絶対にもらえる。幸せのあいあい皿

本キャンペーンの応募受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

平成30年7月豪雨に伴い、一部の地域で賞品のお届けへの遅延が発生します。ご了承ください。
幸せのあいあい皿フォトコンテスト 応募期間:2018年6月13日(水)〜11月14日(水)
金麦と共に食卓を彩る、バラエティ豊かな「京都 たち吉謹製」のお皿を、今年もお贈りします。全9種類の中からお好きなお皿をお選びください。シールを集めて必ずもらえます!
  • 応募要項はこちら
48点で必ずもらえる
Aコース あいあい皿ペア1組(2枚)
120点で必ずもらえる
Bコース 家族で、あいあい皿セット(ペア3組)
Cコース あいあい皿と〈瓶詰〉金麦セット
1 花緑青深皿
「花緑青深皿」を使ったコーディネート例
ユーザー名を押すと外部サイトにリンクします
  • いつものメニューもあいあい皿を使うと爽やかで涼しげな雰囲気になるので暑い夏も乗り切れそうです。
  • 今回は和食を盛りつけてみましたが、色が絶妙なのできっとイタリアンやフレンチ等の華やかな料理にも合うと思いますよ。
  • 明るい綺麗なブルーの器が、食卓を華やかに彩りを与えてくれますよー!!!
2 白縹平皿
「白縹平皿」を使ったコーディネート例
  • 深みのある色合いと、和食から洋食まで、どんなお料理にも、バランス良くピッタリ合うところがお気に入りです♩
  • 夏空のような水色のお皿は、彩りある夏野菜だけでなく茶色いおかずにも華を添えてくれます。
  • 金麦のあいあい皿は、どのお皿も料理が映えますね。メインにも副菜にも使えて、集めるのが楽しくなります。夏らしい料理にもピッタリです。
3 若竹色深小皿
「若竹色深小皿」を使ったコーディネート例
  • スープを入れても良し、サラダを入れてもよし、汁物の取り皿にしても良し…と使い勝手がよく、季節問わず使いたくなりました。
  • 届いたのは若竹色深小皿と群青角皿。どちらも手に取り見た瞬間からどんな料理を盛り付けようかわくわくしました。
  • いつものメニューもあいあい皿を使うと爽やかで涼しげな雰囲気になるので暑い夏も乗り切れそうです。
4 天色長丸皿
「天色長丸皿」を使ったコーディネート例
  • 明るい綺麗なブルーの器が、食卓を華やかに彩りを与えてくれますよー!!!
  • 色味が美しくて、サイズも手ごろで上品なお皿でした。丸でなくて楕円というところが、食卓に華やかさをプラスしてくれます。
  • 色がとても綺麗なので黄色い色がはえるかな!と今回はそぼろご飯にしてみました。一人分のご飯モノにはとても丁度良いサイズで、とても重宝しそうです。
5 濃藍平小皿
「濃藍平小皿」を使ったコーディネート例
  • 今回は和食を盛りつけてみましたが、色が絶妙なのできっとイタリアンやフレンチ等の華やかな料理にも合うと思いますよ。
  • 金麦のあいあい皿は、どのお皿も料理が映えますね。メインにも副菜にも使えて、集めるのが楽しくなります。夏らしい料理にもピッタリです。
  • 濃い藍色は、白っぽい食材が映える!取り皿としても活躍しそうなサイズ感で、とても使いやすそう。
6 群青角皿
「群青角皿」を使ったコーディネート例
  • アクセントになるお皿だと思いました。食卓の上で特徴となる、たとえばお刺身や天ぷらなどパッと目を引く料理を乗せるといいと思います。
  • 紫みがかった深い青色がとても綺麗で、お料理がはえる器です。
  • 爽やかな白縹平皿は、お肉盛り盛り冷しゃぶサラダを。群青角皿は、手毬寿司を。群青色に卵の黄色がよく映えます。
7 白練波皿
「白練波皿」を使ったコーディネート例
  • 色味が美しくて、サイズも手ごろで上品なお皿でした。丸でなくて楕円というところが、食卓に華やかさをプラスしてくれます。
  • 色々なお料理に合わせたい。食材の彩りを邪魔しないシンプルなデザインがとても好きです。涼しげなデザインで、夏の食卓にもぴったりで、今から楽しみです。
  • 藍麦長皿はお刺身や焼き魚におにぎりなど、白練波皿はとり皿としてはもちろん和洋問わず何でも合いそうなお皿。
8 藍麦長皿
「藍麦長皿」を使ったコーディネート例
  • 藍麦長皿はお刺身や焼き魚におにぎりなど、白練波皿はとり皿としてはもちろん和洋問わず何でも合いそうなお皿。
  • 色々なお料理に合わせたい。食材の彩りを邪魔しないシンプルなデザインがとても好きです。涼しげなデザインで、夏の食卓にもぴったりで、今から楽しみです。
  • 今回、藍麦長皿にはアスパラの肉巻きを。他にも焼き魚やお刺身、つくねやお新香盛り合わせなどにも使えそう!色味は白なのでのせるモノを選ばず、長さもとても使いやすいとおもいます。
幸せのあいあい皿 復刻総選挙 9 薄浅葱角皿
京都 たち吉 創業宝暦2年(1752年)、京都の地で伝統と感性を守りながら、時代に合った発想で暮らしをより愉しむ和食器を作り続けてきた、老舗の和食器会社です。
  • 応募要項はこちら

金麦統合TOP