SUNTORY 東京クラフト TOKYO CRAFT BREWD IN TOKYO

東京・武蔵野ブルワリー謹製

BRAND STORY Vol.1

東京・武蔵野ブルワリーから。

東京・武蔵野ブルワリーから。

“やってみなはれ”

創業者 鳥井信治郎が、未知の分野に挑戦するたびに発してきたこの言葉。
息子である二代目社長 佐治敬三にビール事業参入を相談された時も
信治郎はこの言葉で背中を押しました。
「わてはこれまで、ウイスキーに命を賭けてきた。
あんたはビールに賭けようと言うねんな。
人生はとどのつまり賭けや。わしは何も言わん。やってみなはれ。」
開拓者たる覚悟と責任を問うこの言葉は、
時代を超えてサントリーグループのDNAとなっています。

創業者鳥井信治郎と二代目社長佐治敬三

“日本に新しい味のビールを生み出そう”

デンマークに視察に訪れた敬三の想いとともに、
微生物管理を徹底した東京・武蔵野ブルワリーが、
1963年ついに完成。サントリービールが発売されました。
寡占化していたビール業界への挑戦が、この地から始まったのです。

東京・武蔵野ブルワリー

“ビールに革命を”

新たに取り入れたのは、アメリカのNASA(航空宇宙局)が開発した
ミクロフィルター。役目を終えた酵母を除去することで、
熱処理をしなくても新鮮な生のうまさが保たれる。
1967年、サントリービール<純生>発売。
それまでの常識をくつがえしたその強烈なインパクトとともに、
新しいビール時代幕開けへのパイオニアとなりました。

サントリービール<純生>

“ビールの品質・うまさを求めて”

当時の工場では1回の仕込み量が大きく、製造後の販売を考えると、
個性的なビールを製造することは難しいことでした。
そこで東京・武蔵野ブルワリー内に開設されたのが、「ミニブルワリー」。
通常の設備の約20分の1の大きさのため、品質・うまさを追求し、
個性的なさまざまなタイプのビールを開発できるようになったのです。
ザ・プレミアム・モルツの前身である「モルツ・スーパープレミアム」も
ここから誕生しました。

ビール製造工場

“伝統と、革新と”

ビールづくりへのさまざまな挑戦を続ける東京・武蔵野ブルワリー
が新たに目指したのは、個性とドリンカビリティが両立したペールエール。
使用する麦芽やホップ、酵母それぞれの魅力をどうしたら引きだせるのか。
機械だけに頼ることなく、常に五感を張り巡らせる醸造家たちが
香りの質・強度・バランスを徹底的に追求し、生まれたのが
「TOKYO CRAFT」です。
それは、個性がありながらも何杯も飲みたくなる、理想の味わい。
伝統と革新が融合する街「TOKYO」とビールの奥深さに想いを馳せながら、
この洗練されたビールを味わってみませんか。

麦芽
PALE ALE ペールエール