• 地域エリア情報トップ >
  • 12月19日特番放送!リモートでつながった特別な「サントリー1万人の第九」を開催しました♪

キャンペーン

掲載日:2020/12/18

12月19日特番放送!リモートでつながった特別な「サントリー1万人の第九」を開催しました♪

毎年年末に行われ、大阪の冬の風物詩として親しまれている「サントリー1万人の第九」。先日、12月6日に第38回目を迎えた今年は、史上初のリモートにて実施しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、開催も危ぶまれましたが、リモートレッスンや歌声動画の投稿募集、リモート鑑賞参加など、2020年だからこその参加型企画として挑戦し続けた今年の「サントリー1万人の第九」。当日は日本各地よりたくさんの方がつながり、特別な「第九」が奏でられました。では早速当日の様子をご紹介します!




■今年の「サントリー1万人の第九」テーマは「つながる」例年、一般公募で集まった1万人が全国各地で練習を重ね、大阪城ホールでベートーヴェン「交響曲第九番」(通称・第九)を合唱する「サントリー1万人の第九」。しかし「コロナに負けない。それは人と人がつながり続けること。つながることの大切さを歌った第九は今年こそ歌い継がねばならない。」という強い想いを胸に、佐渡裕総監督の高らかな宣言のもと、奇跡の「第4楽章」リモート合唱企画が実現しました。



■リモートレッスンの様子をご紹介!2020年9月から「1万人の第九リモートレッスン」がスタートし、佐渡裕総監督や講師陣たちによる情熱あふれるレッスン動画が配信されました。受講した方からは、「自宅で全部のコンテンツを何度も楽しむことができた」、「ステイホームでの楽しみになった」、「今年だからこそ、母子2代で参加できた」など数多くのお声をいただきましたよ♪

また、事前に歌声動画を撮影・投稿いただき開催当日オンライン上で"1万人と繋がること"を目指した、歌声動画の投稿募集では、本番当日までに1万件を超える歌声投稿がありました!



■2020年特別な「サントリー1万人の第九」開幕
いよいよ当日、2020年を振り返る特別映像「つながるスペシャルムービー」上映後、ワーグナーの楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲の高らかな演奏とともに、特別な「サントリー1万人の第九」の幕が開けました。

ワーグナーの曲目を演奏後、佐渡裕総監督は「今日の大阪城ホールには1万人の仲間たちもお客さんもいない。がらんとした大阪城ホールにいます。しかし私には見えています。37年間、歌い継がれてきた第九。その人たちの想いが見えています。大阪城から全世界にこの交響曲を通して元気を届けたいと思います。」と、少し声を震わせながらも一言一言力強く発されました。その言葉から、佐渡裕総監督の今年の「サントリー1万人の第九」にかける熱い想いがひしひしと伝わります。

人と人とのつながりがテーマの今年の「サントリー1万人の第九」。会場の大きなスクリーンには、今回ご自宅からリモートで参加されている大勢の方々が映し出されます。この日を楽しみにされていた皆さんの想いを画面越しに感じることができました。



■全国各地からの「サントリー1万人の第九」への想い(中継)昨年の朗読ゲスト、お笑い芸人の霜降り明星・粗品さんによる総合司会のもとで行われた4拠点(北海道・東京・愛知・沖縄)とのライブ中継。「可能性に挑戦」をスローガンに掲げる、愛知県名古屋市立志賀中学校の合唱部員、お手製の合唱用マスクで練習に励む、北海道北斗市立上磯中学校の合唱部員、70年ぶりに思い出深い「第九」を歌う、東京都武蔵野市の親子3世代、いち早く世界遺産今帰仁城から投稿してくれた沖縄県立石川高校音楽コースの若者たちなど、こんな時だからこそつながることができた日本各地の皆さんと大切な想いを共有できました。



■ピアニスト反田恭平さんによる圧巻の演奏圧倒的な演奏で観客を惹きつけたのは、2020年のゲスト、ピアニスト・反田恭平さん。「左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調(ラヴェル)」と「ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 作品13「悲愴」より 第二楽章(ベートーヴェン)」を演奏してくださいました。


※左からMBS野嶋アナ・反田恭平さん・佐渡総監督・霜降り明星 粗品さん


曲の間には、演奏中の裏話や、佐渡裕総監督と同時期に滞在していたウィーンで経験した出来事、その時に改めて感じた音楽の力などについて話がありました。



■奇跡の「第4楽章」リモート合唱へそしていよいよベートーヴェン「交響曲第九番」(通称・第九)「歓喜の歌」の演奏がスタート。
演奏中は、全国各地から合唱・観賞する参加者の様子が、会場のビジョンにも大きく映しだされ、「第九」を通じて"つながった"ことを実感しました。

佐渡総監督指揮のもと、2020年だからこその特別な「歓喜の歌」が大阪城ホールに響き渡りました。

大阪城ホールは「サントリー1万人の第九」を愛する者たちにとって"ふるさと"。最後にその"ふるさと"を想う皆さんとともに唱歌「故郷(ふるさと)」が歌われて、今年の「サントリー1万人の第九」は幕を閉じました。
リモート合唱に参加された方からは、「今年は我慢したり諦めたりしたことがいっぱいあったが、やりたいことを求め続ける大切さを、第九を含めて感じることができました」「中止ではなく、歌い継ぐことができうれしく思っています」などお声をたくさんいただきました。

例年とは異なる形で開催された今年の「サントリー1万人の第九」。ライブ配信を見逃してしまったという方は、2020年12月19日に放送予定のMBS特別番組をご覧ください。リモート合唱の全容と開催に至るまでの軌跡をロードムービーとしてお届けします。

<放送予定>
番組名:「1万人の第九 つながろう、今」
日時:2020年12月19日16:00~17:00
放送:MBS(大阪)、TBS(東京)、HBC(北海道)、CBC(名古屋)、RKB(福岡)
番組ゲスト:佐渡 裕、霜降り明星、反田恭平他 

また、2020年12月31日まで以下のサイトにてアーカイブ配信中です。ぜひご覧ください。

MBS「サントリー1万人の第九」(外部サイトへリンクします)
MBS動画イズム(外部サイトへリンクします)
MBS(毎日放送)公式YouTube(外部サイトへリンクします)

2020年らしい参加型企画として挑戦し続けた今年の「サントリー1万人の第九」。こんな時だからこそ、音楽を通して人と人とがつながることの大切さを実感できた、特別な「サントリー1万人の第九」となりました。
今後もサントリーは、「サントリー1万人の第九」を通して、皆さんに元気をお届けし続けていきます!

※画像の無断使用(SNSへの投稿・転載など)は禁止とさせていただきます
※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントや感想などをお気軽にお寄せください♪



▼関連リンク
「サントリー1万人の第九」のサイト

コメント

ページの先頭へ

サントリー総合メールマガジン
無料 おトク 登録はこちら
サントリーEニュース
キャンペーン、新商品情報などおトクな情報が満載!全国エリアの最新情報もお届けします。
サントリー公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • LINE