閉じる

Frucor Suntory

フルコア・サントリー

  • 本社所在地
    86 Plunket Ave, Manukau, Auckland 2104, New Zealand
  • 事業内容
    清涼飲料の製造・販売
  • ホームページ

会社概要・理念

総合清涼飲料メーカーであるフルコア・サントリーは、エナジードリンク、果汁飲料、ミネラルウォーター、スポーツ飲料、昆布茶、乳飲料など、さまざまなタイプの飲料を提供しています。フルコア・サントリーのブランドは、ニュージーランドとオーストラリアの家庭で親しまれ、確かな地位を確立しています。このように市場から支持をいただいている理由の一つは、従業員全員が共有している価値観とその企業風土にあります。"Together"(一緒に)、"Go for it"(やってみなはれ)、"Make a difference "(変える)―これらの価値観と、私たちの行動原理である”hungry to make drinks better”(よりよい飲料を求めて)を全員で実践することで、私たちは市場において独自の地位を築くことができていると考えています。

主なサステナビリティ活動

お客様・お取引先と響きあう
~商品・サービス~

品質への取り組み

品質管理と食品安全性の確保を徹底

フルコア・サントリーの工場は、HACCPやNational ProgrammeからISO 9001/ISO 22000まで、多岐にわたる国内や国際的な食品の安全性や品質管理プログラムに沿って運営されています。また、製品の有機性を裏づける認定も受けています。
委託製造業者に対しては、専門チームが監査を行い、当社が従う基準と同じ品質基準に適合しているかを確認しています。

「KAIZENプロジェクト」を継続

フルコア・サントリーは「あらゆる部門で無駄を省く」という方針を掲げて全社で活動しています。工場での製造工程における「5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)」ならびに「生産性向上プログラム」の実施は外部表彰の対象にもなりました。また、製造、品質、物流、研究開発、財務、IRなど各部門で「KAIZENプロジェクト」を行っています。当社では、10年にわたり、整理、整頓、清潔、清掃、躾けの5Sを実践し、また製造スタッフのほとんどがニュージーランド資格省(NZQA)の競争生産レベル2の資格を得ています。最近では、生産性改善プログラムでの競争要素を向上するとともに、17名の従業員がシックスシグマ・グリーンベルト、2名の従業員がブラック・ベルトの解説者としての資格を取得しました。毎年、フルコア・サントリーの工場では800を超える改善アイディアが実施されています。こうした継続的な改善に向けた当社の意欲により、2015年、サントリーの世界改善フォーラム(WKF)での初代受賞会社となりました。2016年には、ニュージーランドのオークランドで、フルコア・サントリーが第2回のWKFイベントを主催しました。
この4年間に、さまざまな部門(R&D、品質、製造、エンジニアリング、HR、ファイナンス)の37人がグリーン・ベルト(持続的向上)プロジェクトを修了しました。2019年の修了に向けて、さらに10人の候補者が受講中です。
また、2名のスタッフがブラック・ベルトに認定されています。2018年には、15名が2日間のイエロー・ベルトコースを修了しましたが、2019年はさらに2つのプログラムの修了が予定されています。

よりよい飲料を求めて

「hungry to make drinks better(よりよい飲料を求めて)」は、フルコア・サントリーの事業全体に掲げられた目標です。この目標を元に私たちは「better for you(お客様にとってよりよい)」なより優れた商品づくりを行っています。
私たちは今後、低糖、無糖の製品がグループの成長の半分以上を占めるようにすることを約束し、2030年には販売する製品の三分の一の飲料を低糖、無糖にしていきます。
2018年には、Amplify kombucha(100mLあたりの砂糖含有量1g未満)と砂糖と人工香料を含有しないNZ Naturalスパークリングフレーバーウォーター、砂糖なしのPepsi Max Vanillaの販売を開始しました。またOVIの成分を見直し、砂糖を50%減らして100mL中2gとしました。OHソーダも砂糖を100mL中2g未満にしました。さらに、V Pureの砂糖も10%減らしました。
当社ではすでに「% Daily Intake Energy」アイコンを使ったHealth Star Rating食品表示スキームを採用しており、砂糖で甘味を付けた飲料の学校での販売を自粛しています。保健省のHealthy Kids’ Pledgeの一環で、小学校と中学校に販売しているのは水だけです。中学校には砂糖で甘味を付けたソフトドリンクや栄養ドリンクの直接販売は行っていません。
フルコア・サントリーは天然植物由来の甘味料であるステビアを世界で初めて使用した飲料企業の一つです。ステビアはフルコア・サントリーの多くの飲料で砂糖の代わりに使用されています。

お客様との関わり

フルコア・サントリーは、互いに相手を尊重する姿勢で、お客様に接しています。それがお客様との非常に良好な関係を築き、常に業界最高の企業として認識していただくことにつながっています。
優れたサービスの提供に貢献したと高く評価され、ドミノ・ピザオーストラリアとドミノ・ピザニュージーランドの2018年ビジネスパートナー賞を受賞しました。また、オーストラリアの営業チームは、V DeadpoolがBPの新商品賞を受賞、ニューサンライズグループの大会にて飲料・エネルギードリンク部門でサプライヤー賞を受賞、AACS Convenience Leaders’ Summitで飲料サプライヤー賞を受賞するなど、業界から多数の賞を受賞しました。

