閉じる

お客様・お取引先と響きあう 商品・サービス

アルコール関連問題への取り組み

酒類を製造・販売する企業の責任として、アルコール関連問題に積極的に取り組んでいます。

サントリーグループの目指す「DRINK SMART(ドリンク・スマート)」

古来、お酒は世界のさまざまな地域の文化や風土の中で育まれ、祝事・慶事などで大きな役割を果たし、日々の暮らしに喜びや潤いをもたらしてきました。その一方で、不適切な飲み方によってさまざまな問題が生じるおそれがあることも事実です。
お酒に関する正しい知識を持ち、お酒と上手につき合うことでより健康的で豊かな生活を送ること。これが私たちの目指す“ドリンク・スマート”です。

適正飲酒のために──サントリーの基本理念・行動指針(2002年制定)

基本理念

サントリーグループは、アルコール飲料の特性を認識し、アルコール関連問題の予防に努めるとともに、適正飲酒の考え方を普及させることによって、人々のより健康で文化的な生活のために貢献します。

  1. 1.
    アルコール飲料の持つ致酔性、依存性が、身体的、精神的、社会的な問題を引き起こすことを認識し、アルコール関連問題の予防をめざします。
  2. 2.
    体質の違いや身体の状況、飲酒に対する考え方の違いが尊重されるより良い飲酒環境の形成をめざします。
  3. 3.
    節度をわきまえた適度な飲酒(適正飲酒)は、心身の健康に役立ち、人間関係に潤いを与えるとの認識に立って、お酒の科学的研究の推進と、その正しいつきあい方についての知識の普及に努めます。

行動指針

  1. 1.
    飲酒に関する正しい知識の啓発に努めます。
  2. 2.
    社会活動に積極的に協力します。
    • 未成年者飲酒防止
    • イッキ飲み防止
    • 飲酒運転防止など
  3. 3.
    法令、当社ならびに業界自主基準を厳守します。
  4. 4.
    アルコールと健康に関する医学研究に自ら取り組み、また、支援します。

専門組織が責任をもって対応

サントリーグループは、1976年に「サントリー宣伝コード」を制定し、飲酒に関する宣伝・広告表現の自主規制を業界に先駆けて開始しました。その後、アルコール関連の専門組織「ARS委員会」と、事務局であるARS室を設置。1.責任あるマーケティングの実践、2.社内外への適正飲酒の啓発などを行っています。

  • ARS:Alcohol Responsibility and Sustainability Department

1.責任あるマーケティングの実践

責任あるマーケティングの実践

ARS室は、酒類製品に関するすべてのマーケティング活動に対して、適法性・妥当性の社内事前審査を行っています。この審査により、不適切なマーケティング活動を未然に防止しています。
2006年には、製品表示などについても事前審査をシステム化しました。2007年には酒類の広告・販促活動に関する社内自主基準を改定し、活動をより強化しました。2007年以降も、業界団体と連携して自主基準の改定を行い、関連部署において定期的に研修を行いながら、責任あるマーケティング活動の推進に努めています。

社会情勢に対応した自主基準の改定(業界・社内)

社会情勢に対応して「飲酒に関する連絡協議会」が制定した酒類業界の自主基準および社内自主基準を改定しています。2010年にはCMに妊産婦飲酒の注意表示を実施。また、テレビCMの土・日・祝日の自粛時間を5時00分〜12時00分までから、5時00分〜18時00分までに延長し、年間を通して5時00分〜18時00分まで酒類のテレビ広告を自粛することとしました。
さらに、2014年に施行された「アルコール健康障害対策基本法」に基づき、不適切な飲酒の誘引防止のための自主的な取り組みとして、テレビ広告で使用するタレントの年齢を25歳以上に引き上げることや、テレビ広告の飲酒表現で、喉元を通る「ゴクゴク」の効果音を使わないことなどを実施しています。

ノンアルコール飲料推進の取り組み

サントリーグループでは、適正な飲酒の啓発のほか、アルコールの影響を気にせず幅広いお客様に楽しんで頂くため、低アルコールおよびノンアルコール飲料の推進も行っています。
同時に、ノンアルコール飲料については味わいが酒類に類似していることから、満20歳以上の成人の飲用を想定した社内基準を設け、これに対応しています。
今後も対象商品を拡大するとともに、「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」「プリン体ゼロ」を実現した商品の販売を促進する等、健康志向の消費者ニーズへの対応を続けていきます。

2.適正飲酒啓発活動

従業員に対する適正飲酒啓発

酒類を製造・販売している企業の一員として、従業員の適正飲酒に関する意識を高めることも重要です。サントリーグループのイントラネットには、ARS室による「お酒を悪玉にしないために――グループ社員一人ひとりにできること。」を開設し、国内グループ会社従業員への啓発を行っています。また、飲酒運転を行った従業員は、公私を問わず諭旨免職以上の処分とすることを就業規則に定めています。
また、2015年からは従業員を対象に適正飲酒に関するセミナーとアルコール体質検査を実施しています。これは従業員が自分自身のアルコールの代謝に関する体質を知ることにより、他者への配慮や適正飲酒の考え方を理解することを目的に行っています。

