先輩社員の1日 リスクを恐れないイノベーションで跳躍せよ。 ノウサギコ

2011年入社
管理部
調理担当

DAILY SCHEDULE

目を覚ます

ウサギ

ひとりで住んでいるので、起こしてくれる人はいないんですよね。でも、耳がいいので寝つきは浅いです。

ごはん

ウサギ

朝ごはんは毎日が無料バイキング。この福利厚生は半端ないですね。お腹いっぱいになるまで好き放題食べます。この環境がダイエットから、わたしを遠ざけています。

調理

ウサギ

わたしの仕事は、微生物さんやミミズさんなど常連のお客さんのために料理をすることです。といっても、道具は何もいりません。すべての調理は、わたしの胃腸の中で行われます。お腹を空かせたみなさんのために、汗だくでフンをするのみです。

ミーティング

ウサギ

遠くの仲間と、ミーティングします。大きな耳のおかげでこの振動は遠く離れた仲間にも伝わります。耳を使ったミーティング。つまり「耳ーティング」です。

女子会

ウサギ

わたしたちは、さびしいと死んじゃうので、こういう時間は必要です。最近食べて美味しかったものや、シカ先輩が職場の森林を食い荒らしていることなど、話題は尽きません。

就寝

ウサギ

わたしたちは、獲物になる側でもあるので、目をあけたまま寝るんですよ。これで、緊急事態になっても逃げ出せます。

わたしの最近の仕事

草を食べて、森を守りつづける。それが、わたしの生きる道です。

インタビュー写真

パワハラがひどい先輩

シカさんは、まかないとも言える森の植物を食べまくって、土壌を不安定にして、土砂崩れの原因をつくってしまいます。食い荒らされた森では、わたしたちウサギは生きてけません。森を飛び回りウサギを狙うクマタカさんより、ずっと怖い存在です。

インタビュー写真

就活生へのメッセージ

耳をすませば、幸福の足音が聞こえてくる。

TOPページに戻る