ビジネスパートナーとの関わり

できる限り地元産の原材料やサービスを調達するようにしていますが、一部は、要求を満たすために海外から調達しています。フルコア・サントリーは、すべての調達先に対し、従業員の待遇に関する社会的基準の遵守や地域の環境方針・規格の遵守を要請しています。フルコア・サントリーが調達するすべての原材料は、フルコア・サントリーの品質規格への適合を保証するため、厳格な原材料確認検査と調達先での製造工程検査を受けています。

自然と響きあう
~環境~

環境への取り組み

環境方針

フルコア・サントリーは、世界と私たち自身のエコロジカルフットプリントの管理と低減に努めています。

私たちの2030年目標:
  • 埋め立てゼロ
  • カーボンフットプリントの35%削減
  • 水使用量の20%削減

廃棄物削減とリサイクルを推進

廃棄物削減を重点項目と位置づけ、さまざまな取り組みを推進しています。また、フルコア・サントリーは、ニュージーランドとオーストラリアの複数の業界団体に所属し、公共の場所やイベント会場でのリサイクル活動、包材設計の改良、容器リサイクルに関する地域を基盤とした研究開発への資金提供など、廃棄物排出量の削減とリサイクル率向上への取り組みを推進しています。フルコア・サントリーの環境改善計画は、リサイクル率向上とエネルギー・水使用量を大幅に削減することを目標にし、体系的にサステナビリティに取り組んでいます。
優れたパッケージのデザインにより、パレットにこれまでより20%も多く商品を積載でき、フルコア・サントリーのトラックが減ることで環境への影響も減らす事ができます。

エネルギーと水資源を有効利用

フルコア・サントリーは、オーストラリアとニュージーランドでCEMARS認定を受けている数少ない企業の一つです。CEMARSとはCertified Emissions Measurement And Reduction Scheme(排出量測定削減認証制度)の略で、炭素排出量を積極的に管理して削減している企業を認証する国際的な認証制度です。
フルコア・サントリーでは、CO2は、製造などのわかりやすいものから、目立たないものまで多くの排出源がありますが、CO2の排出量を抑制するための対策を取っています。この18ヵ月間、環境コンサルタントと協力しつつ、炭素排出量の正確な測定や、排出量の削減のための新しい方法を探求してきました。これらの取り組みのおかげで、外部監査の要件に適合しつつ達成可能な、環境への影響を軽減するための目標を設けました。
当社のサプライチェーンチームは、エネルギーと水の使用量削減を推進しています。新しい技術への投資や削減に貢献する習慣をつけることによって、エネルギー原単位で12%、水の使用量で9.2%を削減しました。
ロジスティックチームも、CO2の排出量全体を削減するために複数のキー・プロジェクトを実施しています。例えば、オーストラリアのビクトリア倉庫の照明をLEDに変更したことや、ニュージーランドのクライストチャーチ倉庫の最適化(10,500 kmの削減)、コンテナや運送効率の向上(40,000 kmの削減)などがあります。

エナジードリンク「V」のライン

社会と響きあう
~文化・社会貢献~

地元企業との関わり

フルコア・サントリーは、OzHarvest、Foodbank Australia、Surf Lifesaving NZ、Books in Homesなどのオーストラリアとニュージーランドのさまざまな団体と協力し、コミュニティ貢献活動を行い、従業員の地域ボランティア活動を支援しています。
また、2006年に砂糖が多く入った炭酸飲料やエネルギー飲料を小中学生に提供しないという自主協定をニュージーランド保健省、教育省と締結しました。2017年にはさらに関係を密にし、小学校と中学校では水だけしか販売しないことに合意しました。これは、ニュージーランド飲料評議会が、政府の子供の健康を意識した産業宣言への賛同を示しています。

従業員のボランティア活動

フルコア・サントリーは、従業員のボランティア活動を支援しており、従業員が定期的にOzHarvestやKiwiHarvestのコミュニティ貢献活動に参加しています。

従業員と響きあう
~ダイバーシティ経営~

従業員に対する取り組み

労働安全衛生を推進:変革への道

当社は何をするにあたっても、人をその中心に置きます。当社のスタッフが、毎日、家族の元へ健康のまま、安全に帰れることが私たちのビジョンです。
このビジョンを実現するために、スタッフリーダーが、健康、安全、優れた業績を醸成する環境作りを推進しています。また、スタッフリーダーは、健康と安全の向上のため、周りとの対話を通して業務におけるリスクを把握し、リスクを減らすための取り組みを行っています。
安全衛生委員会のネットワークのほかにも、従業員選抜の健康・安全担当者70名が従業員の代表として活動しています。健康・安全担当者が会議に参加することで、改善案が実際の業務状況を考慮したものになります。
当社の安全衛生管理システムは、私たちの思いやビジョンの実現を可能にするツールやプロセスであり、健康と安全はすべての業務上の判断や計画において重要な要素です。健康や安全に関する法規や業界基準の遵守は最低要件であり、それを超える基準を目指して取り組んでいます。

オークランドの配送センターの従業員たち

研修と能力開発で従業員の成長を支援

フルコア・サントリーは、素晴らしい人材を確保していることを誇りに思っています。リーダーシップを重視して人材を育成すること、全従業員とビジョンおよび戦略を共有することに重点を置いています。グローバルな視野や競合に勝つための思考を従業員が身につけることを応援するフルコア・サントリー独自の社風が継承されています。

Page top