閉じる

資源の有効活用

廃棄物の削減と再資源化の推進

循環型社会の構築に寄与するため、副産物・廃棄物の排出量削減と100%再資源化に取り組んでいます。

副産物・廃棄物排出実績2017年

エリア 排出量(千t)
日本 258
米州 192
欧州 93
アジア 25
オセアニア 9
576★
  • 国内生産25工場、海外生産56工場が対象
  • うち、サントリー食品インターナショナルグループの国内・海外の生産工場の副産物・廃棄物排出量は151千t★
  • 2016年実績より、KPMGあずさサステナビリティ株式会社による第三者保証を受けています。第三者保証報告書の対象となっている数値を★で示しています。

第三者保証報告書

再資源化率100%を維持

サントリーグループの国内工場では、生産工程で発生する副産物・廃棄物の排出量削減と100%再資源化に取り組んでいます。
2017年は、国内工場から発生した副産物・廃棄物は合計258,385トンとなり、前年より総量で5%増加、原単位で4%増加しました。再資源化率は100%を維持しています。

副産物・廃棄物の排出量

  • 国内生産25工場が対象

生産の各工程で発生する副産物・廃棄物の再利用の流れ

副産物・廃棄物の排出量、再資源化率および用途

排出物の
種類
主要用途 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
排出量
(t)
再資源
化率(%)
排出量
(t)
再資源
化率(%)
排出量
(t)
再資源
化率(%)
排出量
(t)
再資源
化率(%)
排出量
(t)
再資源
化率(%)
植物性残さ(糖化粕・茶粕・コーヒー粕など) ・飼料
・肥料
181,515 100 187,439 100 186,184 100 185,227 100 195,334 100
汚泥(余剰汚泥など) ・肥料 30,100 100 29,522 100 27,194 100 27,574 100 30,351 100
木くず(樽材、パレット) ・家具材
・合板原料
3,266 100 2,693 100 1,610 100 2,123 100 1,314 100
ガラス・陶磁器くず ・ガラス材料
・路盤材
4,109 100 3,928 100 4,136 100 3,772 100 3,508 100
紙くず(段ボール、紙ラベルなど) ・再生紙
・段ボール原料
5,727 100 6,192 100 6,175 100 5,184 100 6,349 100
廃プラスチック類 ・パレット
・固形燃料
・補助燃料
4,026 100 4,287 100 4,938 100 4,956 100 5,918 100
金属くず(アルミ、鉄) ・アルミ
・スチール原料
2,600 100 3,016 100 3,277 100 3,039 100 2,958 100
その他 2,870 100 2,725 100 3,182 100 12,729 100 12,632 100
合計 234,214 100 239,801 100 236,697 100 244,604 100 258,365 100
  • 国内生産25工場が対象

種類別に再資源化の用途を開拓

サントリーグループから発生する副産物・廃棄物は、さまざまな用途で再資源化しています。

役目を終えたウイスキーの樽材からつくられた「樽ものがたり」の商品群

食品廃棄物の循環利用サイクルの構築――井筒まい泉(株)

井筒まい泉(株)では、貴重な自然の恵みを無駄にしないために、食品ロスの削減と再利用に積極的に取り組んでいます。その象徴的な取り組みが、パンの耳の循環利用サイクルの構築です。
同社の人気メニューであるヒレかつサンドの製造工程では、パンの耳の切れ端が発生します。このパンの耳は、従来から飼料としてリサイクルできる業者様に引き渡していましたが、パンの耳を混合した飼料が豚の飼育に適していることから、2012年からはこれを飼料として育てたオリジナルブランド豚「甘い誘惑」を開発し、再び同社のとんかつなどの原料として循環利用する取り組みを行っています。

オリジナルブランド豚「甘い誘惑」

Page top