念浸透施策(Global Action for Water・Global Action for Humanity)に合わせて春は「水」、秋は「人」をテーマに国内外でボランティア活動を推進。
  • 新型コロナ感染防止のため、在宅で参加できるボランティアプログラムを拡充
  • 年間参加2,030名(日本国内)
  • ボランティア情報サイト「ボランティアーズ」のさらなる充実
  • 理念浸透施策(Global Action for Water・Global Action for Humanity)に合わせて春は「水」、秋は「人」をテーマに国内外でボランティア活動を推進。
  • 新型コロナ感染防止のため、在宅で参加できるボランティアプログラムをさらに拡充
  • 年間参加2,000名(日本国内)

Page top