お客様に対する適正飲酒啓発

サントリー独自の取り組み

酒類メーカーとして、お酒の特性や適切な飲み方をお客様に正しくご理解いただく取り組みを行っています。

取り組み 開始年度 概要  
モデレーションキャンペーン(適正飲酒啓発広告)で節度ある飲み方を啓発 1986年 「酒は、なによりも、適量です。」というメッセージを伝える「モデレーション広告」を2017年末までに全国紙に200回近く掲載しています。(2002年には第22回新聞広告賞「広告主企画部門優秀賞」を受賞しました)
適正飲酒啓発ホームページリニューアル 2017年
リニューアル
お酒に関する正しい知識を理解し、お酒と上手に付き合うことで、より健康的で豊かな生活を送ること。これを当社の考えるDRINK SMARTと位置づけ、ホームページをリニューアル。SNSにも対応しました。
「イッキ飲み防止キャンペーン」(主催:イッキ飲み防止連絡協議会)への協力 1993年 イッキ飲み防止連絡協議会が実施している同キャンペーンの趣旨に賛同し、第1回からポスター・チラシなどのデザインやノベルティプランニングに協力を続けています。同協議会は、「イッキ飲み」によって亡くなった方々のご遺族が中心となって1992年10月に結成されました。
「親子で学べる未成年者飲酒防止啓発教材」を発行 2005年 子どもとその保護者を対象にした学習教材「親子で学べる未成年者飲酒防止啓発教材」を(株)学研プラスと共同で制作し、全国の小学校を中心とした教育機関に無償配布しています。また、2017年には教育現場からのニーズに応え、映像で学ぶ未成年者飲酒防止教材を作成しました。
飲酒運転防止の啓発活動 2006年 欧米などで先行している「指定ドライバー制度」(飲食店などで車1台につき1人以上の指名ドライバーを決める制度)は、工場見学受け入れの際に実施。受付時と試飲会場で、2回にわたり確認し、ドライバーの方にはノンアルコール飲料を提供しています。さらに飲食店を運営している(株)ダイナックでは、未成年者飲酒禁止と飲酒運転禁止のステッカーを飲食店全店に貼付しています。
業界と連携した取り組み

ビール酒造組合や日本洋酒酒造組合などの業界団体の一員として、その活動に積極的に参画しています。

取り組み 開始年度 概要  
未成年者飲酒防止のための取組み 2005年 交通広告(駅貼り・ステッカー)を中心に、STOP!未成年者飲酒を呼びかける広告を年2回(春・冬)実施しています。
未成年者飲酒防止のための取組み 2002年 2002年より未成年者飲酒防止ポスター・スローガン・学校賞募集キャンペーンを実施しています。 2017年より「未成年者飲酒防止教育“学校コンクール”」と名称を改め、学校としての取組みを全国から募集し、表彰を行っています。
未成年者飲酒防止のための取組み 2015年 酒類ホームページのブランドサイトの入り口で20歳以上であることを確認するための年齢認証ゲートを設けています。
妊産婦飲酒防止のための取組み 2008年〜 製品容器や、POP等酒類販促物、TV広告などの動画媒体への注意表示を実施しています。
女性の適正飲酒啓発活動 2017年 女性の社会進出やライフスタイルの変化を背景に増加傾向にある“リスクある女性の飲酒”を防止するため、HPでの正しい知識の普及や、アルコール体質検査の紹介を行なっています。

アルコール関連問題低減に向けグローバルに活動

アルコール関連問題は、WHO(世界保健機関)で2010年に「アルコールの有害な使用の低減に向けた世界戦略」として採択されました。また2013年の「NCD(非感染性疾患・生活習慣病)予防のためのアクションプラン」でも有害な飲酒の低減が目標の1つとして含まれるなど、各国政府や公衆衛生機関の専門家が関係者と協議しながら取り組むべきグローバルな課題として位置づけられています。その中で酒類業界も重要なステークホルダーと位置づけられています。
サントリーグループは、これらのアルコールに関する課題に対応するため、国際的な適正飲酒推進の取り組みを進める組織「IARD(http://www.iard.org/)」に参画し、世界の主要酒類メーカーによるWHOのアルコール世界戦略の実現に寄与するための「業界コミットメント」の推進に2013年から取り組んでいます。
「業界コミットメント」の進捗は毎年監査法人による監査を経て「プログレスレポート」として発行されています。
サントリーグループは、2015年からビームサントリーとグローバルレベルでの責任あるマーケティングの実践や、適正飲酒の啓発活動の展開を行うため、定期的に会議を開催し、中期的なビジョンのもと、グローバルなマーケティング規定の整備や、啓発プログラムの推進に取り組んでいます。
サントリーグループのグローバルなプログラムとして「DRINK SMART®」を展開し、未成年者飲酒や飲酒運転の防止、適正飲酒の啓発、飲酒をしない人への配慮といった基本原則を踏まえ、関係団体と協力しながら各市場固有のニーズ・文化に合わせたプログラムを推進しています。

  • プログレスレポート

  • コミットメントCEO会議(2017年9月)

  • ビームサントリー社
    との打ち合わせ

Page top