閉じる

原材料のサプライヤーとは、公正な評価・選定や公平な競争機会を基盤にしています。

サプライヤーとの公正・公平な取引の徹底

サプライヤーとの取引にあたっては「サントリーグループCSR調達基本方針」に基づいた「購買管理規定」や「取引先選定基準」に則り、各社に公平な競争機会を提供しています。同時に、各社の商品・サービスの品質や供給力、財務状況、安全確保、環境保全、社会貢献などへの取り組みを公正に評価し、ビジネスパートナーを選定あるいは取引継続の可否を判断しています。
ビジネスパートナーとは、お互いに信頼できるパートナーとして力を合わせ、お客様に喜んでいただける商品・サービスの提供を目指しています。

企業行動規範

下請法に対応した経理システムを運用

サントリーグループでは、「下請代金支払遅延等防止法(以下、下請法)」に対応した経理システムを構築・運用しています。原料・包材の発注段階で登録した支払条件などの情報をもとに、予定どおり支払手続きがされていない場合に、管理者画面に警告が表示され、支払遅延などのトラブルを未然に防止するものです。なお、2017年は原料・包材の取引に関し下請法に抵触する法令違反はありませんでした。

  • サントリーグループの「下請法」適用ビジネスパートナー数は、原料部が2017年5月時点で39社(取引金額比率で約14%)、包材部が2017年12月時点で63社(取引金額比率で約4%)

Page top