閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

こだわりを知る

焙煎麦芽の、芳醇な香りと深いコク。
金麦〈深煎りのコク〉。

焙煎麦芽の、芳醇な香りと深いコク。
金麦〈深煎りのコク〉。

冬の寒いひとときを豊かにする、
芳醇な香りと深いコク。
金麦〈深煎りのコク〉のこだわりを
金麦醸造家、阿部央行に語ってもらいます。

2020年12月04日

阿部央行

金麦醸造家阿部央行HIROYUKI ABE

サントリービール株式会社 商品開発研究部
いろいろな街を歩きながら、季節の移ろいを感じるのが好き。もちろん、その街にある、おいしい食べ物や飲み物を楽しむことは欠かさない。

早いもので、今年ももうあとわずか。
本格的な冬の時間を楽しんでいただくために、
11月24日(火)に、数量限定の金麦〈深煎りのコク〉を発売しました。
冬ならではの、芳醇な香りと深いコクをどう生み出したのか?
金麦醸造家 阿部央行に、そのこだわりを聞きました。

本格的な寒さを感じるこの時期に、
冬ならではの、金麦。

年の瀬も近づき、何かと忙しい毎日。
日々の食卓ぐらいは、ゆっくりとした時間を楽しみたいものです。
寒くなってくると、お店の商品棚では濃厚な味の冬限定商品が並びますが、
毎日の食事でも、ビーフシチューやローストビーフなど、
濃い味付けのものやコクがあるものをじっくり味わいたくなりますよね。

いよいよ本格的な冬を迎えた今、日々の食卓をちょっと幸せにする金麦から、
11月24日(火)に、限定醸造※の、金麦〈深煎りのコク〉を発売しました。

※原材料となる発泡酒を、限定醸造しています。

「本格的な寒さを感じるこの時期に、冬ならではの、金麦。」のイメージ

焙煎麦芽で、
冬らしい深いコクを。

金麦〈深煎りのコク〉では、冬にぴったりな「芳醇な香りと深いコク」を実現するために、
「金麦」こだわりの素材である「贅沢麦芽」※に加えて、焙煎麦芽を一部使用しています。
これによって、麦芽由来の芳醇な香りを付与し、深いコクを実現しています。

もちろん、食事と一緒に楽しんでいただきたいので、
金麦ブランドらしいすっきりとした後味にもこだわり、飲みやすい中味に仕上げました。
次のひとくちも、その次のひとくちもおいしく、冬の食卓に並ぶ色々な料理と合わせて楽しんでいただけたらと思います。

また、金麦〈深煎りのコク〉ならではの特徴をより感じていただけるように、アルコール分は少し高めの6%。
それでいて、口当たりがまろやかですので、口の中でゆっくりと味わえます。
焙煎麦芽由来の冬らしい深みのある色合い、そして芳醇な香りと深いコクを楽しみながら、
冬のひとときを過ごしていただけたらと思います。
みなさまの今日の食卓が、金麦でほんの少し幸せになりますように。

「焙煎麦芽で、冬らしい深いコクを。」のイメージ

深みのある茶色の木目が印象的なパッケージデザインにも、ぜひご注目ください。

金麦〈深煎りのコク〉詳細についてはこちら

※ 「旨味麦芽-RICH MALT-」に加え、こだわりの「国産麦芽」を一部ブレンドしたもの。