MENU
アサリの台湾風おぼろ豆腐

アサリの台湾風おぼろ豆腐

温めた豆乳に酢を合わせるだけ。アサリ出汁の効いたほかほかの出来立てに、薬味をたっぷりのせていただきます。

17 APR. 2020

料理家 口尾麻美

料理家

口尾麻美

過去のレシピはこちらから

RECIPE

好みの薬味で“味変”も楽しんで

おぼろ豆腐は、台湾で朝ごはんやスープがわりに食べる日常食。合わせる食材によってバリエーションが広がります。今回は、うまみたっぷりのアサリを加えてお酒に合うコクのある味わいに仕上げました。コツは必ず無調整の豆乳をつかうこと。調整豆乳だと固まらないので注意してくださいね。クリスピーな揚げワンタンをトッピングすれば、金麦に合うおつまみの出来上がり。好みの薬味で“味変”も楽しんでください。

材料(2〜3人分)

砂抜き済みアサリ
殻付きで250g
成分無調整豆乳
500ml
大さじ2
小さじ1/2
黒酢
大さじ1〜2
仕上げ用薬味:
乾燥桜海老
1~2つまみ
きざみ香菜
適量
万能ねぎ(小口切り)
適量
ワンタン
5〜6枚
辣油
適量
揚げ油、ごま油
各適量
金麦
  • 手順1 揚げる

    手順1 揚げる

    ワンタンの皮を5mm幅に切って中温の油で30秒ほど揚げる。

  • 手順2 炒める

    手順2 炒める

    フライパンにごま油を熱し、桜海老をさっと炒めて香りを出す。

  • 手順3 蒸す

    手順3 蒸す

    アサリを鍋に入れて酒を加え、蓋をして中火で蒸す。
    口が開いたら火を止める。

  • 手順4 身をはずす

    手順4 身をはずす

    アサリの殻から身をはずす。蒸し汁は別にとっておく。

  • 手順5 温める

    手順5 温める

    別の鍋に豆乳を中火で温める。鍋のフチの豆乳がフツフツとしたら、火から外す。

  • 手順6 混ぜる

    手順6 混ぜる

    塩、黒酢、アサリの蒸し汁を加えて、ほろほろと固まるまで混ぜる。

  • 手順7 仕上げる

    手順7 仕上げる

    器に盛ってアサリをのせ、桜海老、香菜、万能ねぎ、揚げたワンタンの皮を散らし、好みで辣油をかける。

完成

アツアツをれんげですくって食べるのが台湾風。揚げワンタンはサラダやなどのトッピングにもつかえるし、塩をふればそのままおつまみにもなりますよ。

PAGETOP

料理家 口尾麻美

料理家

口尾麻美ASAMI KUCHIO

アパレル会社に勤務後、イタリア料理店を経て料理家に。世界各地を旅して出合った食材や料理からインスピレーションを得たレシピを軸に、イベントや料理教室を開催する。『まだ知らない 台湾ローカル 旅とレシピ』(グラフィック社)、『トルコのパンと粉ものとスープ』(誠文堂新光社)など著書多数。

PAGETOP