東京クラフト

SUNTORY TOKYO CRAFT BREWD IN TOKYO

東京・武蔵野ブルワリー謹製

BRAND STORY Vol.2

醸造家たちの熱い想い。

“クラフトビールの本場・アメリカを訪ねて”

個性とドリンカビリティが両立するペールエールを開発しよう。
醸造家とマーケティング部のブランド担当がまず行ったのは、
アメリカのブルワリー巡りでした。
東海岸のニューヨークや西海岸のポートランドなど。
世界中からインスピレーションを受け、自由に進化してきたアメリカは、
バラエティー豊かでクラフトビールのシェアが高い国となっていたのです。

“理想のスタイルを求めて、飲み歩く日々”

アメリカ全土にある3000以上ものブルワリーは、
一つひとつが個性的です。ビールのつくり方から、
フードペアリングといった文化的なことまで、何でも吸収しよう。
現地のさまざまな醸造家との意見交換や試飲を重ね、
日本人の嗜好に合う理想の中味のイメージを固めていきました。
クラフトビールを飲みに来ていた地元の人たちとの交流も、
ペールエール開発のための貴重な体験です。

“試行錯誤の末にたどり着いたビール”

日本に戻ってからも、さまざまなビアスタイルを
提供する人たちに会い、イメージを膨らませていきました。
個性がありながらも飲みやすく飽きない味を生み出したいという想い。
麦芽やホップ、酵母それぞれの魅力を引き出すために、
アメリカで学んだことを活用しながら、つくり続けた試作品の数々。
そして、醸造家たちの情熱はついに実を結んだのです。

“日本人の嗜好に合ったビールを”

TOKYO CRAFTのフラグシップビールであるペールエールをはじめ、
トロピカルな味わいの5月限定発売セゾンも味づくりに徹底的に
こだわったビールです。気の合う仲間と季節のおいしい料理とともに、
多彩なビアスタイルを愉しんでみませんか。